【安田記念2020予想オッズ】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、安田記念に出走を予定しているアーモンドアイ、インディチャンプ、グランアレグリアの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

本来であれば宴開催中というパターン濃厚ですが、残念ながら今年は自宅待機。この宴はまた来年に持ち越します。

欅ステークス予想結果

5着◎ダノンフェイス

本命と迷ったアディラートをベタに本命にすべきレースでした。

葵ステークス予想結果

8着◎マイネルグリット

東京5R予想結果

6着◎オンリーワンボーイ

日本ダービー予想結果

1着〇コントレイル
2着▲サリオス
3着◎ヴェルトライゼンデ

ワイド 790円 1,830円

3連複 2,480 3連単 5,140

ここは買い目もドンズバでハマって大爆発。本命の人気が人気だったので一応3連単の事故を考えて印は広げましたが、大本線馬券は3連複でも3連単でもなく、相手本線〇▲へのワイド2点だったので、会心の3着でした。

コントレイルは東京スポーツ杯2歳ステークスで馬場のド真ん中からぶっこ抜いた段階で今年のダービー馬はこの馬と思い続けてきたと書いたように、まともならまず負けない、サリオスは今回は相手が東京コースで大きくパフォーマンスを上げてくる可能性が高いだけに、ここで前走の着順をひっくり返すのはそう簡単なものではない、ただ、今年の3歳牡馬の中ではこの馬とコントレイルの能力が少し抜けている印象を受けるので、いつものように直線で早めに抜け出す展開に持ち込めば馬券圏内はしっかりと確保してくるという一応の読みも当たり、3連単もド本線重ね買い、重ね買い、重ね買い、重ね買い、ぐらいまでぶっ刺さりました。

ただ、相変わらず数は当たりませんが、もともとド本線や大事故で帯を狙うスタイルなので、これはこれで良しとしていいのでしょうか…。

とりあえず何となくここは共同通信杯のエイムアンドエンドの法則が当てはまるような結果になる予感がしたので、変な考えを捨ててヴェルトライゼンデを本命に出来た事が全て。

日本ダービーの的中に関しては数年前の◎マイネルフロスト~〇イスラボニータ▲ワンアンドオンリーのワイド5000円2点買い+ボーナスの3連単以降はお金を捨てるレースでしたが、あの時と同じような結果、払い戻して息を吹き返しました。

白百合ステークス予想結果

4着◎メイショウボサツ

目黒記念予想結果

9着◎ボスジラ

脚があっただけに残念な結果。また狙える条件が来ると思うので、皐月賞のヴェルトライゼンデのような人気落ちのタイミングでお金を返してもらいたいと思います。

先週はまず日本ダービーをド本線で的中出来た事は良かったですが、その他は全くダメ。もともと勝負は日本ダービー、目黒記念の2本だったものの、他のレースでも1本はそれなりの的中が欲しかったというのが本音。

そして痛恨だったのはWIN5。あまり点数は購入していませんでしたが、安土城ステークスでグランドロアが勝ち切っていれば…という結果だったので、あの着差での2着はなかなか気持ちが萎えます。

これで下半期のG1は安田記念と宝塚記念を残すのみとなりましたが、日本ダービーのように非常に相性が良いレースだった宝塚記念が残っていますので、今年の流れ的にはここで大爆発、というパターンがありそうな気も…。

ちなみに安田記念は古くは◎ブレイクタイム(この年は年齢的にアレ。ただ、決して購入したとは言ってません)、近年では◎レッドファルクスなど当たる時はとにかくド派手に当たるレースなので、今年も2週連続のド派手が出れば最高ですね。

安田記念一週前追い切り

アーモンドアイ

間隔が詰まっている事を考慮してあえて負荷をかけてこなかったので今回の追い切りで動きを評価するのはどうかと思うが、まだまだ馬体が緩く素軽さには大きく欠けてしまう動きとなっている。

胸も広く、脚捌きもこの馬の過去の動きとの比較になれば非常に鈍く感じるので、当然ではあるがこのままの動きではとても手は出せない。ただ、さすがに最終追い切りではしっかりと動かしてくると思うので、今回は最終追い切りの動きで全てを判断したい一頭。

インディチャンプ

途中相手の出方を待つが、結局馬体を併せたのは一瞬で、軽く追われただけであっという間に相手を置き去りにしてそのままぶっちぎる圧巻の動きを披露。かなり早めに仕掛けられた事もあって最後まで脚は持たなかったが、それでも脚がバラバラになる事もなくしっかりと走り切っていたので、今回は前半の動きを高く評価しておきたい。

グランアレグリア

この厩舎らしい緩めの追い切りではあるが、直線ではしっかりと相手を意識して内面にスイッチを入れる事が出来ていた点は評価出来る。適度に沈むフォームも美しく、最後は手応えを十分に残したまま馬なりで併入とやれるだけの事はやったという追い切りとなっているので、順調さを欠いた影響はほぼ無いと思っていいだろう。

予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.6
2 インディチャンプ 4.4
3 ダノンキングリー 8.0
4 グランアレグリア 9.7
5 ダノンプレミアム 11.2

最後に安田記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

案外組み合わせ次第では波乱がありそうなレースなので、アーモンドアイが居ても当然自分らしく2週続けての帯を平気な顔で狙います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 安田記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

もとより豪華メンバーが揃う見立てではあったが、出走予定馬のほとんどがGI馬という錚々たる顔ぶれに、ヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイの電撃参戦が決定。最大の注目を集める存在になることは間違いない。

前走はノーステッキで4馬身差、GIとも思えぬ楽勝のインパクトは大。一般マスコミもその内容を手放しで称賛、言い方は良くないが、過剰に感動をアオるような報道も散見された。

『あの再現を……』という、世間の期待感は高まっている。

しかし、そう簡単に勝たせて貰えるほど、安田記念は甘いだろうか?

ヴィクトリアマイルはあくまで牝馬同士、今度はGI馬がずらりと揃い、去年の覇者インディチャンプ、香港マイルを制したアドマイヤマーズなどの実力馬たちが待ち構えている。

また、アーモンドアイにとって初めてとなる中2週での参戦。レース間隔を詰めるリスクを冒してまで参戦する意図とは……。

リスグラシューから5万馬券的中を掴み獲った有馬記念で、弊社シンクタンクはなぜ、9着に敗れたアーモンドアイを軽視したのか。

そして、ヴィクトリアマイルでは、アーモンドアイに迷わず本命を打ち3馬券種完全的中となったのか。

それは、表には出ない、陣営の思惑や裏事情をしっかりと把握し、的確にジャッジできる情報網を持っているからに他ならない。

無論、安田記念の焦点はアーモンドアイだけではない。去年は使い分けを続けてきたダノンが、いよいよ3頭出しに踏み切ったことや、今の競馬界において、その存在を無視することができないノーザンファームの思惑など、攻略には様々な情報を掴んでおく必要がある。

こういった関係者の思惑を、トレセンの取材に偏るマスコミだけでまかなえるはずもなく、そこから発信される情報を頼りにする一般ファンでは、ほぼ知る術がない。

だからこそ、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、名馬を育てた競馬界の大物OBを筆頭に、厩舎や騎手、馬主や牧場、エージェントや外厩と、あらゆる関係者から電話、メール、LINEなどで個別に情報を聞くことができる情報ルートが多数在籍するシンクタンクの情報を頼りにしていただきたい。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、もっと競馬を楽しんでもらう、奥深さをしってもらうため、弊社が独占的に入手している関係者情報を特別無料公開している。

今週は特別も特別、安田記念の関係者情報と馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。アーモンドアイから馬券を買う方も買わない方も、とにかく必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 安田記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク