【東海ステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、東海ステークスに出走を予定しているヴェンジェンス、エアアルマス、キングズガードの一週前追い切りに関する記事を。

先週の愛知杯もそうでしたが、東海ステークスを京都でやるのは違和感しかありません。

予想オッズ

1 インティ 1.9
2 スマハマ 4.7
3 エアアルマス 5.7
4 ヴェンジェンス 6.5
5 キングズガード 14.3

メンバーをみると中京の東海ステークスを見たかった気もしますが、京都だから狙えるという穴馬もいますので、ここは先週同様に人気薄を狙うのが面白いレースかもしれません。

東海ステークス一週前追い切り

ヴェンジェンス

脚は若干外へ流れるが、フォームは安定していて重心のブレも見られない。重賞を勝ってG1を使った後なだけあってまだまだ馬体に緩さは残っているが、線が細い割には芯がしっかりとしていて背中からトモにかけての安定感も抜群に良く見える。ただ、強く追っていない事を考えると馬体重を維持するのに苦労している感じもするので、最終追い切りでどこまで負荷をかける事が出来るか。

エアアルマス

さすがに芝を走っていただけあって脚捌きが軽く回転も速い。加速してからのスピードも抜群で、エンジンがかかるとあっという間に相手を突き放してそのまま着差を広げていく一方。可動域も非常に広く、これだけ身体を使えて走れていれば久々でも割り引く必要はないのではないだろうか。

問題はダート馬にしては走り方が上品でトモの大きさが足りない事になるが、逆にスピードを活かせるような馬場、展開になれば圧勝までありそうなタイプと言える。

キングズガード

最後まで相手に馬体をびっしりと併せて走っているので、直線に入ってからの細かい動きは確認出来ないが、ちょっとズブさが出てきて反応も悪くなった印象を受ける。それでも毛艶と馬体の張りを見ているととても9歳馬とは思えないほど輝いているので、若い馬を相手にしても馬体が劣って見える事はないか。一応一週前の内容が軽かったので、最終追い切りではもう少し負荷をかけてもらいたい。

最後に東海Sの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第37回 東海S(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

その名が示す通り、本来は中京で行なわれるレースだが、変則的な開催日程となった今年は、年始に中京開催が行なわれず、そこに組み込まれていた重賞だけは他場で行う形となった。京都ダート1800mで行なわれる今年は異例、過去のデータは参考程度にしかできず、ますます関係者情報の重要性が問われる。

施行条件が違うとは言え、フェブラリーSの前哨戦であるという位置づけに変わりはない。中央のダートGIは2つしかない上に、フェブラリーSは1600mであるため、1400mを主戦場とする馬たちの参戦も増える。賞金ボーダーが高くなるため、「ココ(東海S)で何とか賞金を加算したい」と力の入る陣営が出てくるのは必然。そういった陣営の存在を正確に把握することが、馬券攻略の大きなポイントとなる。

だが、勝負度合いが高ければ高いほど、自信があればあるほど、表向きに強気なコメントを出すことは極めて稀だ。そんなコメントを出せば他から警戒されることになるのだから、自分の首を絞める行為に等しい。また、オーナーサイドに過剰な期待を抱かせて、万が一、結果が出なければ、デメリットにしかならない。世の中に出回り、誰でも知ることができる表の情報には、“限界”があるのだ。

そういった表の情報と一線を画し、各陣営の本音である裏の情報を入手できるのは、関係者と蜜な関係を築いているひと握りの人間のみ。もちろん、競馬界の大物が情報ルートとして多数在籍している弊社シンクタンクは、本音を知ることができる側にいるから、25年に渡り競馬ファンの方からもご支持を得ている。

競馬には表だけでなく、裏の情報があることを知れば、今以上に楽しむことや儲けることも可能になる。今週は東海Sで、弊社が入手する関係者情報と馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。同日のアメリカJCC(G2)と合わせて、ぜひとも馬券検討の参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 東海S(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク