【安田記念2019予想】本命サクラアンプルール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、安田記念の予想を。アーモンドアイ、ダノンプレミアム、インディチャンプ、ロジクライ、アエロリット、モズアスコット、ステルヴィオ、フィアーノロマーノなどが出走する芝1600mG1レース。

買い方を変更して2.3週、特に先週はなかなか流れがよかったので、今週も当然のように狙っていきます。

このレースも最近は当たった事がないと思っていましたが、2年前に◎レッドファルクスからマグレで当たっていました。古くは◎ブレイクタイム◎フェアリーキングプローンなど振り回しまくって事故を起こしたレース。今年は少し迷いましたが、結果自分らしく事故を待つ事にしました。

昨日の由比ヶ浜特別は◎レノーアで一本釣り出来ましたので本日もまずは本題の前に得意の東京1400m戦の予想を、と言いたいところですが、日曜は特別レースに組まれていない為、今回は1400m戦でもダート1400戦の予想を公開しておきます。

麦秋ステークス

ミッキーワイルド

1400m戦は黙って教科書通りに印を打つだけで儲かるコースですが、それはダートも同じ。最終的にどのぐらいの人気になるかはわかりませんが、軸は普通にこの馬でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第69回 安田記念 (G1)

昨年は9番人気の関西馬モズアスコットが激走して


3連単【6万3280円】決着


最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

安田記念の3連単勝負買い目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

安田記念

本命はサクラアンプルール

中山の非根幹距離向きというイメージがある馬なので東京、更にマイル戦での競馬というのは違和感があるかもしれないが、ダートを含めて過去には17001800m戦で好走した実績があり、東京でも天皇賞秋で2度大きな見せ場をつくるなどこれらのレース内容からすると案外初の東京マイルは合うのでは?という印象を受ける。

前走の日経賞では鞍上の最高のエスコートあっての3着だが、直線で進路を変更するロスがありながらもエタリオウに0.2秒差まで詰め寄った内容には見所があり、相手のレベルを考えれば力あってこその結果と言える。

去年の有馬記念、天皇賞秋では不利な外枠を引きながらも最後はしっかりと脚を使っており、一昨年の有馬記念は直線で致命的な不利、天皇賞秋では極悪馬場でも見せ場たっぷりの競馬と明らかにG1でも力は足りる馬で、後は少しの運があればという感じか。

基本的に馬体派の強みは初物への強さで、当日の気配からの推奨はオマケのようなもの。本馬は馬体からすると本質はマイラーとは言えないが、追い切りの動きのスムーズさや素軽さ、そしてエンジンがかかってからのスピード感からすると全くダメという感じはしないので、どのみち人気がないこのタイミングで思い切って狙ってみたい。

対抗はインディチャンプ

前走は着順だけみると案外な結果のように思えるが、間隔があいていた割にはよく走っており、上位に入線した相手のレベルも高かっただけに悲観するような内容ではないだろう。この馬に関しては過去に東京でみせたパフォーマンスが圧巻で、あのレース後に安田記念を使ってくるなら厚い印を打ちたいと思っていただけに、ここは相手関係度外視でそれ相応の印を用意した。

今回は前走を使われた上積みを考慮すれば勝ち負け争いに加われるだけの存在だろう。想像以上に人気になっていないので、馬券はここからも軽く買ってみる。

ダノンプレミアム

金鯱賞後には大阪杯は確勝と思っていたが、まさかの距離短縮で本来の持ち場であるマイル路線に駒を進めてきた。今回のコースならアーモンドアイが相手でも負けないと思うのでこの馬を対抗にしてもよかったが、少し癖が強い人気馬という事で3番手で様子を見る事にした。

アーモンドアイ

これといって大きく嫌う理由は見当たらないが、今回は対抗馬やダノンプレミアムが相手なので人気ほどの信頼度はなさそう。前走のドバイも相手に恵まれての勝利なので、過信は禁物とみる。

☆にアエロリット

当初は△評価の予定だったが枠順の差と前走の内容でアーモンドアイよりもこちらを上に取る事にした。ヴィクトリアマイルの1分30秒9という走破時計は普通に優秀で、使われた上積みを考えると今回はもっとやれそう。スタートで後手を踏まず行き切ればチャンスは十分とみた。

◎サクラアンプルール
〇インディチャンプ
▲ダノンプレミアム
☆アエロリット
△スマートオーディン
△ケイアイノーテック
△アーモンドアイ
△サングレーザー
△ステルヴィオ
△ペルシアンナイト
△ロジクライ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 安田記念(G1)

激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
【穴の3連単馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

一時、出走が取り沙汰されていた、香港最強マイラーのビューティージェネレーションの来日は残念ながら実現しなかったが、現役最強馬と目されているアーモンドアイに、復帰2戦を圧巻のパフォーマンスで制したダノンプレミアムが激突。更には、アエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットなどのGI馬が多数参戦を予定しており、例年に比べても注目度は俄然高いと言えよう。

注目度が高くなればなるほど、世に出回る情報は多くなる。しかし、それが有益かどうかの話は別。本音を世間に語るメリットのない関係者がマスコミに語る大部分は建前コメントでしかなく、いわゆる毒にも薬にもならないモノばかり。そこから確信に至る結論を導き出すのは相当困難な話であり、それらを参考に馬券を買っていては、大部分が運に左右されると言わざるを得ない。

また、今の競馬界で最も注目されるべき存在がノーザンファームだ。GIを席巻するノーザンファームの思惑を知らずして馬券購入することなど考えられない話だが、ノーザンファームが有する天栄、しがらきは“外厩”であり、トレセン内の施設ではない。すなわち、新聞記者の取材が及ばないことを意味している。無論、シンクタンクは早くから“外厩”の重要性に着目しており、そこからも情報を入手できるような態勢を整えてきている。競馬界の新たな時代の波にもシッカリと対応している。

マスコミは『アーモンドアイVSダノンプレミアム』の2強対決として煽り立てるかもしれないが、9番人気モズアスコットから的中をお伝えしてた去年や、圧倒的1番人気モーリスが8番人気ロゴタイプに敗れた2016年など、そもそも安田記念はひと筋縄ではいかないレースであり、まだ結論を下すのは早計だと断言しよう。

現段階では公表できないが、ある有力馬の「実は◯◯が良くないのでは……」という話や「ウチの馬が勝ちますよ」と豪語する陣営の存在など、安田記念の情報は続々と入ってきている。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、確かな関係者情報があることを知って頂くべく、今週の安田記念【穴の3連単馬券】を特別に無料公開する。前哨戦の京王杯スプリングCの3連単2万0940円的中、3連単1万8190円的中の東京新聞杯などでも確かな実績を残しているので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 安田記念(G1)

激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
【穴の3連単馬券】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク