【ユニコーンステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ユニコーンステークスに出走を予定しているヴァイトブリック、ヴァニラアイス、サトノギャロス、デュープロセス、デアフルーグ、ノーヴァレンダの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着
メールドグラース 1人気1着
インディチャンプ 4人気1着
モーヴサファイア 2人気6着
ダノンキングダム 4人気12着

2週続けて追い切り注目馬の好走が続いていましたが、残念ながら先週はダメ。今週もG1はありませんが、日曜に重賞が2つ組まれていますので、どちらも結果が出せるように頑張ります。

ユニコーンS最終追い切り

ヴァイトブリック

熱くなる気性を考慮して最短のスケジュールで入厩。3頭併せの最内、一番後ろから2頭を追いかける形となったが、折り合い面を気にして緩く入った事で2頭に先着を許してしまう。内容だけみると少し物足りなさを感じてしまうが、フォームやリズム、脚捌きとどこも大きな違和感は感じられないので、今回の遅れに関しては何も気にする必要はないだろう。

最後は前の馬を抜かそうとする仕草も見せており、前半から負荷をかけていればおそらく突き抜けていたのでは。馬体の張りを見ても馬は出来ている。

ヴァニラアイス

この父にしてはかなり内面がしっかりとしたタイプ。フォームも安定していて真っ直ぐ綺麗に脚を伸ばしてきた。骨格の影響もあってどちらかといえばスピードタイプではあるが、長くいい脚を使えるタイプなのでこの馬の長所を活かせる展開、馬場になれば面白いのでは。とりあえず調子は良さそう。

サトノギャロス

胸は広いがスピードが外へ流れるような事はない。独特な走り方ではあるが、フォームは安定していてリズムに狂いもみられない。ただ、直線で調教パートナーを突き放すが、最後はこちらの脚もあがっており、この着差などで状態を判断するのは危険といえるだろう。動きは悪くないがこれといって大きく目立つ事もなかった。

デュープロセス

頭の高さが目に付くが、一応リズムは取れている。馬体、骨格、脚捌きからするとパワー寄りに出たタイプなので、スピードを必要とする展開や馬場になった時に少し不安が残る。一応馬は出来ているが、大きく何かに特化したようなタイプではないので人気を考えると高いレベルで平凡という評価が妥当ではないだろうか。

デアフルーグ

少し追われてからモタつく場面はみられたが、エンジンがかかってからの伸びは素晴らしく、調教パートナーをあっという間に交わし去ってからは一人旅。普通に最後まで追い続けていれば着差はもっと広がっただろう。可動域も広く、沈むようなフォームも素晴らしかった。まず好調。

ノーヴァレンダ

先週の追い切りから大きく変わった様子は感じられないが、これといって割り引くようなポイントも見当たらない。相変わらず反応の良さは目立っており、直線ではしっかりと負荷をかけられて相手の前へ出る事が出来た。ただ、相手が馬なりで楽に並びかけて来た事は想定外で、どちらかといえば本馬よりも相手を評価したい追い切りではあった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この動きならまず勝ち負けでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第24回 ユニコーンS>

4連勝中デュープロセスを
脅かす穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GI・6勝)、アグネスデジタル(GI・6勝)、タイキシャトル(GI・5勝)、ユートピア(GI・3勝)、ウイングアロー(GI・2勝)など芝のGIでも活躍した名馬がいる。近年ではゴールドドリーム(GI・3勝)、ノンコノユメ(GI・2勝)、ベストウォーリア(GI・2勝)などのGI馬を輩出(地方交流含む)。昨年の覇者ルヴァンスレーヴもユニコーンSを勝ち、地方交流GI(Jpn)を2連勝してチャンピオンズC(GI)も勝ち上がっている。

ここまでダートで5戦4勝連対率100%、只今4連勝中のデュープロセスが出走。その他ではニュージーランドTの覇者ワイドファラオが初ダート使いで重賞2勝目を狙う。また、ダート戦4戦3勝、連対率100%のデアフルーグやヴァニラアイス、ヴァイトブリック、ダンツキャッスルなどがスタンバイ!過去にGI馬を輩出している出世レースだけに注目の戦だ。

過去9年で7度的中、只今3年連続的中のドル箱ダート重賞!昨年は◎ルヴァンスレーヴから2万2430円の万券含むパーフェクト的中!今年も確信の本命馬◎や、激走必至の人気薄情報馬の存在を極秘スクープ!波乱の立役者と成り得る裏情報を入手済!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク