【チャンピオンズカップ2018予想考察】穴馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、チャンピオンズカップに出走を予定しているアンジュデジール、インカンテーション、ウェスタールンド、サンライズソア、センチュリオン、ノンコノユメ、メイショウスミトモの一週前追い切りの記事を。

なお、本日園田で行われる兵庫ジュニアグランプリの予想は昨日更新済みです。

兵庫JGの予想、チャンピオンズカップの有力馬の追い切り記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

チャンピオンズカップ一週前追い切り

アンジュデジール

決して頸の使い方が下手な訳ではないが、全体的に動きが硬く、やや可動域も狭く感じる。それでもフォームが大きく乱れるような事はないのである程度の出来にはあるが、前走時の出来がとにかく良かっただけにあれ以上となるとさすがに無理があるだろう。追われてからの反応も鈍いので、このひと追いで馬が活性化すれば。

インカンテーション

こちらは一度使われて随分と馬が変わった。前走時がいかにも休み明けという感じだったが、使われた事で内面にスイッチが入り、追われた時の反応や脚捌きに大きな違いがみられる。身体もしっかりと使えて動いており、可動域も広い。現時点では硬さもみられないので、使われた上積みに期待できそうな1頭では。

オメガパフューム

やや気の強さが目に付く追い切りとなったが、良いように捉えると完全に馬にスイッチが入っており、追われた時の反応、伸びは上々といえる動き。身体の使い方も上手く、頸と脚のリズムも良かった。しっかりと内面をコントロール出来ている点にも好感が持てるので、最終追い切りで強めに追われれば完全に仕上がるだろう。馬体にも張りがある。

ウェスタールンド

走るリズムは決して悪い訳ではないが、終始脚がバラバラになっており、地面を蹴る力も弱い。素軽さはあるがちょっと走りが薄いので、正直出来には不満が残る追い切りとなった。追われた時に反応出来ていない点もマイナス。

サンライズソア

調教パートナーには先着したが、所々馬がリズムを崩しながら走っており、その影響から脚の出し方に違和感を感じる動き。いつも以上に俊敏さに欠けており、脚の回転もやや鈍い。フォームの乱れこそみられないが、全体的な動きとしては平凡で目立たずといった感じ。ただ、馬体には張りがある。

センチュリオン

動きに重厚さがあるも脚の回転は速く力強い走り。身体も大きく使ってのびのびと走れており、ここに素軽さが加われば案外面白い馬と言える。エンジンがかかるのは遅かったが、ラストの伸びはなかなかのもので、調教パートナーには遅れはしたが動きの差は歴然。決して悪い追い切りではなかった。後は馬体に多少余裕があるので、ある程度絞れればという感じ。

ノンコノユメ

まず全体的に線の細さが目に付く。軽い追い切りだったとはいえ、身体には硬さが残っており、頸も使えていない点は割り引いておきたい。特に目立つような動きではなかった。

メイショウスミトモ

重心のブレが目立つも頸と脚のリズムは悪くないが、追われた割には伸びきれなかった点は割り引いて考えたい。それでも脚の回転や馬体の張りはなかなかのもので、ある程度力強さを感じる動きという点は評価しておく。大きな上積みこそ感じられないが、この馬なりに力は出せそうな出来と言える。

最後に一週前追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

こちらは月曜に更新した有力馬の追い切り記事込みでの評価となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第19回 チャンピオンズC>

有力馬を脅かすこの穴馬が
万馬券のキーホース!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2000年からダート国際招待競走・ジャパンカップダート(東京・ダ2100M)として創設。2008年から舞台を阪神ダ1800Mに移し同年創設のジャパンオータムインターナショナルに指定される。2014年に国際招待が廃止され通常の国際レースとなり舞台も中京ダ1800Mに変更された。中京競馬では高松宮記念に続くGI競走となり師走の中京開催の目玉となっている。

阪神・中京に移行してからの過去10年年、人気馬の成績では、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.2.1.6]と1人気は3勝(5連対)とまずまずの成績だが、2.3人気はともに1勝のみと苦戦。平均配当では馬連5090円、3連複1万7120円、3連単11万2590円と波乱傾向。また、16年アスカノロマン(10人気3着)、15年サンビスタ(12人気1着)、10年アドマイヤスバル(11人気3着)、09年ゴールデンチケット(12人気3着)の伏兵馬が馬券圏に絡んで波乱の立役者となっている。

年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(4勝)、6歳馬(2勝)で3歳馬は19頭が出走したが勝利馬なし。7歳以上の高齢馬からの優勝馬も出ていない。4~6歳馬が活躍しているダート王決定戦。

今年は昨年の覇者ゴールドドリーム、JBCクラシックの連対馬ケイティブレイブ、オメガパフューム、JBCレディスクラシック優勝馬アンジュデジールなどが参戦。注目はここまで7戦6勝連対率100%の3歳馬ルヴァンスレーヴ。ミルコ・デムーロが跨った6戦は全て勝利。地方交流GIはジャパンダートダービー、マイルCS南部杯を2連勝中。前走は昨年のチャンピオンズCの覇者ゴールドドリームなど、古馬を撃破。世代交代で新ダート王になるか注目だ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『チャンピオンズC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク