【中日新聞杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、中日新聞杯に出走を予定しているアイスバブル、サトノソルタス、ショウナンバッハ、タニノフランケル、ラストドラフトの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 サトノソルタス 2.5
2 タニノフランケル 4.8
3 ラストドラフト 5.0
4 アイスバブル 6.6
5 マイネルサーパス 13.2

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着
ミヤマザクラ 2人気2着
ムイトオブリガード 7人気8着
リッジマン 2人気11着
チュウワウィザード 5人気4着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 阪神JF(G1)>

来年のクラシックに向けて重要な一戦となるが、競馬セブンでは確信の本命馬◎から的中予告!陣営が「勝てる」と豪語する確勝級の勝負馬とは!?さらに、人気の盲点となり出走する、とある厩舎の勝負情報を独占入手!人気薄濃厚の激走穴馬が馬券に絡めば万馬券間違いなし!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

中日新聞杯最終追い切り

アイスバブル

脚に硬さが残っており、動きも小さくぎこちなさが残る追い切り。一応脚は前へ出せているが、馬体を併せてからの伸びはイマイチで、直線で調教パートナーに差をつけられてしまって最後はフォームも乱れてしまった。もともと追い切りは動かないタイプではあるが、今回もこれといって目立つような追い切りではなかった。

サトノソルタス

頸は内に刺さるが、身体を大きく使った豪快な動きと、バランスの取れた素晴らしすぎる馬体は相変わらずで、未だに重賞に手が届いていない事が不思議なぐらいの馬と言える。

あの衝撃の新馬戦のパドック時と比較すると体高が伸びた以外はほぼ変わりない馬体となっているので成長力には少し疑問が残ってしまうが、それでもバリバリのオープン馬という身体つきなので、動き、馬体通りであればG3レースであればお釣りがくる計算になるだろう。

ショウナンバッハ

前半の動きは確認出来ないが、年齢を感じさせないキビキビとした動きが目につく。身体の使い方も上手く、頸と脚のリズムもしっかりと連動したお手本のような追い切りとなっている。

最後ゴールを過ぎてからもスピードに乗って伸びており、この馬らしさが活かせる展開に持ち込む事が出来れば案外まだまだやれる存在と言えるのでは。

タニノフランケル

久々らしく少し胸前に緩さが残っており、頭も高くフォームも最後まで安定しない。反応が悪いのもおそらく久々の影響で、最後は差を詰められるもエンジンがかかりきらないままゴール。馬体は光るも中身は比例しない追い切りとなった。

ラストドラフト

馬体が小さく動きもこじんまりとした牝馬らしい動き。ただ、俊敏さや柔らかさは一切感じられず、ダート馬のような硬さや重さがあるちょっと変わったタイプ。反応の悪さと脚の回転の鈍さからするともう一段階上の仕上がりがあるように思えるので、ここがメイチという感じではなさそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはハンデ戦らしく狙ってよさそう。

なお、中日新聞杯の予想と海外4レースの予想、カペラステークスはいつものようにnote内での公開しております。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 阪神JF(G1)>

来年のクラシックでも
主役になる2歳女王とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2歳牝馬女王の座を決めるGⅠで来年のクラシック路線を占う重要な一戦。過去の勝ち馬にはニシノフラワー、ヒシアマゾン、メジロドーベル、テイエムオーシャン、ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど古馬でも活躍した名牝が名を連ねる。直近では18年の勝ち馬ラッキーライラックが今年のエリザベス女王杯を優勝、17年の勝ち馬ソウルスターリングはオークス馬に。

過去10年の人気馬の成績では1人気【4.1.1.4】、2人気【2.3.0.5】、3人気【0.1.2.7】。直近2年は上位人気馬での決着となっているが、15年には10人気ウインファブラスが2着となり波乱。12年には15人気クロフネサプライズ(2着)、10人気レッドセシリア(3着)が馬券圏に入り3連複49万、3連単300万馬券と大波乱に。この時期は状態面が不安定な若駒の牝馬だけに大波乱となるケースは少なくない。平均配当では、馬連5310円、3連複5万3690円、3連単32万8430円と波乱傾向。

来年のクラシックに向けて重要な一戦となるが、競馬セブンでは確信の本命馬◎から的中予告!陣営が「勝てる」と豪語する確勝級の勝負馬とは!?さらに、人気の盲点となり出走する、とある厩舎の勝負情報を独占入手!人気薄濃厚の激走穴馬が馬券に絡めば万馬券間違いなし!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『阪神JF・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク