【ユニコーンステークス2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日はユニコーンステークスに出走を予定しているルヴァンスレーヴ、グリム、ハーベストムーン、バイラ、リョーノテソーロ、グレートタイム、タイセイアベニールの最終追い切りに関する記事を。

函館SSの最終追い切り、その他週末の予想に関してはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 函館スプリントS(G3)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

ユニコーンステークス最終追い切り

ルヴァンスレーヴ

調教パートナーに遅れはしたものの、フォームに乱れはなく安定した動きを披露した。ただ、そのパートナーが終始手綱を抑えていた点だけは気になってしまう。それでも単純に動きだけをみると決して悪い感じはなく、むしろ馬場が悪い中でよく脚を上げて走れている方だと思う。ラスト追われてからの反応はイマイチだったがしっかりと負荷はかかっているので最低限の出来にはあるとみる。

グリム

終始ラチを頼っている感じはするが真っ直ぐと走れており、頭の高さ、重心も安定したフォーム。ただ、追われてから若干のブレがみられたので、やはりラチを頼っていた感は否めない。それでも動きは豪快で、脚を前へ出して力強く地面をかきこんでいる点からすると出来はなかなか良さそう。まだ若さを感じさせる走りではあるが、最終追い切りとしては合格点。

ハーベストムーン

頭が高く頸と脚のリズムがイマイチ合わない。重心のブレこそ感じないが、道中少しヨレてしまうような場面もみられ、走りはまだまだ粗い。ただ、追われてからの反応はなかなかで、スピードに乗ってからの動きは安定している。全体的に硬い感じもするが、可動域に関してはそこそこ広い。器用なタイプではなさそう。

バイラ

右へ左へふらふらと走っており、重心のブレも目立つ。まだがむしゃらに走っている感じで馬が若すぎる。それでも強く追われてはいないが最後までしっかりと脚を使って走れており、走り方さえ安定すればそれなりに走ってきそうなタイプと言える。飛節も良く伸びていて力強さは感じられる走りと言えるので、状態面に関しては悪い感じはしない。

リョーノテソーロ

フォームもぐっと沈み頸と脚のリズムも抜群。回転が速い割には力強さもあり、可動域も広い。しっかりと負荷もかけられており、追われてからはぐいぐいと伸びて調教パートナーを突き放す。馬格がある割には脚捌きも軽く、スピードに乗ってからは最後まで止まらなかった。動きから単純なダート馬という感じはしないが、調子は非常に良さそう。

グレートタイム

動きは可もなく不可もなくといった感じではあるが、頭の位置や重心は安定しており、スムーズに脚が出ている点を考えると悪い印象は受けない。ただ、並んでから弾ける事もなく、手応えからするともう少し動けても、という感じも。全てにおいて平均点。

タイセイアベニール

線が細いので力強さこそ全く感じられないが、ヨレることなく真っ直ぐと走れており、脚も最低限上がっている。少し硬さが残っている影響か、可動域はやや狭い。最後まで走り切れている点は褒められるポイント。

最後に最終追い切りで動きが良く見えた馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここも動きだけみると人気馬が少し怪しい感じがする。その中でもこの馬の動きは目立っており、今回は不安よりも期待の方が大きい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GI・6勝)、アグネスデジタル(GI・6勝)、タイキシャト ル(GI・5勝)、ユートピア(GI・3勝)、ウイングアロー(GI・2勝)など芝のGIでも活躍 した名馬がいる。近年ではゴールドドリーム(GI・3勝)、ノンコノユメ(GI・2勝)、ベ ストウォーリア(GI・2勝)などのGI馬を輩出(地方交流含む)している。

過去10年の人気別の成績では、1人気【4.3.0.4】、2人気【3.3.1.3】、3人気 【3.1.4.2】と優勝馬は全て上位人気馬となっている。平均配当では、馬連2520円。3 連複8280円、3連単4万7490円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すこともなく、二桁人 気馬の好走もなく荒れるレースではない。

過去10年の優勝馬10頭中9頭は東京ダート1600Mでの勝ち鞍があるかダート戦無敗馬だ った。今年の出走予定馬ではルヴァンスレーヴ、グリム、イダペガサス、ダンケシェ ーン、ルッジェーロ、トキノパイレーツ、ホウショウナウ、ミックベンハー、レピアーウィットが該当する。

過去にGI馬を輩出している出世レースだけに注目の戦だ。実は、競馬セブンでは激走必至の人気薄情報馬の存在を極秘スクープ!波乱の立役者と成り得る裏情報を入手済!今後もダート界で中心に成り得る大物だけに目が離せない!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク