【チューリップ賞2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、チューリップ賞に出走を予定しているウーマンズハート、クラヴァシュドール、マルターズディオサ、レシステンシアの一週前追い切りに関する記事を。

こちらは弥生賞とは違って前哨戦からかなりメンバーが揃いました。

予想オッズ

1 レシステンシア 1.8
2 クラヴァシュドール 4.3
3 ウーマンズハート 5.5
4 スマイルカナ 8.6
5 マルターズディオサ 9.4

主役は当然レシステンシアとなるが、ウーマンズハート、クラヴァシュドール、マルターズディオサ、スマイルカナと上位人気勢はどの馬も相当力があるので、馬券抜きにしてかなり面白いレースになりそう。ただ、無観客開催なのでレシステンシアの出資者の事を考えるとちょっと気の毒ではありますね…。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

チューリップ賞一週前追い切り

ウーマンズハート

折り合い面を重視している事もあって前半は手綱をおさえて追い出すタイミングを見計らっているが、行きっぷりが半端なく気合いの入り方が尋常ではなかった。負荷をかけていた外の調教パートナーを馬なりで交わし、その後も楽な手応えのまま着差を詰められる事なく先着。

馬体も一回り大きくなっており、肩などの筋肉量を見ても去年からの成長は著しい一頭と言えるので、この動き馬体通りであれば面白い存在になりそう。

クラヴァシュドール

こちらもウーマンズハート同様に馬体の成長が著しく、動きは以前よりも大きく力強さが出てきた。フォームも美しく走りに無駄が一切感じられない点は勿論ではあるが、可動域の広さがかなり目立っており、この父らしさが動きなどに反映されてきた点は見逃せないポイントと言える。

おそらく負荷をかけていれば相手をぶっちぎっていただけの手応えもあったので、馬場を含めて考えると相当動いている部類に入るのでは。

マルターズディオサ

これといって特別目立つような動きではなかったが、馬体の張りや脚捌きを見ると久々でもかなり仕上がっている印象を受ける。一週前から負荷もしっかりとかけられており、最後は手応えが怪しくなりながらも相手に先着出来た点は一応それなりの評価は必要となるだろう。

レシステンシア

去年からいくらが馬体が成長した事で動きも大きくダイナミックになっている。頸差しの太さと肩の強さがいかにもこの父らしいが、父似に出た方が出世する血統なので、これは間違いなくプラスになる要素と言える。

一週前からビシッと追われて負荷をかけてきた点、馬もそれに応えて最後までグイグイと大きく伸びた点など、どこを見てもこれといって特別嫌うポイントも見当たらず、以前よりもキレのある動きとなっている点にも好感が持てた。

最後にチューリップ賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 弥生賞(G2)>

ワーケアは皐月賞の前哨戦を勝てる?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気の成績は、1人気[5.1.0.4]、2人気[2.2.2.4]、3人気[0.1.1.8]と1人気が5勝と好成績。また、1人気で勝利した5頭中4頭が単勝1倍台の圧倒的人気だった。平均配当は、馬連1万0430円、3連複1万4610円、3連単13万1050円。

ステップレース別の成績では朝日杯FS(2勝)・若駒S(2勝)他、ラジオNIKKEI賞、東スポ杯2歳S、500万下、京都2歳S、共同通信杯、きさらぎ賞が1勝を挙げている。中でも朝日杯FS組みは10頭が出走し8頭が馬券圏内に入っている。東スポ杯2歳S組みも2頭が出走し共に連対。朝日杯FS・東スポ杯2歳S組は要注意だ。

今年はホープフルS3着ワーケア(3戦2勝)、2連勝中サトノフラッグ(3戦2勝)、札幌2歳S1着ブラックホールなどが参戦。弥生賞は直近6年で4度的中!競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク