【TVh杯2020予想】+安達太良ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、TVh杯の予想を。アリア、アンプロジオ、インスピレーション、スリーケープマンボ、スワーヴアーサー、メイショウカリンなどが出走する芝1200mの3勝クラスのレース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週末は先週の宝塚記念の◎モズベッロの件でギアが入りっぱなしなので、このままアクセル全開でぶっぱなします。

まずは本題の前に福島メインの予想を軽く。

安達太良ステークス

◎穴ヴァイトブリック

前走は大敗しているが、ゲートや道中のアクシデントが敗因なので参考外と言えるレース。今回のダート1700mは初となるが、この条件を得意としている血統なので、大幅な変わり身があるならこのタイミングか。

雨で馬場が渋るのは歓迎とは言えないが、このぐらいの人気で買えるなら馬券はここから入りたい。

CBC賞の穴馬3頭

CBC賞(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

CBC賞の予想を無料で見る

TVh杯

本命はアスタールビー

前走のUHB杯は人気を裏切ってしまったが、ゲートが決まらず中段からレースを進める形になった事に加え、直線では大外を回す厳しい展開になった事がそのまま着順に繋がった感じ。

それでも最後はジリジリと脚を伸ばして4着まで追い上げているので、まともな競馬が出来ていれば馬券圏内はほぼ確実だったと言える結果か。

2,3走前の福島でも先行馬には厳しい展開になりながらも勝ち馬とは差のない競馬に持ち込んでいるので、引き続き2.0.0.1(負けたのはちぐはぐな競馬になった前走)と得意としている函館1200m戦での競馬ならそろそろ勝ち切ってくるのでは。

対抗はショウナンアリアナ

脚質的に多少ハマり待ちという感じにはなってしまうが、前走は脚がありながらも直線では前が壁になってしまい追えずという結果なので、展開次第ではここらでそろそろ一発がありそうな気も。

ここまでの競馬を見る限りだと洋芝への適性も高い馬だと思うので、このぐらいの人気なら十分狙えるだろう。

▲にインスピレーション

後方から脚を伸ばして3着まで追い上げてきた前走の内容が見どころのある競馬で、ここも流れが向けば突き抜けてくるだけの力はあるだろう。

ただ、今回の枠だと直線で捌けない可能性もあるので、出来ればある程度の位置を取ってレース運びをしたい。

◎アスタールビー
〇ショウナンアリアナ
▲インスピレーション

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは例年通り印を絞って一撃が出るのを待ちたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年で10万馬券以上の決着が5回、3連複でも万馬券6回と波乱含みのレース。ハンデ戦という条件に加え、サマーシリーズの第2戦、秋のスプリンターズSを見据えて参戦する陣営など、様々な思惑が絡むことが、レースを難しくしている。

しかも、夏競馬期間中は取材する記者達は分散し、慢性的な人手不足に拍車がかかる状況。今年は取材規制もあるため、大本営発表のコメントの使い回しがますます横行している。そんな情報を提供する一般マスコミを頼りにしていては、的中に近づけるはずなどないだろう。

こうした情報に乏しい世間にとって難解なレースは、弊社シンクタンクが持つ情報力はより大きな武器となる。人手不足とは無縁、しかもトレセン内外の情報まで、大物揃いの情報ルートたちが入手できる確固たる態勢が整っているからだ。

今の時代、CBC賞のみならず、馬券を買うのであれば、本物の関係者情報は必要不可欠。しかし、一般ファンが独自で情報を入手するのは非常に困難、ほぼ不可能と言っていいだろう。

だから、創業25年以上を誇るシンクタンクの情報を活用してもらいたい。今週は特別にCBC賞の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5頭”を無料で公開する。コレを見ておけば、レースの肝がハッキリとわかるはずだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク