【米子ステークス2020予想】本命カテドラル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、米子ステークスの予想を。スマイルカナ、ダノンチェイサー、ミッキーブリランテ、カツジ、レッドヴェイロン、プロディガルサンなどが出走する芝1600mのリステッド競争。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

当初はこちらの予想は見送る予定でしたが、土曜がかなり軽い更新だったので、今週は日曜に数を打っていく事にします。

ユニコーンSの穴馬3頭

ユニコーンS(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ユニコーンSの予想を無料で見る

米子ステークス

本命はカテドラル

前走の京都金杯は派手に人気を裏切ってしまったが、最後モタれ気味になっていた事を考えると力を要する馬場が影響しての着順か。よって馬場さえまともであれば軽く巻き返してくるだけの力はある馬と言えるだろう。

実際に2のマイルチャンピオンシップでは直線少しスムーズさを欠く場面がありながらも、メンバー最速の脚を使って勝ち馬インディチャンプとは0.5秒差の競馬に持ち込んでいるので、ここまで相手関係が楽になるレースであれば約5ヵ月ぶりの競馬でもいきなりから勝ち負け争いに加わってくる可能性が高いのでは。

中間の雨の影響がこれ以上残るようなら多少の割り引きが必要となったかもしれないが、当日は幸いにも良馬場で競馬が出来そうなので、今回はこの馬の決め手が最大限に活きるとみた。

対抗は穴人気ブログランキングへ

近走は全く結果を出す事が出来ていないが、ハイレベルな一戦となった4走前のレース内容からするとここで終わるような馬ではないと思うので、得意の阪神での競馬となる今回はさすがに変わってくるのでは。おそらく逃げるであろうスマイルカナがガンガン飛ばすような展開になれば、最後はきっちりと流れ込めるとみた。

▲にダノンチェイサー

長期休み明けなのである程度の割り引きは必要かもしれないが、実績は今回のメンバーの中に入れば抜けている印象を受けるので、6~7割程度の仕上がりでもそれなりに格好はつけてくるか。後は乗れていない鞍上が足を引っ張らなければ。

☆にスマイルカナ

オークスは明らかに距離が長く参考外。桜花賞、フェアリーステークスのように本来の持ち場で自分の形に持ち込めばかなりしぶとい馬で、今回は裸同然であるハンデ50キロで競馬が出来る点も大きなプラスになるだろう。

◎カテドラル
〇穴人気ブログランキングへ
▲ダノンチェイサー
☆スマイルカナ
△レッドヴェイロン
△クライムメジェー
△ミッキーブリランテ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第27回 函館スプリントS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1番人気が過去10年でわずかに1勝、現在8連敗中、連絡みすら2012年に遡らねばならない。最後に連対したのがロードカナロア、勝利したのは前年のカレンチャンと、このレベルのGI馬でなければ好走できていない、1番人気にとって鬼門のレースだ。

特大万馬券決着もしばしば、荒れるのが恒例となっているのは、何も偶然ではない。洋芝の小回りコース、別定戦かつ3歳馬の参戦で、上から下の斤量差が大きくなり、純粋な能力だけで図れない条件が揃いも揃っている。

そこに、サマースプリントシリーズの第1戦、スプリンターズSの前哨戦してココを使う馬も出走することもあり、陣営の思惑は多岐にわたる。

人員不足の一般マスコミや、一般ファンが入手できるレベルの情報では馬券攻略は極めて困難、頭を悩ましていることは、過去の配当がハッキリと示している。

こんな難解なレースでも、本物の関係者情報を入手することができる弊社シンクタンクは、2017年には5万5520円的中、2018年にも1万1690円的中など万馬券的中を仕留めている。世間が“難解”とジャッジするレースほど、我々にとっては高配当を狙い撃つ絶好の機会となるのだ。

今週は特別に函館スプリントSで、弊社が入手している関係者情報、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。馬券を買う予定がある方は、ぜひとも新聞やSNS、ネット上で入手できる情報のみに頼らず、この情報を見ることを強くオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第27回 函館スプリントS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク