【桜花賞 浦和2020予想】本命レイチェルウーズ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は25日の浦和メイン、桜花賞の予想を。レイチェルウーズ、アクアリーブル、テーオーブルベリー、ブロンディーヴァなどが出走するダート1600mS1レース。

桜花賞といってもこちらは浦和の桜花賞。本来この時期に桜が満開という事は珍しいですが、今年に限れば阪神の桜花賞時よりも今回の方が綺麗に咲いているのではないでしょうか。

一年でもかなり楽しみで得意な部類に入っているドバイがやはりというか想定内の中止という事もありますので、そのある意味本物?とも言える阪神の桜花賞も開催がどうなるかわかりませんが、とりあえずレースがある限りは予想は更新していく予定です。

先週行われた京浜杯は今年一番の大外れを更新してしまったので、今週はリベンジといきたいところ。

ダノンスマッシュなど有力馬の追い切り評価はこちら。

【高松宮記念2020有力馬追い切り評価】

その他穴馬などの追い切りは後日追加で更新しますので少々お待ち下さい。

桜花賞(浦和)

本命はレイチェルウーズ

前走のユングフラウ賞では絶好枠を引き当てたとはいえ、56キロを背負いながら他馬の追撃を楽々凌いで無傷の5連勝。他にもコース適性など課題を抱えながらの勝利だったので、相手関係以上に価値の高かった勝利といえ、あの競馬を見る感じだと今回もよっぽどの事がない限り勝ち負け争いに加わってくる存在と言える。

マイルへの距離延期は勿論プラスで、浦和へのコース適性も前走で照明済み。かなり特殊なコースなので外枠を引けば嫌う事も考えはしたが、6番枠であればギリギリ割り引く必要はない枠と言えるので、普通にポンとゲートを出て内の逃げる馬を見ながらレース運びをすれば、これまで通りの圧勝があるのでは。

ここは圧倒的人気に支持される事になると思うが、普通に考えれば無傷の6連勝が濃厚な一戦になりそうなので、その辺りを上手く考えて馬券を組み立てたい。

対抗は人気ブログランキングへ

期待した前走は案外な結果に終わってしまったが、本来のこの馬の競馬が出来ず参考外と言えるレース。今回は前走とは違って枠も良いところを引き当てたので、この枠なら本来のこの馬の持ち味がフルに活きる事になるだろう。

レイチェルウーズはかなり強力ではあるが、かなり強い競馬をした2走前のレース内容からすると秘める能力は引けを取らないと思うので、前走の結果で人気が落ちるようならここが絶好の狙い目では。

得意のマイル替わりで大幅な変わり身に期待しての対抗とした。

ボンボンショコラ

今回もレイチェルウーズの目標になりそうな点は気になるが、マイル以上の距離で息が入る展開に持ち込めば最後の粘りも違ってくると思うので、ここは楽に行き来ってしまえば大きく垂れる事はないのでは。

ルイドフィーネ

ブロンディーヴァの能力を物差しにすれば今回の相手でもある程度の着順は拾ってくると思うので、ライバル馬との枠の差を活かせば馬券圏内は十分狙える馬だろう。

ただ、どちらかと言えば距離は短い方が合いそうなタイプなので、この条件で走らなければ距離短縮ローテで狙ってみたい一頭。

◎レイチェルウーズ
人気ブログランキングへ
▲ボンボンショコラ
☆ルイドフィーネ
△アクアリーブル
△スティローザ
△ルイドフィーネ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年のスプリンターズSの覇者タワーオブロンドンを筆頭に、グランアレグリア、ノームコア、ステルヴィオなどGI馬が多数名を連ねるだけでなく、スプリント戦線の主役を張ってきたダノンスマッシュ、アイラブテーラーやダイアトニックなど新興勢力も参戦と、今年は豪華な顔ぶれが揃うことになった。間違いなく見どころ十分の面白いレースになるだろう。

そうなると、必然的に馬券は簡単ではなくなる。まして注目度の高いGIになると、世の中に流れ出る情報も普段より格段に多い。しかし、その中で役に立つ情報はほんのひと握り。一般レベルで入手できる情報は、騎手や厩舎などトレセンで得られるものに限られ、マスコミのフィルターがかかったものとなる。そこに“本音”はほぼ存在しない。これを鵜呑みにしていては、的中が遠のくと言っても過言ではない。

しかも、今年は藤沢和厩舎はタワーオブロンドンにグランアレグリア、安田隆厩舎はダノンスマッシュとダイアトニックと、有力馬を2頭出しする厩舎が2つも存在する。そして、ドバイワールドカップデーと日程が重なるため、ルメール、川田ら有力馬の主戦騎手が不在で乗替りが起こる。当然、オーナーサイドの意向が関わっており、水面下では様々な思惑が蠢いている。こうした裏事情も、当然ながら表に出ることはない。

去年は449万馬券が飛び出たように、毎年、波乱傾向が強い高松宮記念。現役関係者は全て後輩にあたる元調教師、元騎手に、馬主やエージェントなど大物を情報ルートとして在籍している弊社シンクタンクが掴んでいる情報からすると、今年も波乱の可能性は「十分にある」とのこと。

現在、無観客で競馬が行われるような状況となってしまっているだけに、弊社シンクタンクとしても「競馬を盛り上げたい」との強い気持ちを持っている。その一環として、今週行われる高松宮記念の関係者情報及び【5頭の馬券候補】を特別に無料公開する。ぜひとも有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク