【ヴィクトリアマイル2021予想】本命マルターズディオサ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ヴィクトリアマイルの予想を。グランアレグリア、ダノンファンタジー、ディアンドル、デゼル、マジックキャスル、ランブリングアレー、レシステンシアなどが出走する芝1600mのG1レース。

なお、こちらのヴィクトリアマイルの勝負度、買い目付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【弥彦ステークス2021予想他】5月16日勝負レース

土曜は中京メイン、都大路ステークスで特大ホームランを後一歩で逃し、久々に膝から崩れ落ちました、というオチを覚悟していましたが、まさかまさかの逆転特大ホームランという嬉しい誤算。

東京の勝負レースもきっちりと的中し、いよいよ本来のゆうちゃりすの予想が戻ってきました。

都大路ステークス予想結果

1着▲マウントゴールド
2着〇マイラプソディ
3着◎ショウナンバルディ

3連複 3,070円

3連単 33,190円

最後は☆が3着だと思い半泣きでしたが、ここはお待たせしましたの印4点のド本線的中の特大ホームラン。勝負度を少し落としてしまったのは失敗ですが、3連複の重ね買いは勿論、3連単の重ね買いもハマるにハマり、半帯まで届くまさかの大回収(仮に勝負度を上げて買えていれば…という結果でしたが、これも競馬)。

予想を参考にして下さっている方からも半帯は勿論、帯一歩手前まで回収出来たというお声を頂戴しました。これは心からおめでとうございますと言いたいです。

このハナ差をモノにした時点で次のレースの勝利も何となく確信出来ましたが、その確信が現実に。

京王杯スプリングカップ予想結果

1着▲ラウダシオン
2着△トゥラヴェスーラ
3着◎カイザーミノル

3連複 16,740円

3連単は後一歩で逃してしまいましたが、得意の1400が何とかハマりました。枠が出た時点で本命は揺るぎなかったですが、道中の位置取り、そして直線に入った時の手応えを見て後は相手だけ、という考えに。

ド本線ではなかったものの、案外配当が跳ねてくれたので、棚ぼたでもここでもある程度回収する事が出来ました。

先週の結果から不調期は少し抜け出せた感じはしたものの、今週で完全に立て直す事が出来た印象ですので、後はこの流れを活かして日曜は更なる大回収を狙えればと思います。

【弥彦ステークス2021予想他】5月16日勝負レース

今日のヴィクトリアマイルと勝負レースはどのレースも本命馬が馬券に絡めば買い方もガッツリハマりそうな気がしますので、本線で仕留めて土曜以上の大回収を狙いたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の大勝負レースヴィクトリアマイル!

本命はグランアレグリアではない!

【ヴィクトリアマイル注目穴馬】

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

中山牝馬S注目馬5選

リアアメリア
ドナアトラエンテ
ロザムール(5人気)→2着
ランブリングアレー(7人気)→1着
サトノダムゼル

【ヴィクトリアマイル注目穴馬】

ヴィクトリアマイル

マルターズディオサ

前走の高松宮記念は休み明け、初のスプリント、そして枠順や馬場など色々と悪条件が揃っての出走となったが、最後は外から上がり34.5秒の脚を使ってあわやの競馬に持ち込んできたので、叩き2走目、得意のマイルでの競馬となる今回は更なる前進に期待が持てそう。

これまで3歳以降のG1では1度も馬券に絡めていないものの、秋華賞は展開、オークスは距離、桜花賞は道悪(高松宮記念は先ほど触れた通り)と地味に敗因がハッキリとしているレースばかりなので、阪神カップや紫苑ステークスなど、ここでも前哨戦の時ぐらい走る事が出来れば十分力は足りてしまうだろう。

その阪神カップではインディチャンプに、紫苑ステークスではマジックキャッスルに先着出来ている事を考えれば今回は人気が地味すぎる印象を受けるので、本馬の持ち味がフルに活きそうな今の東京の馬場なら買えるタイミングと言えるのでは。

ここは先週のNHKマイルカップの◎ソングラインと同じイメージで攻めてみたい。

グランアレグリア

前走の大阪杯は距離と道悪が影響しての着順なので、本来の持ち場であるマイルでの競馬ならさすがに巻き返し濃厚な一戦になりそう。

ただ、これまでマイルでは安田記念やマイルチャンピオンシップなど牡馬が相手のG1でのも結果を残しているので、牝馬限定戦ならそれ以上と思ってしまうかもしれないが、牡馬が相手の厳しい流れがこの馬には合っている事も事実なので、何となく頭鉄板というタイプではなさそうな気も…。

マジックキャッスル

秋華賞でデアリングタクトとタイム差なしの競馬に持ち込み、愛知杯でランブリングアレーを破った実績からしても今回は能力上位と言える存在なので、関東圏での競馬ならG1でも十分出番がある馬と言える。

前走の阪神牝馬ステークスもほぼ勝ちに等しい内容だったので、ヴィクトリアマイルの前哨戦として考えればなかなかいい競馬が出来ていたのではないだろうか。

☆穴人気ブログランキングへ

近走は結果を残す事が出来ていないものの、どのレースも着順ほど大きくは負けていないので、久々に走る条件揃った今回は人気以上に怖さがある一頭と言える。

年齢的なものなのか、全盛期の頃と比較すると道中の行きっぷりが悪くなっている点は気になるが、溜めてもある程度の脚は使えるタイプなので、今の東京の傾向を考えるとこの変化が案外良い方向に転ぶかもしれない。

◎マルターズディオサ
〇グランアレグリア
▲マジックキャッスル
☆穴人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらのヴィクトリアマイルの勝負度、買い目付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【弥彦ステークス2021予想他】5月16日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第16回 ヴィクトリアM(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではダンスインザムード(GI2勝)、ウオッカ(GI7勝)、ブエナビスタ(GI6勝)、アパパネ(GI5勝)、ヴィルシーナ(GI2勝)、ストレイトガール(GI3勝)、アーモンドアイ(GI9勝)など、3冠馬や牡馬相手のGⅠでも勝っている名牝が名を連ねる。

人気別の成績では、1人気【2.3.0.5】、2人気【1.0.1.8】、3人気【0.1.2.7】と1人気が5連対しているが、2.3人気馬はそれぞれ1連対のみとなっている。1人気で優勝したのは昨年のアーモンドアイ、ヴィルシーナの2頭のみ。

過去10年の平均配当では馬連で1万1380円、3連複31万3560円、3連単225万9920円。馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が4度、3連単最高配当は2070万5810円の特大馬券が出ている。

また、二桁人気の伏兵馬では19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)など6頭が馬券に絡み波乱の立役者になっている。

過去の成績からリピーターの好走が目立つ。ノームコアは19年1着・20年3着、ジュールポレールは18年1着・17年3着、ストレイトガールは14年が3着も15.16年を連覇、ヴィルシーナも13.14年を連覇、ホエールキャプチャは12年1着・13年2着など5頭が馬券圏に好走している。

今年はGI4勝のグランアレグリア、19年の2歳女王で前走の高松宮記念2着のレシステンシア、前走の阪神牝馬Sで初重賞制覇したデゼル、ダービー卿CTで牡馬を撃破し初重賞制覇、只今4連勝と勢いに乗るテルツェット、GI馬ダノンファンタジーやリアアメリア、シゲルピンクダイヤなどがスタンバイ。

昨年はアーモンドアイが人気に応えて勝ったが大波乱決着が多い牝馬限定マイルGIでもあり今年のメンバー構成なら大波乱の可能性は大きい。競馬セブンでは波乱の立役者になり得る「隠れ穴馬」の存在を独占スクープ!隠れ穴馬が馬券に絡めば好配当は間違いなし。人気の盲点となり出走する「隠れ穴馬」の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第16回 ヴィクトリアM(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク