【ヴィクトリアマイル2020予想】本命ノームコア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ヴィクトリアマイルの予想を。アーモンドアイ、ラヴズオンリーユー、スカーレットカラー、ダノンファンタジー、サウンドキアラ、コントラチェック、シゲルピンクダイヤなどが出走する芝1600mのG1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

土曜は雨で馬場が不透明だったこともあり、全体的に様子見の一日。

何となくでも傾向を掴む為に午後のレースを中心に馬券を買う事なくテレビでチェックしていましたが、それにしても東京8レースの最後の直線でE.テルヲがD.レーンを差すというレアな結果には痺れました。

最近はテルヲの馬券を買う事も少なくなりましたが、1年に1回ぐらいは七夕賞のパワーポケットのような馬券が取れたりもしますので、普通に買って損はないジョッキーだと思います。

ただ、肝心の馬券は2レース共にそこまで自信はなかったとはいえ、どちらのレースも外してしまい今週はマイナス収支スタートとなってしまったので、日曜は何とか結果が欲しいところ。

では、余談はこれぐらいにして本題の予想へ。

栗東ステークスの記事でも触れましたが、午後のレースで面白そうなレースがあればいつものようにこちらに追記する予定です。

※13:20追記

青竜ステークス

◎イモータルスモーク
〇ダノンファスト
▲タガノビューティー
☆フルデプスリーダー

無難にダノンファストから買う予定だったが、イモータルスモークがあまりにも人気がないので馬券はこちらから。

前走も穴としてそれなりに評価はしていたが、直線で進路がなく不完全燃焼の競馬。気性的に1400m向きの馬なので前走で馬券に絡んで欲しかったというのが本音ではあるが、1600mならまだ許容範囲内とみて思い切ってここは狙ってみる。

今の東京の馬場はベストであろうダノンファスト、絶好枠を引き当てたタガノビューティーの人気2頭はそれなりに強力ではあるが、上手く流れに乗って競馬が出来ればフルデプスリーダーの粘り込みがあっても。

ただ、揉まれるとダメなタイプだと思うので、スタートと道中の位置取りが大きなカギとなりそう。

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

ヴィクトリアマイル

本命はノームコア

積極的に買いたい馬がいない事もあって最終的には消去法で残った馬を印に落とす作業になってしまったが、何回予想しても人気馬が人気通りに走ってくるイメージは湧いて来ないので、それならいつものように穴を狙って事故を待つような買い方で攻めてみたい。

15着と大敗した前走の高松宮記念は久々の競馬に加えて適性外の1200m戦での競馬。よって着順や着差などは全く気にする必要がなく、叩き2走目、本来の持ち場での競馬となる今回は大幅な変わり身に期待が持てそう。

ここまでマイルで崩れてしまったのは2走前の香港マイル(4着)のみで、この時は完全に力負けではあったものの、香港短距離路線でトップクラスの能力を持っているワイクク、ビューティージェネレーションと僅差の競馬が出来た事を褒めるべきか。

前走に続いてこの鞍上が手綱を取れる点も非常に心強く、先週の競馬を見ると今回は思い切った騎乗をしてくる可能性も十分考えられるので、ここは鞍上の手綱捌き込みでこの馬から馬券を組む事にした。

ただ、もともとデビュー2戦目から能力はG1級と言い続けてきた馬を去年本命に出来なかったという失態、前科があるので、何となくこの後追いのような流れは気に入らない(珍しく弱気)。

対抗は穴人気ブログランキングへ

内面に爆弾を抱えているので当然前走のような結果も十分あり得る馬ではあるが、自分の形でリズム良くレース運びが出来れば相当強い勝ち方をするある意味わかりやすいタイプ。距離もマイルぐらいが一番合う印象なので、東京コースさえ克服出来れば大駆けがあっても驚けない。

追い切りの動きを見る感じ調子もほぼ戻ってきた印象を受けるので、この出来であればG1でもそれなりに通用しそうな気もするが。

▲にアーモンドアイ

有馬記念はこの馬らしくない結果となってしまったが、力負けというよりも距離やコースが合わずの結果。更に予定していた香港が中止になるなど最近は歯車が上手く噛み合わない事が続いているが、得意の東京での競馬なら無難に巻き返してくるか。

ただ、追い切りの内容を見るとどうも去年のような前向きさがなくなっている印象を受けるので、この距離でペースが流れた時に反応がワンテンポ遅れてしまう心配もあるにはあるが…。

先週の〇穴ディアセオリーの逆のような考えではあるが、どのみち圧倒的人気に支持される馬であれば、多少嫌ってぶっ飛ぶのを待つのが面白いのでは。

☆穴にビーチサンバ

前走の阪神牝馬ステークスは内枠が影響して最後は伸びを欠いてしまったが、勝ち馬から0.4秒差の4着なら上々の内容。

5着に敗れてしまった2前走の京都牝馬ステークスもゲートが決まらず後方からの競馬になった事に加え、展開が全く向かない中での結果なので、上がり最速の脚を使って掲示板を確保してきた事を評価すべきレースと言えるか。

秋華賞やオークスは明らかに距離が影響しての敗戦で、本来の持ち場であるマイルでは1.2.1.2と桜花賞、そして前走の阪神牝馬ステークス以外ではパーフェクトな成績を残しており、馬券圏外となった桜花賞でも2着馬のシゲルピンクダイヤとは0.1秒差の競馬、そして前走の阪神牝馬ステークスも先ほど書いた内容であれば、休み明けを2度使われた上積みを考えると今回の舞台設定なら久々の好走が見られてもいい気もするが。

◎ノームコア
〇穴人気ブログランキングへ
▲アーモンドアイ
☆穴ビーチサンバ
△シゲルピンクダイヤ
△シャドウディーヴァ
△プリモシーン
△スカーレットカラー
△メジェールスー
△トロワゼトワル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第15回 ヴィクトリアM(G1)>

波乱の立役者となる隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当では馬連で1万1560円、3連複31万62000円、3連単226万7770円と大波乱が多く、15年には2070万5810円の特大馬券が出ている。19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)、10年ニシノブルームーン(11人気・3着)と二桁人気の伏兵が馬券に絡んでいる。

過去10年、ステップレース別の成績(3着以内)では4勝(2着4回)を挙げている阪神牝馬組の成績が目立つ。他には海外組・中山牝馬S組・大阪杯組・高松宮記念組・マイラーズC組がそれぞれ1勝。海外組の連対馬はブエナビスタの1頭で海外でも活躍した名牝。

昨年は◎プリモシーンから馬連3700円的中!一昨年も◎リスグラシューから馬連4080円的中!2016年も◎ミッキークイーンから馬連3510円&3連複6190円ダブル的中と直近4年で3度的中のドル箱GI。

昨年は5番人気ノームコアが1着、18年8番人気ジュールポレールが1着、17年6番人気アドマイヤリード1着、16年7番人気ストレイトガール1着など1番人気は13年のヴィルシーナ以降優勝馬は出ていない。

今年も波乱必至のメンバー構成で、どの馬にもチャンスはありそうだ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚のとある陣営の勝負情報を入手済!有力馬を纏めて負かす可能性十分な人気薄隠れ穴馬の正体とは!?必ず馬券購入前にご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク