【優駿スプリント2020予想】本命カプリフレイバー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は23日の大井メイン、優駿スプリントの予想を。カプリフレイバー、ファルコンビーク、コーラルツッキー、ストーミーデイなどが出走するダート1200mのS2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われた京成盃グランドマイラーズは△カジノフォンテン◎サルサディオーネ☆グレンツェントで的中するもこの組み合わせの3連単は持っていなかったので最低限の馬連、3連複のみ。

ただ、想像した以上に良い配当だったので、並のプラスには持っていく事が出来ました。この調子で今週は宝塚記念の前に2本取っていきます。

宝塚記念の穴馬3頭

宝塚記念(G1)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

宝塚記念の予想を無料で見る

優駿スプリント

本命はカプリフレイバー

ここまで5戦4勝と底を見せていない馬で、唯一負けたのが3走前のマイル戦。ここまで1200m以下では圧倒的な強さで勝利しており、前走の優駿スプリントトライアルも控える競馬になりながらも余裕で勝ち切るなど、スプリント路線であればもっと上のクラスでも活躍出来る馬と言えるだろう。

今回はかなりの票を集める事が予想されるが、これまでコース、馬場、展開不問で結果を残している事を考えると大きな死角らしい死角は見当たらないので、さすがにこの条件であれば人気でも逆らう必要はないのでは。

少し前が流れそうな点は気になるが、前走の競馬を見る限り番手からでも十分競馬は出来ると思うので、ここも先行押し切り勝ちを期待したい。

対抗は人気ブログランキングへ

当初はこちらを本命にする事も考えたが、順調さを欠いた分だけ少し評価を落として印を打った。それでもスプリント適性の高さは疑いようがなく、溜める競馬になってもしっかりと脚を使える馬なので、今回は展開面もこの馬に味方するのではないだろうか。

▲にコーラルツッキー

ここ2走は結果を出せていないが、少し距離が長く感じた事も事実なので、この着順が本来のこの馬の力を出し切っての結果ではないだろう。今回は休み明けになるが、移籍後2戦目での上積みには期待が持てると思うので、得意の1200m戦での競馬なら大きな変わり身に期待が持てるのでは。

☆にファルコンビーク

前走の結果を見る限りだと勝ち馬との力差はそれなりに大きい感じもするが、短距離路線で本質が開花しただけに、この距離であれば前走に続いて警戒が必要となる一頭か。ただ、前走は馬場や展開が味方した事も事実なので、着順をそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険かもしれない。

◎カプリフレイバー
人気ブログランキングへ
▲コーラルツッキー
☆ファルコンビーク
△インペリシャブル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第61回 宝塚記念(G1)>

GI馬8頭出走のグランプリに
隠れ穴馬出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はファン投票1位のアーモンドアイが不在だが天皇賞春を連覇したフィエールマン、昨年の皐月賞馬サートゥルナーリア、大阪杯を制しGI3勝目を挙げたラッキーライラック、香港ヴァーズで初GI制覇を果たしたグローリーヴェイズ、昨年の秋華賞馬クロノジェネシス、18年ダービー馬ワグネリアン、18年有馬記念の覇者ブラストワンピース、17年菊花賞馬キセキなどのGI馬8頭がスタンバイ!豪華メンバーが揃う春のグランプリ!

過去10年、単勝1倍台の圧倒的人気だった3頭、17年キタサンブラック(単1.4[9]着)、16年ドゥラメンテ(単1.9[2]着)、15年ゴールドシップ(単1.9[15]着)も敗戦。1人気で優勝したのは12年オルフェーブル(1人気[1]着)、14年ゴールドシップ(1人気[1]着)6冠馬の2頭のみ。また、15年には1着ラブリーデイ(6人気)、2着デニムアンドルビー(10人気)、3着ショウナンパンンドラ(11人気)での決着となり3連単では52万8510円の大波乱となっている。

過去10年の世代別の成績では4~6歳馬から優勝馬が出ている。中でも6勝2着5回と11頭の連対馬が出ている5歳馬の活躍が目立つ。昨年のリスグラシュー(牝5)、一昨年ミッキーロケット(牡5)、17年サトノクラウン(牡5)、16年マリアライト(牝5)、15年ラブリーデイ(牡5)、14年ゴールドシップ(牡5)と6年連続で5歳馬が優勝している。7歳以上の高齢馬は馬券圏の好走は1頭のみと苦戦。

“夏は牝馬”の格言どおり牝馬の活躍が目立つ。優勝したのは昨年リスグラシュー、2016年のマリアライトの2頭のみだが、馬券圏の好走は過去10年で7頭が好走している。今年はラッキーライラック、クロノジェネシスのGI馬が出走するが馬券圏に好走することは出来るのか!?

18年は◎ワーザー(10番人気)から馬連9200円ズバリ的中!一撃で92万円獲得した春のグランプリレース!

今年はGI馬8頭が出走する豪華メンバーが揃うが、競馬セブンが極秘入手して関係者情報では「有力馬に不安情報」「人気の盲点となる人気薄確実な穴馬の激走情報」を独占入手済!波乱が多いグランプリレースだが、今年も波乱の立役者となる隠れ穴馬の存在が!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク