【巴賞2020予想】本命カリビアンゴールド

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の函館メイン、巴賞の予想を。ドゥオーモ、トーラスジェミニ、ナイトオブナイツ、ブレステイキング、レッドサイオンなどが出走する芝2000mのオープンクラスのレース。

なお、本日海外で行われるエクリプスステークスの予想と日本で行われるラジオNIKKEI賞(CBC賞の予想もnote内で公開しますが、こちらは見送る予定だった穴狙いのレースになりますので、ほぼ印だけの更新となります)の予想に関してはnote内での公開となりますのでご了承下さい。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

ちなみにエクリプスステークスが発走している時間は仕事の関係で寝ているので、結果を確認するのは月曜の朝になりそうです。

3点勝負買い目を無料公開

巴賞

本命はカリビアンゴールド

前走の都大路ステークスも期待はしたものの、こちらの予想を上回る降水量の影響もあって結果重馬場での競馬。

不良馬場で行われた3走前の中山牝馬ステークスの内容や過去の結果を見ているとやはり馬場が渋るのは歓迎とは言えないので、この2レースでの大敗は力を出し切っての結果ではないだろう。

2前走の福島牝馬ステークスでは大外から脚を伸ばして勝ち馬とは0.3秒差の競馬に持ち込む負けて強しの内容で掲示板を確保している事は勿論ではあるが、これまで洋芝では1.3.2.1という好成績を残している馬で、その中にはクイーンステークスでミッキーチャーム、スカーレットカラーとタイム差なしの競馬をした実績や、重賞勝ち馬であるレイエンダ、マイスタイルといった牡馬を相手に好走した実績も含まれているので、得意の函館での競馬となる今回は大幅な変わり身に期待が持てるとみた。

幸いにも日曜の函館は雨が降る事はなさそうなので、良馬場で競馬が出来そうな点も大幅なプラス材料となる。

対抗は人気ブログランキングへ

近走は見せ場なしの競馬が続いているが、あきらかに北海道を狙いにきているローテなので、馬券圏内に突っ込んでくるとすれば今回の舞台設定という事になるだろう。

手の合う鞍上が手綱を取れる点も心強く、多少の衰えを差し引いたとしても今年のメンバーであれば十分お釣りはくる計算になる。

▲にトーラスジェミニ

前走は多少展開に恵まれた感じはするが、それでも重賞で勝ち馬と0.2秒差の競馬に持ち込めるなら相手ダウンのオープンクラスであれば能力は上位の存在と言えるか。

今回は再び展開面が味方する可能性も高く、コース形状的にも行き切ってしまえば簡単に垂れる事はないのでは。

☆にドゥオーモ

かなりロスの多い競馬となった前走も最後はしっかりと脚を使って見せ場をつくっていたので、2走前の小倉大賞典の結果はまずフロックではなさそう。

極端な位置取りになれば差し損ねる可能性もあるにはあるが、コーナーで上手く捲る競馬が出来ればまとめて面倒を見れるだけの脚は持っている。

◎カリビアンゴールド
人気ブログランキングへ
▲トーラスジェミニ
☆ドゥオーモ
△レッドサイオン
△ブレステイキング

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

エクリプスステークス、ラジオNIKKEI賞(CBC賞)の予想はこちらから。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年で10万馬券以上の決着が5回、3連複でも万馬券6回と波乱含みのレース。ハンデ戦という条件に加え、サマーシリーズの第2戦、秋のスプリンターズSを見据えて参戦する陣営など、様々な思惑が絡むことが、レースを難しくしている。

しかも、夏競馬期間中は取材する記者達は分散し、慢性的な人手不足に拍車がかかる状況。今年は取材規制もあるため、大本営発表のコメントの使い回しがますます横行している。そんな情報を提供する一般マスコミを頼りにしていては、的中に近づけるはずなどないだろう。

こうした情報に乏しい世間にとって難解なレースは、弊社シンクタンクが持つ情報力はより大きな武器となる。人手不足とは無縁、しかもトレセン内外の情報まで、大物揃いの情報ルートたちが入手できる確固たる態勢が整っているからだ。

今の時代、CBC賞のみならず、馬券を買うのであれば、本物の関係者情報は必要不可欠。しかし、一般ファンが独自で情報を入手するのは非常に困難、ほぼ不可能と言っていいだろう。

だから、創業25年以上を誇るシンクタンクの情報を活用してもらいたい。今週は特別にCBC賞の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5頭”を無料で公開する。コレを見ておけば、レースの肝がハッキリとわかるはずだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク