【ユニコーンステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ユニコーンステークスに出走を予定しているカフェファラオ、レッチェバロック、デュードヴァン、フルフラット、タガノビューティーの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着
ラヴズオンリーユー 1人気2着
ダノンキングリー 5人気7着
センテリュオ 2人気2着
サトノアーサー 1人気6着

ユニコーンSの穴馬3頭

ユニコーンS(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ユニコーンSの予想を無料で見る

ユニコーンS最終追い切り

カフェファラオ

手綱を取るレーンを背に追い切られた。古馬の調教パートナーを相手に2馬身先行する形となったが、身体を大きく使った迫力のある走りが目に付いている。最後も馬なりでしっかりと加速し、鋭く伸びて好時計をマークするなど調子は非常に良さそうな印象を受けた。

まだ馬体を持て余している感はあるものの、現時点でも完成度はなかなか高い馬と言えるので、ここは積まれているエンジンの違いで他馬を圧倒してくる可能性も十分考えられるか。

レッチェバロック

前半から気分よく入り、そのスピードを維持したまま走り切るなど短距離馬としての素質は相当高そうな一頭。逆にいえばマイルという距離は少し長い印象なので、この距離でそのまま押し切れるかどうかは少し怪しい感じもするが…。

ぎゅっと詰まりのある胴やガツンとした筋肉を見てもまず距離が延びて良い印象は受けないので、レースでは力関係以上にそちらが課題となりそう。

デュードヴァン

先週の追い切りが可もなく不可もなくといった感じだったが、今週も馬なりだったとはいえ、素軽い脚捌きと躍動感のある動きが目に付いている。

古馬3勝クラスの馬を5馬身ほど前に置いて追いかける形となったが、直線では楽々と追いついて併入とここまで動きが変わればまず力は出し切ってくるだろう。

フルフラット

この厩舎らしい追い切りだったが、迫力満点の力強い動きは圧巻の一言。脚が流れたり重心のブレが見られるなどまだまだ幼い面も見られるものの、乗った時のスピードは素晴らしく、手応えを十分に残したまま走り切った点からすると単純なスピード勝負になればこの馬が頭一つリードしている印象を受ける。

ただ、ガツガツと走る姿を見ると東京の馬場への適性は微妙のような気もするので、この馬に関しては馬場が渋った方が面白いのではないだろうか。

タガノビューティー

馬なりでの調整だったが、勝負所の反応が悪く、追っても全く弾けない情けない追い切り。最後まで前の馬を抜かそうという気もなく、そのまま流れるようにしてフィニッシュとちょっと不安が先行する追い切りとなってしまった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 ユニコーンS(G3)>

砂の出世レースに
人気薄隠れ穴馬が出走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GI・6勝)、アグネスデジタル(GI・6勝)、タイキシャトル(GI・5勝)、ユートピア(GI・3勝)、ウイングアロー(GI・2勝)など芝のGIでも活躍した名馬がいる。近年ではゴールドドリーム(GI・3勝)、ノンコノユメ(GI・2勝)、ベストウォーリア(GI・2勝)などのGI馬を輩出(地方交流含む)。昨年の覇者ワイドファラオ、一昨年の覇者ルヴァンスレーヴもユニコーンSを勝ち、地方交流GI(Jpn)を勝ち上がっている。

過去10年の人気別の成績では、1人気【3.3.0.4】、2人気【3.3.1.3】、3人気【4.1.3.2】と優勝馬は全て上位人気馬となっている。平均配当では、馬連2750円。3連複8680円、3連単4万9780円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すこともなく、二桁人気馬の好走もなく荒れるレースではない。

ここまでダート戦は3戦無敗のデュードヴァンが出走。その他では2戦2勝のカフェファラオ、端午Sの覇者サトノリファール、サウジアラビアで日本調教馬初勝利を挙げたフルフラットなどが参戦。過去にGI馬を輩出している出世レースだけに注目の1戦だ。

過去10年で8度的中、只今4年連続的中のドル箱ダート重賞!昨年は◎ワイドファラオから2万2120円の万券含むパーフェクト的中!一昨年も◎ルヴァンスレーヴから2万2430円の万券含むパーフェクト的中!

今年も確信の◎や、人気薄隠れ穴馬の激走情報を極秘スクープ!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク