【桜花賞 浦和2021予想】本命ケラススヴィア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は31日に浦和で行われる桜花賞の予想を。ウワサノシブコ、グロリオーソ、スマイルミュ、サブルドール、アイカプチーノなどが出走するダート1600mS1レース。今年もややこしい名前のレースがやってきました。

今回のレースの前哨戦、ユングフラウ賞が地方競馬で今年一番の払い戻し、大回収だったので、似たようなメンバー構成となったここも同じような結果に期待したいところ。

ユングフラウ賞予想結果

1着▲ウワサノシブコ
2着◎ケラススヴィア
3着〇グロリオーソ

3連複 1,980円

3連単 32,680円

印ド本線、そしてまさかまさかの超回収。結果いつも地方では機械的に買うド本線の3連複1点と後は◎の1,2着付けの3連単がハマるにハマり、結果地方では今年最高額の払い戻しに。

今思えばここは◎エアスピネル事件を踏み台にしての怒りの特大ホームランだったので、今回はゼンデン事件を踏み台にして何とか良い結果を出せたらと思います。

地方競馬2021年予想結果

報知オールスターカップ ◎タービランス△マンガン▲サウンドトゥルー
ニューイヤーカップ 〇トランセンデンス◎ジョーロノ▲サヨノグローリー
船橋記念 競争中止
TCK女王盃 ◎マルシュロレーヌ▲レーヌブランシュ☆プリンシアコメータ
川崎記念 ハズレ
シンデレラオープン トリガミ
佐賀記念 ハズレ
報知グランプリカップ ハズレ
金盃 ☆マンガン○トーセンブル◎サウンドトゥルー
雲取賞 〇ランリョウオー◎トランセンデンス△タブラオ
ユングフラウ賞 ▲ウワサノシブコ◎ケラススヴィア〇グロリオーソ
エンプレス杯 ◎マルシュロレーヌ▲サルサディオーネ△マドラスチェック
フジノウェーブ記念 △キャプテンキング◎ベストマッチョ〇グレンツェント
名古屋大賞典 ◎クリンチャー△バンクオブクラウズ☆ロードブレス
黒船賞 ハズレ
ダイオライト記念 ハズレ
京浜盃 ハズレ

先週の京浜盃は◎トランセンデンスがあと一歩の競馬でしたが、相手も相手だったので当てるのが難しいレースでした。6連勝の後の3連敗と流れが悪くなってきましたが、まだまだ地方の貯金はたっぷりありますので、ここらでサクッと巻き返します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週推奨馬が馬券に絡んで高配当連発!

大阪杯はコントレイル、グランアレグリアの2頭では決まらない!

【大阪杯注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【大阪杯注目穴馬】

桜花賞(浦和)

ケラススヴィア

これでローレル賞、東京2歳優駿牝馬、そしてユングフラウ賞に続いて4走連続の本命で、何故か走っても走っても毎回それなりの配当が付いてくる超貢献馬。

これまで距離を延ばして徐々に良さが引きでたタイプなので、1400mへの距離短縮はちょっと微妙も、引き当てた枠や本馬のスピードを考えると嫌う必要はないと書いた前走のユングフラウ賞がある意味想像通りの内容で、最後はスピードでそのまま押し切るかと思ったところを1400適性の高いウワサノシブコに差されてしまい2着まで。

ただ、他馬よりも重いハンデ56キロを背負っていた事や、東京2歳優駿牝馬同様に先行馬には厳しい展開だったという事を考えると間違いなく一番強い競馬をしたのは本馬という事になるので、ハンデ54キロでの競馬となる今回は前走以上に最後の粘りが増す事になるのでは。

ここは少し速そうな馬はいるが、この枠であれば終始自分の形に持ち込める可能性が高いので、これまで通り馬券はここから組み立てる形で問題ないだろう。

人気ブログランキングへ

単純な距離への適性なら本命馬よりもこちらに分がありそうなので、よりスピードが求められる展開になれば速さだけで他馬を圧倒してくるシーンも頭に入れておきたい。

前走も力のある馬を相手に見せ場たっぷりの競馬をしているので、使われた上積みを考えるとここは怖さしかないだろう。

ウワサノシブコ

展開や相手とのハンデ差など、前走のユングフラウ賞は色々と好走する条件が揃っていたとはいえ、ゴール前にきっちりとケラススヴィアを捉えたのは力があってこその結果と言えるので、ハンデの恩恵こそ受ける事は出来ないが、枠や展開など買える材料が揃った今回も案外バカには出来ない存在と言えるか。

グロリオーソ

枠、展開、そして相手とのハンデ差と条件が揃っていた前走が完全に完敗と言える内容だったので、その前走よりも条件が厳しくなる今回は能力は認めつつも3番手までの印となった。

◎ケラススヴィア
人気ブログランキングへ
▲グロリオーソ
△プレストレジーナ
△アイカプチーノ
△ティーズアレディー
△サブルドール

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第65回 大阪杯(GI)>

コントレイル・グランアレグリアを
脅かす隠れ穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去4年、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝したが、昨年は1人気ダノンキングリ3着、一昨年は1人気ブラストワンピース6着に敗れている。

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.2.2]、2人気[3.2.2.3]、3人気[0.0.1.9]と1.2人気が7勝(4連対)と安定した成績を残している。

平均配当では馬連2760円、3連複3870円、3連単2万8010円。1.2人気は揃って連対を外したことはなく、二桁人気の伏兵馬が馬券圏内に好走しておらず波乱はない。

年齢別の成績では4.5歳馬が5勝(9連対)。6歳上から勝ち馬は出ておらず連対も2連対のみ。4.5歳馬中心のレースと言える。

今年は無敗の3冠馬コントレイル、GI4勝のグランアレグリアやサリオス、ワグネリアンなどのGI馬や、ここまで5戦無敗レイパパレなどがスタンバイ!

競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らない有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGⅠ競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第65回 大阪杯(GI)>

コントレイル・グランアレグリアを
脅かす隠れ穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク