【朝日杯フューチュリティステークス2019予想考察】穴馬 追い切り評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているウイングレイテスト、エグレニム、タイセイビジョン、トリプルエース、ペールエール、レッドベルジュールの一週前追い切りに関する記事を。

昨日は時間の関係でサリオスの追い切りしか更新出来なかったので、阪神ジュベナイルフィリーズ同様に追加での更新となります。

なお、来週末に中山で行われる有馬記念の追い切り(最終追い切り)は前半後半の2回に分けて全頭更新する予定です。

朝日杯FS一週前追い切り

ウイングレイテスト

身体全体を大きく使ってノビノビと走れており、頸の使い方やフォームも美しい。直線に入ると楽な手応えでスッと加速し、相手をあっという間に捉えて僅かに先着。

着差こそ大きなものではなかったが、ラストの手応えを考えると着差以上に評価出来る追い切りだったと言える。トモやひばらのラインに緩さは残っているが、このひと追いで馬体が引き締まれば上手く仕上がるのではないだろうか。

エグレニム

フォームは乱れないが、脚は大きく外へ流れており、地面を蹴る力や全体的なバランスはお世辞にも評価出来ない。追われた時の反応もイマイチで、今回の追い切りからは手応え以上のものは感じる事は出来なかった。まだまだ馬が未完成。

タイセイビジョン

頭が高く頸の可動域が狭く感じたが、調教パートナーに馬体を併せたタイミングで上手く折り合い、その後は大きな癖を出す事なくしっかりと走り切る。

前半の動きがちぐはぐだった事もあるので評価が非常に難しいが、後半の動きを見る限りでは調子はなかなか良さそうな一頭と言える。ただ、距離は短い方が合いそうな感じも。

トリプルエース

全体的に線が細く、地面を蹴る力も弱く感じる。トモの張りもイマイチで、頭も高く頸の可動域も狭い。まだまだ馬が幼い事もあってか、身体を全く使えていない点も気になるポイントで、この辺りが改善されない限りはちょっと推せるポイントが見当たらない。これから経験を積んでからの馬では。

ペールエール

この産駒にしては線が細く、頸差しのラインも頼りないように思えるが、動きは馬体以上に大きく、身体全体を上手く使って走れている点は素直に評価したい。

トモに緩さがあるのでこの辺りを見ていると少しだらしないように思えるが、胸の大きさに比例した容量は持ち合わせているので、今週しっかりと引き締まってくれば面白さがある馬と言えるのでは。

レッドベルジュール

まだ気持ちだけで走っているような感じで、フォームや重心のブレがかなり目立っている。それでも身体を大きく豪快に使って走れており、力強さやスピード感だけは評価しない訳にはいかないだろう。可動域も広く、脚もしっかりと前へ出せているだけに、後は馬が身体の使い方を覚えれば相当やれるだけの存在と言えるのではないだろうか。

おそらく完成してくるのは来年の春以降という事になると思うが、詰まれているエンジンはなかなかのものなので、ポテンシャルの高さでどこまでといった感じ。

最後にターコイズステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相性の良い重賞ですので、今年も良い結果を出せるように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 朝日杯FS(G1)>

無敗馬レッドベルジュール
サリオスを脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はデイリー杯2歳Sを勝ち2連勝中のレッドベルジュールはスミヨン騎手とのコンビで出走。サウジアラビアRCの勝ち馬で2戦無敗のサリオスはムーア騎手に乗り替わり。その他では京王杯2歳Sの勝ち馬タイセイビジョン、小倉2歳S優勝馬マイネルグリットやラウダシオン、サクセションなどがスタンバイ。人気を分け合う無敗馬サリオス・レッドベルジュールには外国人騎手への手替わりがあり、その他の有力馬にもルメール、デムーロ、マーフィーなどが騎乗する。外国人騎手の掲示板独占も十分ありそうだ。

競馬セブンでは波乱を演出する激走穴馬の大駆情報を独占入手!波乱の立役者となる人気薄激走馬の裏情報とは!?週末の情報は見逃せません!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『朝日杯FS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク