【アルテミスステークス2018予想】本命グレイシア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、アルテミスステークスの予想を。アズマヘリテージ、アフランシール、グレイシア、ビーチサンバ、トスアップ、シェーングランツ、ミディオーサ、ミリオンドリームズなどが出走する芝1600mのG3レース。

当初予定していた印を大幅に変更しました。不調が続きますが今週こそは出口を見つけ出したいです。

スワンステークスの予想、その他追い切りなどの記事はこちら

アルテミスステークス

本命はグレイシア

初戦が逃げて圧勝、続くアスター賞は最後方から追い込んで完勝と全く違う競馬で結果を残した点は素直に評価出来る。

ただ、馬体診断で触れたように良くも悪くもホワイトマズルっぽさが出たタイプなので、逃げても追い込んでも結果を出した事は個人的に特別な驚きはない。

少し敏感な牝馬なので、揉まれて何も出来ずというパターンも考えられるが、自分のリズムを崩す事なくレース運びが出来ればここもこの馬が強いだろう。

対抗はミディオーサ

このレースと相性の良いストームキャット持ちのディープインパクト産駒で、姉にファンタジーステークスの勝ち馬ミスエルテがいる血統ならここは無難に走ってきそう。

2度レースを経験している点にも好感が持て、前走は直線半ばで先頭に立ってベルクワイアを寄せ付けず勝利している事を考えても能力はそれなりに高そう。使い出しの遅い厩舎がここを使うからにはそれなりに色があっての出走だろう。

▲にアフランシール

期待した前走の札幌2歳ステークスは、終始ちぐはぐな競馬になってしまい5着まで。最後伸びきれなかったのは前半でエネルギーを消費してしまった事が大きく影響しており、力負けではない事は確かだろう。

初戦のレース内容は圧巻と言えるもので、あの時2.3着に敗れたディキシーナイト、ロマンティコ共に未勝利戦を楽に勝ち上がっており、決して相手に恵まれた勝利でもない。

何よりあの位置からあの手応えで突き抜けれる馬が弱い訳がなく、血統的に洋芝適性が高い馬なのは間違いないが、通ったコース、ラストの手応えを考えると並みの馬とは思えない。気性面からして今回の距離短縮はまずプラスといえ、牝馬同士の戦いであればここは巻き返し濃厚とみる。

☆に人気ブログランキングへ

まだまだ馬が幼く、前走のレースもかなり雑な感じがしたが、勝ち時計も優秀なので、輸送や左回りを苦にしなければ上位争いに加わってくるだけの能力は秘めていそう。

ただ、血統的にアテにならない面もあるので過信は禁物かもしれないが、牝馬という点を考えると力は出しきってきそう。

◎グレイシア
〇ミディオーサ
▲アフランシール
人気ブログランキングへ
△ウインゼノビア
△シェーングランツ
△アズマヘリテージ
△トスアップ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは急遽本命を変更する事になったが、おそらくこれは吉と出る。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワグネリアン、ダノンプレミアムの回避は残念だが、それでもレイデオロ、マカヒキと2世代のダービー馬が参戦。その他にも、ヴィブロス、アルアイン、スワーヴリチャード、キセキ、ミッキーロケットとGI馬がズラリと名を連ね、今年の天皇賞(秋)も豪華な顔ぶれが揃い、目の離せない1戦となることは間違いない。

となれば“馬券”に関しては頭を悩ます人も多くなるのは言うまでもないだろう。競売新聞、スポーツ新聞など各メディアの取材は集中し、ネットや新聞上に流れる情報量は多くなるものの、そこに“核心”へと迫る情報が少ない。「デキが良くない」とバカ正直に話し、スポンサーである馬主の機嫌を損ねるよう必要もなく、誰の目にも触れるような場で“本音”を語ることはデメリット、リスクでしかないからだ。

また、権威と名誉を重んじる馬主の中には、何としても伝統ある『天皇盾』のタイトルが欲しいという人もいる。かつては、某馬主が軍団を集め、天皇賞を取るための決起集会と作戦会議を行ったという話もあったほど。しかし、こうした馬主絡みの勝負話が一般に出回ることはホボない。

近年は外厩制度が充実し、仕上げは厩舎ではなく外厩主導で行われることも多くなった。トレセン外での情報が非常に重要性を増している訳だが、新聞社の記者達はそこで取材に行っているわけではない。こういう部分にも情報の盲点はあるわけだ。

10月に創業24週年を迎えたシンクタンクは、古くから会員様に、ご支持とご愛顧を賜るとともに、多くの競馬関係者の賛同と協力を得ているからこそ、競馬関係者から内部情報を入手できる。厩舎関係者はもちろん、牧場関係者や馬主、ジョッキーサイドに親しい関係者など、様々な関係者から情報を入手することができ、核心に迫る本音の部分を聞き出している。10番人気◎ワーザーを本命に指名して【馬連9200円的中】を掴んだ宝塚記念、9番人気◎モズアスコットから【馬連7370円的中】となった安田記念など、今年の春も、シンクタンクの情報力を結果で証明してきた。

今年の天皇賞(秋)でも、既に当社情報ルートが“人気薄の激走穴馬”の存在をマーク済み。本来であれば無料公開は……という情報ではあるが、今回は特別も特別、初めて弊社の情報を入手する方に限り【天皇賞・◎-穴1点馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスを絶対に見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク