【アメリカジョッキークラブカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、アメリカジョッキークラブカップに出走を予定しているサトノクロニクル、ブラストワンピース、ミッキースワロー、ニシノデイジー、ウラヌスチャーム、ラストドラフトの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着

先週は馬券は愛知杯◎レイホーロマンス、京成杯◎ディアスティマ、日経新春杯◎モズベッロで3重賞全て的中と流れは非常に良かったですが、追い切り注目馬はどちらもダメでした。フェアリーポルカに関しては動きも相当良かっただけにまず馬券になるとは思いましたが…。

とはいっても今年はまだ始まったばかりですし、馬券の調子がかなり上がってきたこのタイミングで一気に捲り切りたいと思います。

東海Sの追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【その他追い切り、週末の競馬予想】

3点勝負買い目を無料公開

アメリカジョッキークラブカップ最終追い切り

サトノクロニクル

先週は久々に加え長めに追われた事が影響して最後まで息が持たなかったが、今週はしっかりと息を整えてきた。動きに派手さは感じられないが、ラストのキレと伸びは素晴らしく、馬体に余裕がありながらもこれだけ動けるという事はそれだけ能力が高いという事になるだろう。

ただ、今回はその余裕がある馬体が問題で、トモがゆるゆるな点と肩に全く張りが感じられない点がいかにも久々というつくりとなっているので、2,3回使われた後の夏ぐらいが狙い目になりそうな気も

ブラストワンピース

先週同様に頭が高く頸の可動域はかなり狭く感じる。ただ、先週ある程度負荷をかけられた事で肩のラインや胸周辺の硬さは多少改善されていて、内面も活性化している印象を受けた。

ジョッキーが乗っているという事もあるが、先週以上に身体の使い方が大きく走りが豪快になっており、若い頃のような荒々しさがいくらか戻っている感じもするので、この変化はおそらくプラスに転ぶのではないだろうか。

ラストの反応と伸びだけは気になるが、馬なりでこれだけ動ければ十分だと思うので、前哨戦としての出来で考えるとまぁこんなものでは。

ミッキースワロー

先週よりも頭が高くなっているが、その先週の追い切りが軽くあまり活気を感じる事が出来なかったので、これはこれでプラスと捉えたい。ただ、ラストの反応などを見るとまだまだこれでもスイッチが入り切っていない印象で、今週も想像以上に軽い追い切りとなった事は減点材料と言えるか。

去年に比べると馬体に厚みを増した感じはするが、トモには少し緩さが残っているので、あくまでも次を考えてのつくりとなっている。

ニシノデイジー

折り合い面などを考慮して調教パートナーを前へ置いての追い切りとなったが、内面は安定していてフォームの乱れも一切感じられない美しい動き。

先週の追い切りでは追われてからの反応がイマイチだったものの、今週は一度負荷をかけられたこともあってか反応はかなり良くなっており、直線であっという間に前の馬を捕まえるとそのままシャープに伸びて大きく先着する形に。

抜け出してから少し気を抜く場面もあったが、これは以前からの癖なのでこの癖をレースで出さずに競馬が出来ればかなり面白い存在と言えるだろう。

ウラヌスチャーム

これは見た目通りなかなか動いた。相当色気を出して追ってきた古馬の調教パートナーを馬なりのまま併入する圧巻の動きを披露。

身体を大きく使った牡馬のような動きや力強く地面を蹴る姿からしても久々でも仕上がりは上々といえ、むしろ休ませて馬がかなり成長した印象を受けるので、ここは強豪馬が相手でも案外出来だけでそれなりの着順を拾ってくる可能性も。

ラストドラフト

頸の動きは少し硬くみえるが、脚捌きは軽くリズミカル。馬体も少し緩さがあるのでいかにも久々という感じの出来ではあるが、それでも馬なりで楽々好時計をマークしており、加速した時の動きやスピード感を見ても7割ぐらいの出来にはありそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは馬券的にも非常に面白そう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第61回 AJCC(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬では、サクラホクトオー、ホワイトストーン、マチカネタンホイザ、サクラチトセオー、ローゼンカバリー、メジロブライト、スペシャルウィーク、アメリカンボス、シルクフェイマス、マツリダゴッホ、エアシェイディ、トーセンジョーダン、ルーラーシップ、ダノンバラードなどGIで活躍した馬を多く輩出している。

過去10年の人気別では1人気[2.2.0.6]、2人気[3.2.2.3]、3人気[1.1.2.5]の成績。1人気で勝ったのは12年ルーラーシップ、11年トーセンジョーダンの2頭のみ。2人気が3勝連対率5割と活躍している。平均配当では、馬連4960円、3連複1万1600円、3連単7万3210円と波乱傾向。馬連万馬券が3度、3連単10万馬券以上の特大馬券が3度出ている。

年齢別の成績では4歳馬(1-4-2-12)、5歳馬(4-0-3-17)、6歳馬(3-1-2-27)、7歳馬(2-2-1-22)、8歳馬(0-3-2-14)、9歳上(0-2-2-13)。5・6歳馬の活躍が目立つ。明け4歳馬は5連対も1勝のみとなっている。また8歳の高齢馬は優勝馬こそ出ていないが3連対している。

AJCCは16年3万0540円的中、17年2万8980円的中を含む直近4年で3度的中のドル箱重賞!今年は18年有馬記念の優勝馬ブラストワンピース、18年AJCC優勝馬ダンビュライト、18年AJCC2着馬ミッキースワロー他、ステイフーリッシュ、ニシノデイジーなどが参戦。今年もお年玉馬券となる極秘情報を入手済!絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『AJCC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク