【浦和記念2020予想】本命ダノンファラオ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は水曜の浦和メイン、浦和記念の予想を。ウェスタールンド、ロードブレス、ダノンファラオ、タービランス、デルマルーヴル、ヒストリーメイカーなどが出走するダート2000mのJpn2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われたハイセイコー記念は☆アランバローズ▲ランリョウオー◎ジョーロノで決着し、3連複、3連単がほぼ本線的中だったものの、翌日のサンタアニタトロフィーは◎グレンツェントが好走するも無念の相手抜け。

それでも無双中の地方は変わらず好調ですし、先週は中央でも奥多摩ステークスで超人気薄を本命にして〇ビッククインバイオ◎ウィンドライジズ▲アーデンフォレストで帯一歩手前の大爆発、月曜の東京スポーツ杯2歳ステークスでダノンザキッドタイトルホルダー◎ジュンブルースカイのほぼ一点勝負の強めの重ね買いでプチ爆発など、先日の武蔵野ステークスなどの的中に続いて大回収続きとなっておりますので、この勢いはそう簡単には止まらないでしょう(ポジティブにそう思っておきます)。

なお、ジャパンカップの記事でも軽く触れましたが、登録の段階では今週末もそれなりに強く勝負したいレースがありますので、気になる方は是非noteもフォローしておいて下さい。

【ゆうちゃりす予想note版】

基本的にこちらで公開しているレースは全て勝負レースになります(G1は対象外)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レースジャパンカップ!

3強に割って入る穴馬をこっそり教えます!

【ジャパンカップ注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【ジャパンカップ注目穴馬】

浦和記念

本命はダノンファラオ

超ハイレベルな一戦となった前走のJBCクラシックでは古馬とクラスの壁に跳ね返される形となったが、上位を独占した馬達に番手からプレッシャーをかけられる展開になりながらも大きく垂れなかった点を評価すべきレースなので、一気の相手ダウンとなる今回は大幅な変わり身に期待が持てそう。

3走前のジャパンダートダービーの勝ち方が派手だったので、あの内容を見ると広めのコースで狙いたくもなるが、レースセンスが高く、前々で上手く立ち回れる器用さがあるタイプなので、案外少し癖のある今回の浦和の方が合うというパターンも十分考えられるのでは。

更に今回票を集める事になる馬が揃いも揃って器用さに欠けるタイプとなっているので、コースを考えると狙うのは真逆の器用なタイプというのがセオリーと言えるだろう。

対抗はウェスタールンド

絶好枠を引き当てる事が出来た今回は本命まで考えはしたものの、器用さという面ではメンバーの中ではかなり劣っている印象を受けるので、道中の位置取り次第では不発もあるとみて対抗までとした。

それでもこれまでの実績や戦ってきた相手のレベルを考えると今回はかなり相手に恵まれた感じもするので、脚の使いどころを間違わなければあっさりまであっても。

タービランス

今回は一気の相手強化となるので楽な戦いにはならないと思うが、立ち回りの上手さがかなり重要となるコースなので、このメンバーなら案外やれてもよさそう。

ロードブレス

この手のタイプは嫌ってこそかもしれないが、相手強化の前走でいきなり結果を残し、更に下した相手のレベルやレース内容を考えるとこちらが想像している以上に強い馬かもしれないので、好枠を引き当てたここも変に嫌うのは危険か。

◎ダノンファラオ
〇ウェスタールンド
▲タービランス
☆ロードブレス
△クインズサターン
△デルマルーヴル
△ヒストリーメイカー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第40回 ジャパンカップ(GI)>

3冠馬3頭を脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は無敗の3冠馬コントレイル&デアリングタクト2頭の3歳馬が出走を表明し話題になっている。さらにGI8勝のアーモンドアイが引退レースとして出走が決定。他にもサートゥルナーリア、キセキ、ワールドプレミア、マカヒキ、グローリーヴェイズなどのGI馬8頭やカレンブーケドール、ユーキャンスマイルなどがスタンバイしており史上空前のジャパンカップとなる。

過去10年のステップレース別成績では【天皇賞・秋組】(5勝)、【京都大賞典組】(2勝)、【秋華賞組】(2勝)、【菊花賞組(1勝)と天皇賞組から5頭の優勝馬が出ている。しかし、天皇賞(秋)の着順がそのまま成績に関係するとは言えない。

天皇賞(秋)1着馬のジャパンCでの成績では勝利馬なし。天皇賞(秋)で馬券圏に入らなかった組が好走するパターンが多い。天皇賞(秋)よりもジャパンCを最大目標に調整している出走馬の活躍が目立つ。今年の天皇賞秋の1着馬はアーモンドアイだが果たして!?

アーモンドアイの引退レース、3冠馬3頭の激突で盛り上がる今年のジャパンCだが、実は競馬セブンでは、人気の盲点となり人気薄で出走確実なとある陣営の勝負話を極秘入手済!3冠馬3が注目される中、密かにジャパンC制覇を狙っている隠れ穴馬の正体とは!?ジャパンCの極秘情報は馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ジャパンC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第40回 ジャパンカップ(GI)>

3冠馬3頭を脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク