【安田記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、安田記念に出走を予定しているアドマイヤマーズ、ヴァンドギャルド、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、グランアレグリアの最終追い切りに関する記事を。

なお、本日門別で行われる北海道スプリントカップの予想は既に更新済みです。

⇒ 北海道スプリントカップ予想

本来であれば断トツ人気のアーモンドアイの追い切りも入れるのが筋かもしれませんが、コロナで頭がおかしくなったのでしょうか、簡単な文章も理解出来ない強烈なシ〇ク信者が湧いているとの連絡がありましたので、この馬の追い切りの評価に関しては見送る形を取らせて頂きます。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着

先週の追い切り注目馬はさすがのコントレイルは1着。この日は馬券も〇コントレイル▲サリオス◎ヴェルトライゼンデでド本線的中とそれなりにやれたと思いますので、当たればほぼ大爆発している安田記念で2週続けてのド本線、大爆発、そして帯を狙えたらと思っております。

ただ、先日の東京ダービーの24万馬券で相当やらかした気がしますので、今週はこの結果、記憶を頭から完全に消せる事が出来るかどうかがカギを握っていそうです(今年は上位評価の穴が走りまくっていると書いておきながらの失態。同じ間違いを繰り返すようならさっさと引退してしまえ。因みに的中馬券はおさえの馬連100円のみ…)。

安田記念の穴馬3頭

安田記念(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

安田記念(G1)の予想を無料で見る

安田記念最終追い切り

アドマイヤマーズ

先週よりは多少絞れているが、まだ気持ち身体には余裕がある。それでも頸をしっかりと使ってノビノビと走れており、追ってグイっと伸びる辺りがさすがのG1馬といった感じなので、久々でも走れる態勢はほぼ整ったと思っていいか。

この産駒らしく脚捌きも力強くパワフルで、ガツンと張ったトモから来る動きの大きさが仕上がりの良さを物語っている。ただ、スピード感には欠けるような走りとなっているので、今の東京の馬場への適性は少しズレる印象も。

ヴァンドギャルド

発汗は目立つ点は勿論、全体的に悪い意味で脚捌きが軽く、可動域が広い割にはどうも伸びがイマイチに感じてしまう。フォームの安定感や馬体の張りは上々なので、これで弾けないのは何か内面的な原因があるのでは。胸の広さや頸の使い方、走りのリズムも全く崩れていないので、ちょっと物足りなさが残る追い切りとなってしまった。

ただ、単純に馬体だけを見るととても調子が悪いようには見えないので、このひと追いで内面にスイッチが入れば…。

ダノンキングリー

以前のような行きっぷりや動きの派手さは感じられないが、同じく安田記念に出走を予定しているノームコアを追いかけて直線入口で馬体を併せると、そこから一気に弾けて3馬身突き放す内容のある追い切り。ノームコアに関しても決して走っていないという訳ではないので、それだけこちらが動けていたという事になるだろう。

先週の追い切りがかなり不安だったので今週の追い切りの内容が気になっていた一頭ではあるが、最終追いでこれだけ負荷をかけて楽に動けていれば出来に関しては大きな問題はないだろう。

ダノンプレミアム

追われてからの反応が良く、脚の回転の速さと乗った時のスピードは相変わらず素晴らしく見える。ただ、全く身体を使えていない点は気になるポイントで、今回は脚だけで走っている事もあってか可動域がいつも以上に狭く感じてしまった。

若い頃のように荒さがあって気持ちだけで走っているのが本来のこの馬の姿だと思うので、今回は出来は悪くは感じないが、まだもう一段階上があるといった仕上がりとなっているか。ただ、終いの脚だけは非常に際立って見えるが…。

ペルシアンナイト

終始ちぐはぐな動きで頸と脚を出すタイミングは全く合わない。胸も広く馬体にもまだまだ緩さが残っているので、ここを使って次が本番という意味合いが強そうな気もするが。

完全に内面にスイッチは入っているので、色々な意味で走れる態勢は整っていると言えるが、脚もとにも硬さがあって飛節が全く伸びない点からしても、いつもの久々のこの馬らしい動き、馬体といった感じになるか。一応相手には先着出来ているが、良い頃の動きと比較するとまだ足りない。

グランアレグリア

レイエンダを5馬身ほど前に置いて追いかける形となったが、馬なりでリズム良く並びかけ、ゴール前で馬体をびっしりと併せて負荷をかけてきた。脚捌きも軽く、先週よりも馬体がかなり引き締まって見えるので、一週前追い切りで書いた通り順調さを欠いた影響はほぼ無いと思ってよさそう。

短いところを使った事でいつも以上に内面にスイッチが入っている気もするが、レースに行って折り合いを欠くような馬ではないのでここに関しては大きく割り引く必要はないだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

当初はあまり買うつもりはなかったが、この動きを見るとさすがにそれなりの印は必要になるか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 安田記念(G1)>

アーモンドアイ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[3.1.2.4]、2人気[1.0.0.9]、3人気[0.2.3.5]。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGI・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGI・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むGI・6勝)の3頭。

波乱が多い春のマイル王決定戦

昨年はGI初出走のインディチャンプ(4番人気)が優勝。一昨年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、17年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が7度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGIである。

過去10年、ステップレース別では京王杯SC・ダービー卿CT・オープン組が2勝。海外、ヴィクトリアM、高松宮記念、NHKマイルC組が各1勝を挙げている。マイラーズC組は最多の42頭が出走し2着1回3着6回で勝利馬なし。また、牝馬は13頭が出走し[1.1.0.11]で、優勝したウオッカと2着したアエロリットの2頭が連対している。

昨年は不利が響き3着敗れたアーモンドアイ。ヴィクトリアMの勝利でGI7勝目を挙げ、その後の動向に注目されていたが安田記念出走が決定。昨年の雪辱なるか注目だ。その他でも連覇を狙うインディチャンプ、グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンプレミアム、ミスターメロディ、ペルシアンナイトなどGⅠ馬7頭がスタンバイ!

2017の安田記念は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!直近3年で2度的中のマイルGIだが、今年も波乱の演出する隠れ穴馬の存在が!荒れるGI競走でもあり今年も波乱となるのか!?最終ジャッジは競馬セブンにお任せください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク