【秋嶺ステークス+トルマリンステークス2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

コーフィールドカップのオッズを確認する為に早起きしましたが、少し時間があるので軽くになりますが本日買いたいレースをポツポツ更新しておきます。

まずはレースが午前中という事もあり普段は全く記事にはしない新馬戦をひとつ。

メイクデビュー京都

エスコビージャ

ゴルトマイスターが人気になるならこちらを買いたい。1歳の頃に皮膚病になっていて個人的に色々と苦い思い出がある馬ですが、馬体は白老産の中ではなかなか映えていた。育成の問題もあって過度な期待は持たない方がいいかもしれないが、先日京都ダート1800mでデビューしたヴァイトブリックにも負けず劣らずといった感じの馬で、まだまだ内面は幼いが、完成度で言えばこちらに分がある。

トルマリンステークス

クリノラホール
〇ディメンシオン
▲エマノン
☆ブラックスビーチ

もともとかなり期待していた1頭で、過去には重賞でも本命を打った事があるぐらいの馬。前走は超久々も馬体はしっかりと出来ていたので現地で本命にしたが、結果はあと一歩届かずといった感じ。それでもエアウインザーを相手にして3着なら立派といえ、平坦コース替わりの今回は更なる前進があっても。人気も地味なのでこのぐらいのオッズなら狙える。

秋嶺ステークス

人気ブログランキングへ
〇マジカルスペル
▲ワイルドカード
☆ダンツゴウユウ

ここはローテ、コース、距離と走る条件揃ったこの馬が面白い。これまで崩れたレースは全て適性外のものばかりで、今回のように条件が揃っているレースでは安定して走っている馬。過去には重賞実績のある馬に先着した経験もあり、ここはスムーズにレース運びが出来れば巻き返し濃厚とみる。想像以上に人気もないので馬券的にも面白そう。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、富士ステークス、コーフィールドカップの予想に関してはnote内にて買い目も含めて更新済みです。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 菊花賞(G1)>

昨年も特大馬券!
今年もダービー馬不在で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

淀の3000mで行われる三冠最終戦・菊花賞。神戸新聞杯を制したワグネリアンが天皇賞(秋)へ出走するため、これで4年連続ダービー馬不在の菊となる。

世代の頂点に立つ馬が回避するとあって、新潟記念を制したブラストワンピース、皐月賞馬のエポカドーロ辺りが1番人気に支持される可能性が高いが、前者は例を見ないローテ、後者は3000mの距離…と不安材料が無きにしもあらず。

「ダービー馬が神戸新聞杯を制し、菊花賞に出走しなかった」ケースは昨年も同様で、2着に10番人気のクリンチャー、3着に13番人気のポポカテペトルと人気薄が入り、3連複13万、3連単55万馬券の大波乱決着。今年も波乱の目は十分あると考えて良いだろう。

人気上位勢に付け入る隙があるならば、注目すべきは「トライアル惜敗組」となるか。セントライト記念3着のグレイル、神戸新聞杯2着のエタリオウは前走からの上積みもあり、距離延長も問題ないタイプ。神戸新聞杯3着のメイショウテッコンも世代随一のスタミナを誇り、先行脚質は坂の下りがある京都外回りで有利に働くはず。またトライアルでは無いものの、ラジオNIKKEI賞で目の覚める末脚を披露したフィエールマンも鞍上ルメール騎手で不気味な存在だ。

また、信濃川特別を勝って鞍上モレイラ騎手で直行するグロンディオーズや、兵庫特別を楽勝したアフリカンゴールドなど今年は「条件戦組」もタレント豊富。

大混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことが菊花賞を的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。既に出走馬の力量調査も済んでおり、後はレース当日に馬場や天候を加味した最終結論を出すだけ、という段階。前走後の状態や中間の気配、陣営の思惑など最終ジャッジする週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 菊花賞(G1)>

昨年も特大馬券!
今年もダービー馬不在で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク