【ヴィクトリアマイル2020予想オッズ】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ヴィクトリアマイルに出走を予定しているアーモンドアイ、サウンドキアラ、ラヴズオンリーユーの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

かなり久々に数を打ちまくった週末でした。

東京8R予想結果

1着◎カルヴァリオ
2着×ライバーバード
3着〇リリーバレロ

3連複 2,800円

ド本線ではなかった事と買い目がハマらなかった事もありしょっぱい結果に。ただ、枠、コース適性、展開と3拍子揃いそうな本馬で仕方なしと書いたように、ここの本命は◎カルリーノで揺ぎ無かったので、後は相手というレースでした。とりあえず対抗馬を連れてきてくれたのが唯一の救いでしたが、欲を言えば馬券的にも取りこぼしが欲しかった(2着馬の人気が人気だったので)。

切れるという点からいつもの流れ込みを狙うといった教科書通りの印の打ち方ではなかったので、本命馬が頭で突き抜ける事も当然想定していた訳ですが、このコースで買い方を変更してしまうのはちょっと違う気がするので、どんな形であっても東京芝1400m戦に関しては今後も軸を貫き通します。

メトロポリタンステークス予想結果

11着◎レイホーロマンス

プリンシパルステークス予想結果

1着◎ビターエンダー
2着△ポタジェ
3着〇穴ディアセオリー

3連複 18,800円 3連単 64,540

ワイド 3,260

対抗馬が2着なら3連単が後200円ありましたが、この組み合わせは100円しかなし。ただ、3連複は相当重ねていたので、春一番の大爆発レースとなりました。対抗馬は買える材料が揃っていながらも何故か単勝万馬券という超人気薄だったので、ここはオッズ的にも非常に狙いやすかったです。

流れに乗っている時こそ事故を狙ってこそだと思っていますので、先々週の中央、そしてゴールデンウィークの地方の流れをしっかりと活かせた思います。

※帯まで届きましたか?という問い合わせを数件頂きましたが、残念ながら強く勝負したレースではなかったので無難に数十万の払い戻しでした。対抗馬が仮に2着なら払い戻しが5倍以上違いましたが…。

谷川岳ステークス予想結果

7着◎サトノフェイバー

京都新聞杯予想結果

1着☆ディープボンド
2着△マンオブスピリット
3着◎ファルコニア

3連複 4,540円 3連単 39,450

超棚ぼたレース。ダントツ人気がぶっ飛んだお陰で想像していた以上の配当が跳ねました。ただ、勝負は◎ファルコニアの2着固定の馬単だったので、3連単は100円しか引っかかりませんでした。

上賀茂ステークス予想結果

10着◎サンライズセナ

なかなかの騎乗でしたね。相手が馬券になっていたので無念の結果ではありますが、乗り替わり、人気落ちの次走でもう一度狙いたい。

鞍馬ステークス予想結果

12着◎グランドロワ

展開厳しく馬場も想定外。こちらも次走以降人気落ちで狙えそうな馬なので要チェック。

新潟大賞典予想結果

5着◎インビジブルレイズ

ここは大外れも大外れですが、100回予想してもまず当たらないレースでした。

NHKマイルカップ予想結果

17着◎ハーモニーマゼラン

人気薄を狙っている以上、あの位置取りになる事も予想はしていたので仕方なし。ディアセオリーのような理想的な位置取りで競馬が出来ていれば馬場を考えてもここまで負けるような馬ではなかったと思うので、また次走以降に狙える条件を使ってきたタイミングで印を打ちたいと思います。

先週は土曜大勝ち、日曜貯金を崩すという結果。

午前中のダートでそこそこやれていたのでこのままの勢いで午後も一本ぐらいとは思っていましたが、その一本がいつものように遠かったです。

ただ、久々にかなり大きく貯金を増やす事が出来た週末でしたので、先々週、ゴールデンウィークの地方、そして先週とプラス収支がある程度続いているうちに帯を出せたらと思っていますので、当然今週末も攻めていく予定です。

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

ヴィクトリアマイル一週前追い切り

アーモンドアイ

毛通の良さと馬体の張りが目立っており、この馬にしてはフォームも沈んでいて頸の可動域もいつも以上に広く感じる。追われてからの反応も抜群で、勝負所で一気にエンジンがかかるとあっという間に相手を突き放し、そのまま楽な手応えで調教パートナー2頭を完封。

馬体に柔軟性もあり、脚捌きも非常に力強く感じるので、一週前追い切りの段階では有馬記念以上の出来で出走してくる可能性が高いとみるが…。少なくとも香港を使えなかった影響は皆無と思っていいだろう。

サウンドキアラ

入りから少し外に刺さっているが、胸の広さやフォームに違和感は感じられない。内容は軽く、強い負荷こそかけられていないが、活気のあるリズミカルな動きが目に付いているので、最終追い切りでビシッとやればしっかりと出来てくるのではないだろうか。馬体を見ても枯れた様子は感じられないので、連戦の疲労は一切ないと思ってよさそう。

ラヴズオンリーユー

少しフォームに硬さがあり、脚捌きにも重苦しさが残っているが、調教パートナーが仕掛けるタイミングを待てるだけの余裕があり、相手が仕掛けてきても楽々凌げるだけの手応えを残していたなど、ほぼ動きに関しては隙は感じられなかった。

ただ、全体的に線が細く感じてしまう点は意外で、全体的な筋肉の張りを見てもイマイチ見栄えしないというのが現状。牝馬らしい繊細な面を持ち合わせている馬でもあるので、最終追い切りでは動きというよりも馬体をメインにチェックしていきたい一頭と言えるか。

予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.7
2 サウンドキアラ 5.0
3 ラヴズオンリーユー 5.5
4 ノームコア 10.2
5 プリモシーン 12.7

最後にヴィクトリアマイルの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大半の古馬牝馬にとって、春の最大目標となるレースだが、あくまで“大半”であり、“全て”でないことは頭に入れておかねばならない。

今や牝馬が現役最強というケースが珍しくなくなったため、ヴィクトリアマイルを大目標としない、出走しないケースも増えた。現役最強レベルの馬がココを勝っても、確かにそう箔にならず、賞金面を考えても……ということもあるだろう。

また、3週後には同じ東京マイルの安田記念が控えており、今では香港など海外遠征という選択肢も当たり前となった。有力馬を多数抱える大手牧場にして見れば、“使い分け”しやすい状況にもある。

今年は海外遠征が難しい状況とは言え、ノームコア、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジーといったGI馬が名を連ねるだけでなく、アーモンドアイまでが参戦を表明することになった。

これは、大きな出来事であることは間違いない。

今年はドバイが中止になったが、去年はドバイから安田記念へ直行、3着とは言え致命的な不利を受けており、誰もが「まともであれば勝っていたのでは……」という内容だった。にも関わらず、今年は安田記念でなくココ、この選択が意味する思惑を的確にジャッジする必要がある。

「牝馬同士ならアーモンドアイの1強」

そう断ずる人間は少なくないだろう。

しかし、有馬記念を思い出して欲しい。単勝1倍台の圧倒的人気となりながら9着に大敗。初めて馬券圏外に沈んだ。5馬身差で圧勝したのは当社◎リスグラシューで、5万7860円的中をズバリ◎○大本線1点目的中で仕留めた。

当時も香港遠征を取り止めて急遽の参戦、しかも同じ牝馬のリスグラシューに負けたのは事実なのである。

つまり、「アーモンドアイで決まり!」と、短絡的に考えるのは早計ということだ。

過去を紐解いてみても、ウオッカがエイジアンウインズに敗れ、ブエナビスタも勝ちを逃し、2015年には2000万馬券も飛び出た、ひと筋縄ではいかぬレース。慎重にジャッジせねばならない。

そのために必要なのが、確かな本物の関係者情報。一般ファンでは入手できる代物ではないが、そこは名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師率いる、シンクタンクの重賞メイン特捜部にお任せいただきたい。

ヴィクトリアマイルを攻略すべく、情報収集からデータ分析まで、あらゆる手を尽くしてこのレース攻略に臨んでいる。

無観客競馬、取材規制で一般ファンには、なかなか情報が入りづらい状況を鑑みて、弊社シンクタンクは、特別に関係者情報の無料公開を行っている。

今週はヴィクトリアマイルの情報を、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】とともに公開する。ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク