【チャレンジカップ2018予想】本命エアウィンザー

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて土曜の阪神メイン、チャレンジカップの予想を。マルターズアポジー、ダンビュライト、レイエンダ、ステイフーリッシュ、トリコロールブルーなどが出走する芝2000mのG3レース。

気が付けばもう週末。そしてもう12月。来週は香港、月末には有馬記念。本当に今年はあっという間でした。

ここ最近は土曜の重賞は見送っていましたが、今週末の重賞はなかなか面白そうなのでどちらも購入していこうと思います。

追い切りやその他競馬予想記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

チャレンジカップ

本命はエアウィンザー

3連勝で重賞に駒を進めてきたが、どのレースも着差は僅かではあるが内容や相手関係を考えるとなかなか中身の濃いレースが多く、前走のカシオペアステークスでもグリュイエール、トリコロールブルーといった重賞で好走した実績がある馬を相手に2馬身差をつけて快勝。

何より3走前のむらさき賞では先日のウェルカムステークスを勝ったアップクォーク、京成杯オータムハンデを勝ってマイルチャンピオンシップでも5着に入線したミッキーグローリー相手に勝利しており、この2戦をみる限り本馬の能力も既に重賞級と言えるだろう。

血統的にもそろそろ脂が乗ってくる時期で、どちらかと言えば京都コース向きのタイプかもしれないが、充実期に入った今であれば今回のコース、メンバーでも十分勝ち負けになる。

対抗は穴ステイフーリッシュ

結果的に前走は距離や枠順、位置取り、ペースと何もかもが向かない中での着順。それでも最後はそれなりに差を詰めており、負けはしたが条件を考えるとそれなりに内容のある競馬だったと言える。

春の重賞では差し馬が台頭する中で2番手からレースを進めながら直線でそのまま押し切る好内容で結果を残しており、この時相手にした馬がその後のレースで次々と結果を残している事を考えても、決して相手に恵まれていた訳でもない。

これらの内容からすると今回のメンバーで能力が足りないという事は考えられず、むしろ実績の割には人気がなさすぎる印象を受けるので、馬券は色気を出してここからの縦目も買っておきたい。

▲にレイエンダ

兄ほどのスケールこそ感じないが、セントライト記念を負けた後にG1には向かわずこのレースを目標に馬をつくってきたことには好感が持てるこの馬を3番手に。

今後も成長次第ではあるが、前走をみる感じではG1でどうこうと言えるレベルではなさそうなので、ここで結果を出しても相手強化となるレースでは嫌いたいタイプ。

☆にロードヴァンドール

今回は前々でレース運びをしたい馬が揃っているので、展開面の恩恵を受けれそうにない分評価を下げて印を打ったが、距離短縮は間違いなくプラスのこの馬が人気的にも面白そう。2.3走前のパフォーマプロミスやミッキーロケットを物差しにすればここは巻き返してくるのでは。

◎エアウィンザー
〇ステイフーリッシュ
▲レイエンダ
☆ロードヴァンドール
△ダンビュライト
△マウントゴールド
△トリコロールブルー
△サイモンラムセス
△マルターズアポジー

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第19回 チャンピオンズC>

有力馬を脅かすこの穴馬が
万馬券のキーホース!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2000年からダート国際招待競走・ジャパンカップダート(東京・ダ2100M)として創設。2008年から舞台を阪神ダ1800Mに移し同年創設のジャパンオータムインターナショナルに指定される。2014年に国際招待が廃止され通常の国際レースとなり舞台も中京ダ1800Mに変更された。中京競馬では高松宮記念に続くGI競走となり師走の中京開催の目玉となっている。

阪神・中京に移行してからの過去10年年、人気馬の成績では、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.2.1.6]と1人気は3勝(5連対)とまずまずの成績だが、2.3人気はともに1勝のみと苦戦。平均配当では馬連5090円、3連複1万7120円、3連単11万2590円と波乱傾向。また、16年アスカノロマン(10人気3着)、15年サンビスタ(12人気1着)、10年アドマイヤスバル(11人気3着)、09年ゴールデンチケット(12人気3着)の伏兵馬が馬券圏に絡んで波乱の立役者となっている。

年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(4勝)、6歳馬(2勝)で3歳馬は19頭が出走したが勝利馬なし。7歳以上の高齢馬からの優勝馬も出ていない。4~6歳馬が活躍しているダート王決定戦。

今年は昨年の覇者ゴールドドリーム、JBCクラシックの連対馬ケイティブレイブ、オメガパフューム、JBCレディスクラシック優勝馬アンジュデジールなどが参戦。注目はここまで7戦6勝連対率100%の3歳馬ルヴァンスレーヴ。ミルコ・デムーロが跨った6戦は全て勝利。地方交流GIはジャパンダートダービー、マイルCS南部杯を2連勝中。前走は昨年のチャンピオンズCの覇者ゴールドドリームなど、古馬を撃破。世代交代で新ダート王になるか注目だ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『チャンピオンズC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク