【太秦ステークス2019予想】本命エアアルマス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、太秦ステークスの予想を。エアアルマス、クルークハイト、ヴェンジェンス、ノーブルサターン、クインズサターン、ヨシオなどが出走するダート1800mのオープンクラスのレース。

台風の影響で土曜の東京は中止になり、来週の火曜に開催されるとの事。

3日開催で買うレースを探すのに必死になりすぎてテンションが下がっていたところに4日開催とJRAは本当に萎える事をやってくれます。

そもそも3日開催をしなければこんな事にはなりませんし、有料のJRAVANのメンテを堂々と平日の昼間にする事からしてどうかしてると思っていたので、やはり色々な意味でどうかしてますね。

土曜の京都開催も無理をせずに火曜にズラせばいいものを…。

秋華賞はこの馬が激走する

太秦ステークス

本命はエアアルマス

ダートに転戦して以降、2戦共に圧巻の内容で勝利。初ダートで馬なりで後続をぶっちぎった安芸ステークスは当然見た目通りの強さだったが、前走のエニフステークスでは決して差し馬が有利とは言えない展開の中、砂を被って嫌がってしまい後方からレースを進め直線では大外を回す競馬を選択。

途中までは明らかに届かないと思ったが、終わってみれば楽に前を捉えて最後は流しながらゴールとリステッド競争ではまるで力が違った。

今回は今後のレースの選択肢を増やす意味も込めての距離延長での競馬となるが、この手の血統は案外距離の融通が利く事が多いので、おそらく本馬も極端にパフォーマンスを落としてくる事はないのでは。当然この距離が大きなマイナスにならなければここは力の違いで再び他馬を圧倒する事になるだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は向正面で一気にペースが上がったところでついて行く脚がなくなってしまい大敗してしまったが、中途半端に色気を出して動いてしまった事で脚が溜まらず、本来のこの馬の持ち味が活きずの結果。

今回のメンバーなら前走のような展開にはならない可能性が高く、条件戦の時のような脚をここで使う事が出来れば上位に食い込めるだけの力はあるだろう。

コース替わりや適度に馬場が渋るのもプラスになるので、この条件であれば前走からの大きな変わり身に期待が持てる。

マイネルユキツバキ

平安ステークスはさすがに相手も強かったが、先行馬には厳しい展開だったので、あの相手の中に入って7着に粘れた事を評価したいレース。

決して派手さはないが、並ばれてしぶとい点や立ち回りが上手い点など、混戦になればなるほどこの馬の武器が活きる事になると思うので、馬場を含めて難しいレースとなった今回は気付けば2.3着ぐらいに顔を出していそうな感じも。

クルークハイト

ここ2戦の内容からすると遅咲きのソニンク系の血がいよいよ本格化した印象を受ける。どちらかといえばトリッキーなコース向きな点や牝馬なので血統的に限界がありそうな点など色々と気になる点もある事はあるが、それを差し引いて考えても前走の内容は普通に優秀だったので、勢いそのままにここもある程度の着順は拾ってきそうな気も。

◎エアアルマス
人気ブログランキングへ
▲マイネルユキツバキ
☆クルークハイト
△ラインカリーナ
△ノーブルサターン
△レピアーウィット
△ヴェンジェンス
△ハイランドピーク
△マイネルバサラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年は春の2冠を制したアーモンドアイという不動の主役がおり、結果として見事に3冠を達成することとなったが、夏の上がり馬で5番人気のミッキーチャームが見せ場タップリの2着と好走。3着には前哨戦のローズSを制していたとは言え、オークスでは13着と敗れていたカンタービレが入り、春の力関係通りの決着とはならなかった。ひと夏を越して著しく成長する馬の存在が、秋に勢力図をガラリと変えてしまうことも頭に入れておかねばならない。

今年は桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在と、去年のアーモンドアイのような主役がいない。GI馬は2歳女王ダノンファンタジーのみ、前哨戦のローズSを制したとは言え、圧倒的な強さを見せたとまでは言えぬ内容だっただけに、まだこの馬で決まりとは言えぬ状況。世間的には“混戦”と見る向きが強くなるだろう。そうなると、スポーツ紙やネット上に流布する情報は錯綜、それを元に馬券を買っていては、ますます難解で結論が遠ざかっていく。

重賞・メイン特捜部を擁し、確かな情報を掴むことができるシンクタンクにとって、そうした世間が“混戦”と見るレースこそが絶好の儲けどころになる。今年のGIのポイントとなっているのが“ノーザンファーム”と“外厩”だが、秋華賞はメンバーの半数以上がノーザンファーム生産馬という状況。クロノジェネシス、コントラチェックなどはブッツケでの参戦となり、つまりはマスコミの取材外である“外厩”情報がカギを握る。

そして、もう1つ注目しているのが、同じグループではあるが、ライバルである社台ファームの存在だ。オークス2着馬のカレンブーケドールやシェーングランツなどを送り込む予定で、ここ数年、ノーザンファームに押されっぱなしの状況に一矢報いることができるのかは注目となる。

無論、ここで取り上げた情報は我々が掴んでいるほんの一握りにしか過ぎない。去年も◎○でズバリと3馬券種完全的中をお伝えしたが、今年も高配当決着の使者となり得る馬も既にマークしている。

そこで、今週は秋華賞で当社が掴んでいる関係者情報を【情報注目馬5選】とともに特別無料公開する。“混戦”ムードに惑わされず、ぜひとも本物の馬券に役立つ情報を知ってから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク