【全日本2歳優駿2017予想】本命ルヴァンスレーヴ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は交流重賞、全日本2歳優駿の予想を。ハヤブサマカオー、ソイカウボーイ、ドンフォルティス、ルヴァンスレーヴ、サザンヴィグラス、ビッグスモーキーなどが出走予定。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】
今月の大勝負レース!朝日杯FSの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

全日本2歳優駿

◎ルヴァンスレーヴ
人気ブログランキングへ
▲サザンヴィグラス
☆ドンフォルティス
△ビッグスモーキー
△ハヤブサマカオー
△ダークリパルサー
△ハセノパイロ

本命はルヴァンスレーヴ。新馬戦では後のもちの木賞の勝ち馬ビッグスモーキーに1.1秒差をつけて勝利。3着馬ゴライアスもその後未勝利戦で強い勝ち方をしており、さすがにこの2頭を全く寄せ付けなかったこの馬を評価しない訳にはいかない。前走のプラタナス賞でも好位につけて直線ではほぼ追われる事はなかったが、それでも余裕の手応えで突き抜けてレコードタイムで勝利しており、後の北海道2歳優駿で2着に入線するフィールシュパースに決定的な差をつけていた事からして2歳の交流重賞であれば逆らう気にはなれない。

対抗はこちら→ ブログランキングへ

推奨馬券

◎→〇▲☆⇔印の3連単

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 朝日杯FS(G1)

<<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前は中山1600mという条件で行われることもあって、クラシックを意識する期待馬は『この距離は使いたくない』『冬場は無理をさせたくない』との意図や、圧倒的外枠不利のコース形態もあり、有力な2歳馬でも、このレースを敬遠する陣営は少なくなかった。3年前から舞台を中山→阪神に移したものの、あまり状況は変わらず、今年からは中山芝2000mのホープフルSがGIに昇格。ますます微妙な位置づけのレースとなってしまったことは否めない。

とは言え、格付けがGIであることは変わらず、マイル前後に適性を求める馬にとっては重要なレース。外回りの阪神芝1600mは、総合力が問われる紛れの少ない能力を発揮しやすい舞台設定でもあり、今年からは中山芝2000mのホープフルSとの使い分けも可能となっただけに、有力な2歳馬を抱える陣営からすれば、その思惑は様々と言えるだろう。

データが少ない2歳戦は“情報が命”とも言われるように、競馬関係者から入手する内部情報が馬券的中のカギを握ることになる。無論、その内部情報は、新聞やネット上で一般競馬ファンが入手できるものとは一線を画しており、創業依頼23年、競馬界に様々な人脈を張り巡らせてきた当社だからこそ皆様にお伝えすることが可能となのだ。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、朝日杯FSの【3連単勝負馬券】や出走各馬の関係者情報を特別無料公開することが決定。また、当社は12月3日終了時点で47週連続的中を実現。マスコミとは一味違う”本物の情報力”を是非とも体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第69回 朝日杯FS(G1)

<<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク