【チャンピオンズカップ2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日の兵庫ジュニアグランプリ〇デルマルーヴル◎オルトグラフ▲デンバーテソーロで決着。馬券は◎の頭が大本線だったのでここは逃したものの、今週はまずまずの滑り出し。週末もこの調子で頑張ります。

では本日は日曜の中京メイン、チャンピオンズカップに出走を予定しているアスカノロマン、アンジュデジール、インカンテーション、ウェスタールンド、オメガパフューム、ケイティブレイブ、サンライズノヴァ、ヒラボクラターシュの最終追い切りに関する記事を。今回は水曜追い組みを全頭。

有力馬のゴールドドリームが回避との事。一週前追い切りではなかなかの動きを披露していたので楽しみにしていたのですが、こればかりは仕方なし。幸いにも大きな異常はなかったみたいなので、次走に期待したいと思います。

カルリーノ 6人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
パフォーマプロミス 3人気1着
レッツゴードンキ 2人気5着
サウンドトゥルー 7人気5着
アンジュデジール 6人気1着

ダノンジャスティス 2人気4着
ユラノト 5人気4着
スティッフェリオ 2人気1着
レッドジェノヴァ 4人気4着

カテドラル 3人気11着
ロジクライ 6人気14着

ミッキーブラック 3人気4着
ノーブルマーズ 13人気12着
ダノンスマッシュ 1人気1着

先週の追い切り注目馬はなんとかダノンスマッシュが1着と最低限。12月は11月以上を目指したいと思います。

その他の追い切り記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

チャンピオンズカップ最終追い切り

アスカノロマン

重心は安定しているが、頭の位置がブレブレで終始左右にフラれる。脚の回転も遅く、馬も思ったほど前へ進まない。馬体に硬さはないが、身体も使えている動きとは言えず、好調には程遠い走りだった。ピークが過ぎた感が強い。

アンジュデジール

一週前追い切りの記事で前走時の出来がとにかく良かっただけにあれ以上となるとさすがに無理があると書いたが、最終追い切りの動きをみる感じでもその評価に変わりはない。全体的に動きが硬く、可動域の広さも物足りない。今週も追われてからの反応が鈍く、馬なりの調教パートナーにもあっさりと先着を許してしまう始末。最後もエンジンがかかり切っておらず、押しても全く前へ進まない。前走時の出来には程遠い。

インカンテーション

休み明けの前走時とは動きが別物だった一週前と同じく今週も良く動いた。少し後脚が外に逃げてしまうが、それでも真っすぐ前を向いて走っており、脚の回転にもそれなりの速さがある。最後は弾け切れなかったような動きではあるが、終始一定のリズムを崩さずに走れており、脚がバラバラになる事もなかった。馬体にも張りが戻っているので、出来に関しては前走以上は確実だろう。

ウェスタールンド

頭の位置は安定しないが、頸はしっかりと使えており、脚を出すリズムは抜群に良く見える。やや癖が強い走りも、脚の回転、乗った時のスピード、地面を蹴る力とどこを取っても減点ポイントは見当たらず、ラスト200mからの伸びは本当に素晴らしいの一言。素軽さがある割にはパワフルな動きといえ、出来は間違いなく上向いている。

オメガパフューム

先週に比べると追われた時の反応がイマイチ。身体の使い方や頸と脚のリズムは悪い感じはしないが、負荷をかけられた割には伸び切らなかった点は割り引いて考えたい。調教パートナーが馬なりだった事に対してこちらはそれなりに追われており、相手との手応えの差に大きな違いを感じてしまう点もやや気になってしまう。先週の段階でほぼ馬が出来ていた事が救いではあるが、前走からの上積みには期待は持てないかもしれない。

ケイティブレイブ

頭の位置が安定しないが重心はブレない。先週同様に頸や身体に多少の硬さはあるも、今週はしっかりと負荷をかけられており、追われた時の反応や伸びは非常に良く見えた。やや胸は広く感じるが、スピードが表に逃げるような事もなく、ラチを頼りながらもしっかりと脚を上げて走れた。最終追い切りである程度硬さが改善されれば、という課題を残した一週前追い切りだったので、今週の動きをみると高く評価する事は出来ないかもしれないが、大きな減点材料も見あたらないので、それなりに走れる態勢は整ったのでは。

サンライズノヴァ

真っすぐ前を向いた安定した走り。肩の筋肉量が豊富な事が影響してか、前脚を出す時にかなり力強さを感じる。しっかりと負荷をかけられて最後まで脚を使い切り調教パートナーに先着したが、相手は終始馬なりで走っていたので、見た目には騙されないようにしたい。それでも身体を大きく使っていた点などそれなりに評価出来る動きではあったので、ここも力は出し切ってくるのでは。

ヒラボクラターシュ

頭の高さ、脚を出すリズムは安定していて、最後まで軽快に脚を伸ばした。トモにボリュームがあるので可動域は狭く感じるが、身体はしっかりと使っており、脚もしっかりと前へ出ている。弾けるような動きとは言えなかった点、最後は少しスピードが鈍った点は気になるが、脚がバラバラになるような事もなかったので、大きく割り引く必要はないだろう。好調はキープ出来ている。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

木曜追い組みに有力馬がいるが、水曜追い組みではこの馬がかなりの動きを披露してきた。人気的にも面白い存在だろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第19回 チャンピオンズC>

有力馬を脅かすこの穴馬が
万馬券のキーホース!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2000年からダート国際招待競走・ジャパンカップダート(東京・ダ2100M)として創設。2008年から舞台を阪神ダ1800Mに移し同年創設のジャパンオータムインターナショナルに指定される。2014年に国際招待が廃止され通常の国際レースとなり舞台も中京ダ1800Mに変更された。中京競馬では高松宮記念に続くGI競走となり師走の中京開催の目玉となっている。

阪神・中京に移行してからの過去10年年、人気馬の成績では、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.2.1.6]と1人気は3勝(5連対)とまずまずの成績だが、2.3人気はともに1勝のみと苦戦。平均配当では馬連5090円、3連複1万7120円、3連単11万2590円と波乱傾向。また、16年アスカノロマン(10人気3着)、15年サンビスタ(12人気1着)、10年アドマイヤスバル(11人気3着)、09年ゴールデンチケット(12人気3着)の伏兵馬が馬券圏に絡んで波乱の立役者となっている。

年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(4勝)、6歳馬(2勝)で3歳馬は19頭が出走したが勝利馬なし。7歳以上の高齢馬からの優勝馬も出ていない。4~6歳馬が活躍しているダート王決定戦。

今年は昨年の覇者ゴールドドリーム、JBCクラシックの連対馬ケイティブレイブ、オメガパフューム、JBCレディスクラシック優勝馬アンジュデジールなどが参戦。注目はここまで7戦6勝連対率100%の3歳馬ルヴァンスレーヴ。ミルコ・デムーロが跨った6戦は全て勝利。地方交流GIはジャパンダートダービー、マイルCS南部杯を2連勝中。前走は昨年のチャンピオンズCの覇者ゴールドドリームなど、古馬を撃破。世代交代で新ダート王になるか注目だ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『チャンピオンズC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク