【青葉賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞に出走を予定しているオーソリティ、フライライクバード、メイショウボサツ、ディアスティマ、フィリオアレグロの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着

天皇賞・春(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

4/19 中山10R  2万7170円的中
4/18 阪神7R    7480円的中
4/12 桜花賞1点   1110円的中
4/11 中山6R    8130円的中
4/5  阪神6R  3万8790円的中
3/29 阪神12R  1万3540円的中
3/28 日経賞   3万3160円的中
3/21 阪神9R  3万3560円的中
3/20 フラワーC   3万2610円的中
3/15 フィリーズR  11万9820円的中

天皇賞・春(G1)を無料で見る

青葉賞最終追い切り

オーソリティ

発汗が目立っていて頭の高さとフォームが沈まない点はマイナスも、身体を大きく使ってノビノビ走れている点は先週に引き続きプラスとなる。

ただ、今回は勝負所で置かれる場面が見られ、更に調教パートナーが馬なりで加速していった辺りからすると、先週の追い切りでつけた評価からはいくらかトーンダウンといった感じで、その後は必死に食らいつくも、相手との手応えの差を考えると高い評価は出来ないだろう。

フライライクバード

前半相手に寄られる場面はあったが、その後はすぐに立て直して真っ直ぐ駆け抜けた。ただ、終始舌を出して走っており、相手の前へ出てからフワッとした面を見せていたので、集中して走れていない点はいくらか減点が必要となるか。

それでも馬体の張りや全体的な動き、そしてスムーズな脚捌きからすると出来は前走から上向いているのは間違いないと思うので、この出来なら当然不安よりも期待の方が大きいだろう。

メイショウボサツ

先週しっかりと追われた事もあって今週は反応を確かめる程度の追い切り。走りに無駄がなく、脚の回転の速さに比例してスピードにもしっかりと乗れている点は評価したいが、馬なりの相手に軽く捻られた点は少し気になるので、過度な期待を持つのは危険かもしれない。

ディアスティマ

頸の可動域は少し狭く感じるが、リズム良く軽快に走る姿はかなり見栄えしている。馬なりでも後半しっかりと加速出来ており、追えばいつでもぶっちぎれるだけの手応えを残したまま相手に先着した点は高い評価が必要となる。これはまず好調とみた。

フィリオアレグロ

相手の動きが気になって仕方ないが、本馬も前半は掛かり気味に追走するちぐはぐな内容、追い切りとなっている。その後促すと身体を大きく使って駆け抜けたが、発汗とトモが多少寂しく感じる点はマイナスなので、当日は馬体減とイレ込みに注意しておく必要がありそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては春の古馬最強馬決定戦だった春の盾だが、長距離レースの価値が落ちたことに加え、ドバイや香港、オーストラリアといった海外遠征や、極めつけは大阪杯のGI昇格により、より長距離色の濃いメンバーが揃うようになった。

ただ、長距離適性以外の理由でココに駒を進める馬も少なからず存在する。それは、大手生産牧場による“使い分け”だ。

今年も、大手生産牧場の代表となるノーザンファームから、去年の覇者フェエールマンを筆頭に、多数の有力馬が出走を予定している。その思惑が馬券攻略のポイントの1つなるだろう。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、今やそれすら満足にできていない現状。外厩施設にも取材が及ぶことはなく、馬券攻略のポイントを把握することは極めて難しい。マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様で、世間的に春の天皇賞が難解と言われるのも当然の話なのだ。

さらに言えば、年間唯一の芝3200mで行われるため、データの数が少なく、過去の戦績などもアテにすることができず、一般ファンが入手できる情報では攻略の糸口を見つけることすら困難。

事実、過去10年の春の天皇賞では1番人気が2勝2着1回と、連対率は全GIの中でワースト、10万馬券決着以上が7回はGIの中でも突出した数字となっている。

つまり、大多数の人間が的中馬券を掴めていない、一般ファン泣かせの難解なレースなのだ。

弊社シンクタンクには、電話、メール、LINEなどで個別に連絡を取れるほど、各界の関係者と親密な関係を築いている情報ルートが多数在籍。どんな状況、どんなレースでもしっかりとジャッジできる情報網を構築している。

天皇賞の重要なポイントとなる情報も既に入手しているが、レース直前まで鮮度の高い情報がシンクタンクには入ってくる。そこで、今回は、天皇賞の関係者情報に加えて、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】も特別無料公開。この機会をお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク