【安田記念2021予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、安田記念に出走を予定しているインディチャンプ、サリオスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

なお、安田記念の買い目、勝負度付きフル予想に加え、日曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【安田記念2021予想他】6月6日勝負レース

張り切った先週はダメな週。

終わってみれば東京のCコースに泣かされた事に加え、馬場がある程度読めていた中京を捨ててしまった事が全てだった気がします。

特に白百合ステークスはもう少し安くなると思っていましたが、ここの配当が想像以上に跳ねてしまったので、非常に痛すぎる見送りでした。

欅ステークス予想結果

1着◎タガノビューティー

志摩ステークス予想結果

5着◎ステイオンザトップ

出負けと直線でのロスが痛かった。ただ、これも競馬。

葵ステークス予想結果

7着◎マリーナ

直線では一瞬あるかと思いましたが、見せ場たっぷり止まりの7着。荒れるとわかっていても取れないのも競馬。

東京6レース予想結果

3着◎ヴェールクレール

むらさき賞予想結果

15着◎セイウンヴィーナス

日本ダービー予想結果

9着◎バジオウ

1人気の馬が勝てないであろうとわかっていても取れないのが競馬。さすがに勝ち馬を1着にマーク出来る柔軟な頭は自分にはなかったです。

激流になると思ったがならず、本命馬は先行出来ず、サトノレイナスは追い込まずとほぼ全てにおいて読みが逆になってしまったレースでした。

ただ、本命馬は自分の形に持ち込めなかったものの、最後はある程度伸びていたので、相手を考えると頑張った部類に入るでしょう。またどこかで狙いたい。

目黒記念予想結果

11着◎ムイトオブリガード

今週の一番の問題はここ。さすがにもう少しやれると思いましたが、ここまで負けるか。3着に誰やねんという馬も来ていますし、ダービー同様に100回予想しても取れないレースでしたね。

という感じで先々週のような派手な馬券は取れず、大きく貯金を崩してしまった週でした。すみません。

まずはしっかりと傾向を掴む為にもしっかりと復習をしておきたいですが、今週末は土日共に後半に東京1400m戦が組まれていますので、京王杯スプリング、高尾特別、フリーウェイステークス、そして先週の東京6レースと現在4戦連続でお世話になっている得意の舞台での巻き返しを狙います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は荒れるぞ安田記念!

本命は断トツ人気のグランアレグリアではない!

【安田記念注目穴馬】

オークス情報注目馬5選

スルーセブンシーズ
アカイトリノムスメ(2人気)→2着
ユーバーレーベン(3人気)→1着
ソダシ
ステラリア

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

【安田記念注目穴馬】

安田記念一週前追い切り

インディチャンプ

いつも追い切りでは派手に動く馬ではあるが、今週もこれまで通りなかなか派手な動きを披露してきた。前半は少しエンジンのかかりが遅くもたつく場面も見られたが、相手に並んでスイッチが入ってからの伸びはさすがの一言で、負荷をかける相手を早い段階で置き去りにしてその後はいつも通りの一人旅。

これでもまだまだひばらやトモのラインに緩さが残っている事や最後も軽く流して走っている事を考えると最終追い切りの内容が非常に楽しみになったと言えるので、今週馬体が絞れれば最後はもっと弾けてもいいのでは。

サリオス

かなり馬体に余裕がある事もあって動きがいつも以上にゴトゴトして見えるが、もともとスピードだけではなく力強さも兼ね備えたタイプだったので、これはこれで悪い印象は受けない。

直線追われてから少し難しい面を見せるが、加速してからの動きは安定しており、ほぼ馬なりのまま相手の前に出て走り切った点からするとまずまずの追い切りを消化出来たと思ってよさそう。

ただ、G1なだけにさすがに馬体がいくらか絞れてこない事には話にならないと思うので、この馬に関しては動き以上に今週どこまで馬体が絞れるかがカギを握っている。

予想オッズ

1 グランアレグリア 1.4
2 サリオス 6.0
3 インディチャンプ 8.3
4 ラウダシオン 9.3
5 シュネルマイスター 9.7

最後に安田記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、安田記念の買い目、勝負度付きフル予想に加え、日曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【安田記念2021予想他】6月6日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.3.2.4]。
1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むGⅠ・6勝)の3頭。

昨年はグランアレグリア(3番人気)が断然人気のアーモンドアイ(単勝1.3倍)を負かし優勝、一昨年はGI初出走のインディチャンプ(4番人気)がGI制覇。18年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、17年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。
16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が6度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGⅠである。

過去10年、ステップレース別では京王杯SC・ダービー卿CT・高松宮記念組が2勝。前走国内GI組は【3.5.2.30】と8頭が連対。また、牝馬は16頭が出走し[1.3.0.12]、昨年のグランアレグリア・アーモンドアイのワンツーフィニッシュ、18年17年に2着したアエロリットの3頭が連対している。

過去10年の年齢別の成績では4歳馬が4勝を挙げ、3年連続で優勝している。出走頭数の多い4~6歳馬の活躍が目立つ。

今年は昨年の覇者で前走のヴィクトリアマイルでGI5勝目を挙げたグランアリグレリアが出走。GI5勝中4勝がマイルGIでもありベストパフォーマンスを出せる条件。昨年に続き連覇なるか注目だ。

その他では今年のNHKマイルCの覇者シュネルマイスター、19年の安田記念優勝馬インディチャンプ、19年朝日杯FS優勝馬サリオス、20年NHKマイルC優勝馬ラウダシオン、17年朝日杯FS優勝馬ダノンプレミアムなどのGI馬6頭がスタンバイ!

2017の安田記念は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!直近4年で2度的中のマイルGⅠだが、今年も波乱の演出する隠れ穴馬の存在を独占スクープ!隠れ穴馬が馬券に絡めば好配当馬券間違いなし!馬券購入前に「隠れ穴馬」を必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク