【チューリップ賞2018予想オッズ】穴馬・スカーレットカラー馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日のエンプレス杯は△アンジュデジール◎プリンシアコメータで決着するも3着を買っておらずハズレ。馬連、馬単などは全く買っていなかったのでここは仕方なしです。切り替えて週末巻き返します。本日は土曜の阪神メイン、チューリップ賞に出走を予定しているスカーレットカラーの馬体診断の記事を。

日曜の弥生賞は配当面にはあまり期待出来ませんが、土曜の重賞は東西共に面白そう。ただ、牝馬は牡馬と違ってこの時期に一気に成長するタイプは少ないので、去年のミスパンテールのように実は力があったという馬を見つけるのが理想ではあるが、今年はちょっと期待したい1頭が登録してきた。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!チューリップ賞の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

チューリップ賞馬体診断

スカーレットカラー

新馬戦のパドック

初戦は馬体重438キロ。お世辞にも馬体が目立つタイプではなく、全体的に線が細い。ただ、線が細い割には骨格はヴィクトワールピサ産駒っぽくしっかりしているタイプで、一見するとアンバランスな馬体にみえるが、成長して筋肉が付くところに付けばがっちりした良い身体になる。

牝馬らしい柔らかさがありクッションの効きも良好ではあるが、繋ぎをみると少しスピードが足りない印象を受けるので、筋肉質な馬体へ成長する事が望ましいタイプ。よってこのアンバランスな馬体はこれからの成長を考えるとある意味理想的な体型だと言える。

アルテミスステークスのパドック

前走からプラス4キロでの出走。新馬戦から考えると4ヵ月以上経っているものの、馬体重の増減はこの日の4キロのみ。肩の筋肉が少し増えた感じはするが、トモの張りや馬体全体の筋肉量はほぼ変わっておらず、この日もパドックで目立つような事はなかった。

フェアリーステークスのパドック

フェアリーステークス当日のパドックでオッと思ったのがこの馬。前走の白菊賞からマイナス8キロでの出走、新馬戦から比較するとマイナス2キロと馬体重を減らしているが、トモの筋肉量は確実に増えている。さすがに馬体重が増えていないので全体の厚みが増した感じはしないものの、ここに来てのトモの発達は著しい。

馬体の柔らかさ、ふわっとした踏み込みの影響もあって周回している時にインパクトは感じられないが、ほぼ理想通りと言えるパワー型の体型に成長している点には非常に好感が持てる。背中をみてもまだまだ成長途上といった感じも、使われて確実に馬体が良化しており、馬が良くなる事はあっても悪くなる事はない今回は当然楽しみしかない。

予想オッズ

1人気 ラッキーライラック 2.1倍
2人気 リリーノーブル 4.5倍
3人気 マウレア 7.1倍
4人気 シグナライズ 10倍
5人気 スカーレットカラー 11.2倍

1人気は2歳女王ラッキーライラック、2人気は阪神ジュベナイルフィリーズ2着のリリーノーブル。スカーレットカラーは前走のフェアリーステークスで2着、そして乗り替わりという事もあって想像以上に票は集めそう。それでもまだまだ買えるオッズにはなるでしょう。

最後にチューリップ賞の注目馬を。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

現時点ではスカーレットカラーとこの馬との2択。ラッキーライラックで鉄板というレースでもなさそうですし血統的、人気を考えるとこの辺りの馬が面白いのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる弥生賞。コースや距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースとなる。過去の勝ち馬には名馬揃い。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬でもGI戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもある。弥生賞を勝てば将来の出世は約束されたものになる。

過去20年の弥生賞で成績上位の騎手では武豊(5勝2着4回)、福永祐一(3勝2着1回)、横山典弘(1勝2着4回)と3人が弥生賞での連対が多い。過去10年、中山2000Mでの騎手の成績(20回以上騎乗)、ベスト5はC.ルメール[14.7.5.23]連対率42.9%、M.デムーロ[4.9.1.23]連対率35.1%、川田将雅[6.4.2.21]連対率30.3%、戸崎圭太[28.26.17.119]連対率28.4%、福永祐一[6.9.7.32]連対率27.8%。美浦所属で騎乗回数の多い戸崎の連対率の高さが目立つ。

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキの6頭。今年は朝日杯FSを制した2歳王者ダノンプレミアム(3戦無敗)、東スポ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアン(3戦無敗)、オブセッション(2戦無敗)、ホープフルS2着馬ジャンダルム(3戦2勝)などの素質馬が激突。無敗馬3頭の対決にも注目が集まるが、前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク