【弥生賞2020予想】本命ブラックホール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、弥生賞の予想を。サトノフラッグ、ワーケア、オーソリティ、オーロアドーネなどが出走する芝2000mのG2レース。

ひと昔前まではかなりメンバーが揃うレースでしたが、近年は共同通信杯ローテや皐月賞直行ローテなどが主流となった事もあって以前よりもメンバーが薄くなってきた印象。

なお、日曜も土曜に続いて例のメモを残しますが気にしないで下さい。

中山

1R★ロッソビアンコ

8R★ブルースカイハーツ

11R★エンデュミオン

阪神

12R★ルドルフィーナ

中京

2R★ナバテア

3R★シティリズム、★タマノアドレ

12R★ダノンチャンス

こちらの答え合わせも後ほど。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

弥生賞

本命はブラックホール

前走のホープフルステークスは大敗してしまったが、いつもよりも位置取りが前になってしまった事でこの馬の良さが引き出されなかった事が敗因なので、力を出し切っての結果ではない事は確か。

おそらく今回は前走の失敗を活かして脚を溜める競馬をしてくると思うので、この馬本来の競馬が出来ればまた違った結果にも期待が持てるのではないだろうか。

2走前の札幌2歳ステークスでは差しが決まる馬場、展開だったとはいえ、コース形状を考えるとかなり強い競馬で勝利しており、この時に内で上手く立ち回ったダーリントンホールがその後の共同通信杯を勝利している事を考えると、本馬の能力もそれなりに高いと言えるのが自然な答えでは。

更に初戦でも致命的な位置からレース運びをしてオーソリティとタイム差無しの競馬に持ち込んでいるので、そのオーソリティが上位人気に支持されるレースなら、オーソリティよりも強い競馬をしながらも人気が下のこちらを買いたくなってしまう。

現役時代に中山の重賞で結果を残したゴールドシップ、ブルーリッジリバーの血を引く馬なので中山も問題なく走ってくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

上位に入線した馬とは真逆の位置取りからレースを進めて見せ場たっぷりの競馬に持ち込んだ前走の内容からすると重賞のタイトルに手が届くのは時間の問題だと思うので、今回の相手であればまず勝ち負け争いに加わってくる存在と言える。

これまでの競馬を見ると今後は左回り、距離延長で化けてきそうな気もするが、立ち回りが下手な馬でもないので中山コースでも大きく割り引く必要はないだろう。

これは余談になるが、非常に仔出しの良い母なので、この血統は兄弟含めて追いかけても損はない。

▲にオーソリティ

ホープフルステークスは強気な競馬と馬場が合わず最後は勝ち馬に離されてしまったが、それでも大きく垂れる事なく粘った点を評価すべきレース。今回は展開面や馬場も味方しそうなので、前走のような競馬に持ち込めばあっさりまであるだろう。気になる点を挙げるとすればやはり鞍上になるか。

☆穴にパンサラッテ

条件的にはスプリングステークスの方が合いそうな気もするが立ち回りが上手いタイプなので、今回の条件であれば距離は誤魔化しが利くだろう。同じ距離、コースで行われたホープフルステークスでも厳しい展開の中でそれなりに頑張っていたので、気分良く自分のリズムでレース運びが出来れば残り目があってもよさそう。

もう一頭大穴で△エンデュミオンをダメ元で買っておく。

前走は全く競馬にならなかったが、本来は坂のあるコース向きの馬だと思うので、絶好枠を引き当てた今回は大事故狙いで少しだけでも買っておきたい。母も父も中山を得意としていたので、血統面での怖さもある馬と言えるだろう。

◎ブラックホール
人気ブログランキングへ
▲オーソリティ
☆穴パンサラッテ
△大穴エンデュミオン
△サトノフラッグ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

万が一を考えて☆穴、△大穴~〇▲△の馬券は買うつもり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 弥生賞(G2)>

ワーケアは皐月賞の前哨戦を勝てる?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気の成績は、1人気[5.1.0.4]、2人気[2.2.2.4]、3人気[0.1.1.8]と1人気が5勝と好成績。また、1人気で勝利した5頭中4頭が単勝1倍台の圧倒的人気だった。平均配当は、馬連1万0430円、3連複1万4610円、3連単13万1050円。

ステップレース別の成績では朝日杯FS(2勝)・若駒S(2勝)他、ラジオNIKKEI賞、東スポ杯2歳S、500万下、京都2歳S、共同通信杯、きさらぎ賞が1勝を挙げている。中でも朝日杯FS組みは10頭が出走し8頭が馬券圏内に入っている。東スポ杯2歳S組みも2頭が出走し共に連対。朝日杯FS・東スポ杯2歳S組は要注意だ。

今年はホープフルS3着ワーケア(3戦2勝)、2連勝中サトノフラッグ(3戦2勝)、札幌2歳S1着ブラックホールなどが参戦。弥生賞は直近6年で4度的中!競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク