【安田記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、安田記念に出走を予定しているダノンプレミアム、アーモンドアイ、アエロリット、インディチャンプ、サングレーザー、フィアーノロマーノ、ペルシアンナイトの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着

先週の追い切り注目馬は目黒記念のルックトゥワイスが3人気で1着。危なそうな人気馬がいたレースでしたが、一応上位人気勢から1頭しっかりと指名出来た事は良かったです。この調子で今週も。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG1馬が多数参戦!

第69回 安田記念 (G1)

昨年は9番人気の関西馬モズアスコットが激走して


3連単【6万3280円】決着


最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

安田記念の3連単勝負買い目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

安田記念最終追い切り

アーモンドアイ

悪化した馬場の中での追い切りとなったが、その馬場を全く苦にする事なく圧巻の動きを披露した。3勝クラスの馬を2頭パートナーに追い切られたが、道中はしっかりと折り合い、直線では身体を大きく使って走り抜け、そこからは相手を突き放すだけのごくごく単純な追い切り。

ただ、追われてからの反応の良さ、スピード、パワー、身体の使い方や可動域と全てにおいて隙がない追い切りで、柔らかなフォームや地面を蹴る力など牝馬らしい面がみられた点にも好感が持てた。

先週のサートゥルナーリアのようにこの隙のなさが逆に大きな弱点となる可能性もあるが、少なくとも動きを見る限りでは普通に強そうな気もする。何かに特化したようなタイプではないが、平均的に高いレベで安定している馬。

アエロリット

なかなか評価が難しい追い切り。前半から脚が外へ流れており、重心もややブレている。刺さりながら走っている点も気になるが、前脚がよく出ている割には進まない点が大きく気になるポイントか。馬体の張りに関しては毛色から判断し難いが、悪い意味で少し皮膚が薄くなっているので、前走からのダメージは少なからずあったのでは。

インディチャンプ

一週前が抜群の動きだったが、今週もそれに匹敵する動き。二週続けて負荷をかけられている点にも好感が持て、追っても追っても全く重心がブレなかった。調教パートナーを子供扱いした事は勿論だが、乗った時のスピードがとにかく絶品だったので、これなら強豪馬が相手でも何とかなりそうな気も。シンプルに良い追い切り。

サングレーザー

フォームは美しく頸もしっかりと使えた動き。脚捌きも軽く軽快に走っているが、追われた時の反応がとにかく悪く、追っても調教パートナーに全くついていく事が出来なかった。走りが軽い分、力強さが全く感じられず、地面を捉える脚がかなり弱く感じるのが反応の悪さに影響しているのでは。好調時と比較すると一枚落ちる動きだった。

ダノンプレミアム

先週の段階である程度内面は出来ていた事もあって今週は馬なりで反応を確かめる程度。先週よりもフォームが沈むようになっており、ストライドが大きく動きが非常に柔らかい。一週前に感じられた馬体の緩さもほぼ解消されており、可動域の広さをみてもきっちりと仕上がったと思っていいのでは。

最後まで自分のリズムで走っていたが、直線では馬が自然と反応して加速出来ており、脚捌きの軽さをみてもこれといって悪い点が見当たらなかった。まず好調。

フィアーノロマーノ

頭が高く脚は外へ流れているが、一応スピードには乗れており、頸の可動域や使い方に関しても違和感は全く感じられない。追われた時の反応もまずまずで、脚の回転の速さと身体の動きが上手く連動したお手本のような走りだった。真っ直ぐ集中して走れている事、最後まで脚を使い切っても息遣いに問題がなかった事などこれといって大きな減点材料は見当たらなかったここは案外やそうな気も。

ペルシアンナイト

外の調教パートナーが邪魔で馬体の張りや前半の動きはほぼ確認出来なかったが、脚もとに柔らかさがあって回転も非常にスムーズに感じた。追われた時の反応はイマイチも、エンジンがかかるとあっという間に相手を交わしているので、ここの伸びからすると馬が終わった様子は一切感じられない。

何よりこの馬に関しては硬さが感じられないのが一番のプラス材料で、これだけ身体を使いながら走れていればある程度態勢は整ったと思っていいだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

良く見える馬が数頭いるレースですが、人気的にはこの馬が一番面白そう。動きだけなら勝ち負け争いに加わってきても全く驚けない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 安田記念>

アーモンドアイ陣営が恐れる穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、一昨年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が7度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGIである。

東京芝1600MのGI戦ではNHKマイルC・馬連1万7200円、3連複9万7390円、3連単41万0680円の特大馬券的中や、ヴィクトリアマイル・馬連3700円的中と本年度も2戦2勝!一昨年の安田記念も7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!

今年は昨年の牝馬三冠馬アーモンドアイが参戦。その他でもダノンプレミアム、アエロリット、ステルヴィオ、モズアスコット、ペルシアンナイト、ケイアイノーティックなどのGI馬が7頭スタンバイ!ドバイターフを優勝しGI5連勝中のアーモンドアイが断然人気となるが、海外遠征後の状態は!?荒れるGI競走でもあり波乱の立役者となる伏兵の激走はあるのか!?最終ジャッジは競馬セブンにお任せください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク