【ヴィクトリアマイル2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ヴィクトリアマイルに出走を予定しているソウルスターリング、デンコウアンジュ、ノームコア、フロンテアクイーン、ミッキーチャーム、レッドオルガの最終追い切りに関する記事を。

一応前のようにご迷惑をおかけするのもアレなので事前にお伝えしておこうと思いますが、今日の午前中から自分の体の精密検査がありますので、その結果や病気の進行状況によっては今週末のブログの更新に影響が出てくるかと思いますのでご了承下さい。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着

フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着

ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着

フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着

先週は追い切り注目馬も狙っていきましたがどちらのレースもダメ。特にイベリスに関してはそれなりに動いていたので面白いと思いましたが…。とりあえず平成最後と令和初週は流れに乗る事が出来なかったので、今週はしっかりと馬券も当てて巻き返せるように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

ヴィクトリアマイル最終追い切り

ソウルスターリング

今回は馬に刺激を与える意味も込めて最終追い切りのパターンを大きく変えてきた。その影響もあって随分と素軽さが戻ってきた印象で、馬の活気が久々に良い方向に転んでいる動き。以前は鎧をまとったような大きな筋肉が目に付いていたが、今は牝馬らしいスッキリとした馬体に変化しており、この変化がプラスに出れば巻き返すだけの能力はある馬だろう。今回の動きからするとそろそろ走り頃かもしれない。

デンコウアンジュ

頭の高さ、頸の可動域、そして口もとと気になるポイントは多々みられるも、脚を出すリズムは悪い感じはしない。ただ、年齢的なものなのかフットワークに軽さがなく、身体全体のバランスや動きはあまり目立たない。少しこじんまりとしているのも割り引きたいポイントで、ここにきての勢いは認めるが追い切りの内容は本当に平凡だった。

ノームコア

頭が高くフォームが沈まないが、これはいつもの事なのであまり気にする必要はない。しかし、脚を身体の付け根から出す事が出来ておらず、その影響もあって可動域が少し狭く感じてしまう。脚捌きは軽いが、身体を使えていない事で力強さには欠けるような走りで、今回の動きからすると完調一歩手前といった感じがするも、それでも調教パートナーをあっと言う間に交わした点は馬の能力か。高いレベルでの平凡としておく。

フロンテアクイーン

直線に入ってからの動きがほぼ確認出来ないが、エンジンがかかるとジリジリと脚を伸ばして真ん中の馬を交わす。ただ、相手の勝負根性の高さが素晴らしく、一旦前に出られながらも差し返すしぶとさを見せつけられてしまった。動きは相手と比べると劣って見えるが、馬体を併せて負荷をかけられた事、脚を出すスムーズさなど考えると評価を下げる必要はないだろう。

ミッキーチャーム

多少重心のブレやフォームの乱れはみられるが、一応真っ直ぐ走れてはいる。前脚はあまり前へ出ないが、回転はスムーズで動きはは非常に軽い。楽な手応えではあったが、その割には最後はしっかりとスピードに乗れており、強く追えばもっと伸びたであろう動きだった。

レッドオルガ

先週の動きが物足りない馬だったので色んな意味で今週の動きに注目していたが、今週はガラッと気配を変えてきた。単純な追い切りで馬をみると本当に平凡な動きと言えるが、過去のこの馬の動きと比較するとかなり動けている部類で、ラチを頼らず真っ直ぐ走れていた事、脚をしっかりと前へ出せていた事、そして長く良い脚を使えていた事とどこを取っても確実に馬が良化している印象を受けた。この動きなら巻き返しに期待するのも悪くないかも。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 ヴィクトリアマイル(G1)

この馬は絶対にマークしておくべき!
という存在をキャッチ!
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大半の古馬牝馬にとって、春の大目標となるヴィクトリアマイル。タイトルが欲しい陣営にとっては絶好のチャンスであり、過去10年を遡れば、去年のジュールポレール、アドマイヤリード、ヴィルシーナ、ホエールキャプチャと言った馬達が、ココで初GⅠ制覇を成し遂げているのだ。

今年、現役最強馬と目されるアーモンドアイは安田記念を視野に入れているため参戦せず、GⅠ馬はラッキーライラック、アエロリットなど数少ない状況だ。つまり、伏兵が台頭しやすい状況が整っているとも言える。事実、過去10年で7番人気以下が馬券に絡まなかったのは僅かに1度、10番人気以下が7頭も馬券圏内になっているレースであることを考えても、今年も“波乱ムード”が漂っていることは否めない。

そうなれば、一般マスコミも“混戦ムード”を煽ることは必定。根拠のない人気薄を取り上げることもあれば、危険な人気馬をプッシュするなど、新聞紙面やネット上に流れる“表”の情報は、いつにもましてアテにならないモノが出回ることになる。

だが、そんな状況になればなるほど、弊社シンクタンクの情報力は生きることになる。ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、名馬を手がけた元調教師達を筆頭に、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートして在籍しているから、関係者の本音、すなわち“裏”の話も聞くことができる。だから、各馬のジャッジを的確にすることもできるわけだ。

今年のヴィクトリアマイルでは、「この馬は絶対にマークしておくべき」という存在を既に入手している。そこで、今週は特別にヴィクトリアマイルの関係者情報、そして【◎-穴1点馬券】を無料公開する。どうせ馬券を買うのであれば、世間に流布する情報に惑わされれず、本物の情報を知って頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回 ヴィクトリアマイル(G1)

この馬は絶対にマークしておくべき!
という存在をキャッチ!
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク