【朝日杯フューチュリティステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているサリオスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

先週も予想が大量だった事もあって週明けとなる今日は軽く入っていきます。いつものようにその他の追い切りの記事に関しては明日追加で更新する事にします。

リゲルステークス予想結果

3着◎サウンドキアラ

中日新聞杯予想結果

4着◎ショウナンバッハ

この着順なので最低限の馬券は欲しかった。

カペラステークス予想結果

1着◎コパノキッキング
2着〇テーオージーニアス
3着…シュウジ

後一歩でド本線も色々と噛み合わずハズレ。

阪神JF予想結果

1着△レシステンシア
2着☆穴マルターズディオサ
3着〇クラヴァシュドール

6着◎リアアメリア

穴からの縦目が少しばかり当たりましたが、残念ながらそれなりに跳ねた馬連は〇▲までの組み合わせしか持っておらずハズレ。

香港ヴァーズ予想結果

1着△グローリーヴェイズ
2着△ラッキーライラック
3着〇エグザルダント

12着◎アンソニーヴァンダイク

割と印は簡単に決まるもかすりもせず。

香港スプリント予想結果

1着◎ビートザクロック
2着〇ホットキングプローン
3着▲エセロ

印はド本線も馬単と3連単の超重ね買いをあと一歩で逃す失態。この1,2着の着順がひっくり返るだけで回収率が1000%違ったので、起きて結果を確認して悶絶しました(レース中は疲労困憊で深い眠りについていました)。

香港マイル予想結果

1着△アドマイヤマーズ
2着〇ワイクク
3着◎ビューティージェネレーション

ほぼ対抗馬待ちのレースでしたが、この組み合わせは噛まずにハズレ。3連複の配当が配当だったので、ここは◎~〇~印の組み合わせだけでも購入すべきレースでした。午前中の段階ではもう少し売れていたので、オッズの動きを読めなかった事が全て。

香港カップ予想結果

1着△ウインブライト
2着☆マジックワンド
3着▲ライズハイ

8着◎タイムワープ

今年の香港で最も難解だったレース。それがモロに結果に反映されました。

今回の香港(香港以外のレースもですが…)はとにかく買い目がハマらないレースが続いてしまい、発売以来の初の黒星。特に個人的にも毎年大きく勝負するスプリントとマイルで印はハマっているのに買い目で全てをダメにしてしまった事が大きな敗因と言えるでしょうか…。

スプリントは後一歩で大きな払い戻しを手にする事が出来ていただけに相当悔しい結果となりましたが、これが競馬。綺麗にはまる事もあれば、噛み合わない事もあるにはありますが、ちょっと反省が多い予想となりました。

前回のメルボルンカップの降着で逃してしまった半帯をこの2レースで、と思っていたので、大チャンスをモノに出来なかった事が今の自分の甘さなのでしょう。

今年の大勝負レースはおそらく有馬記念の一本となりそうですが、この日はWIN5も10万円ほど購入する予定ですので、この2レースの資金を何とか今週の朝日杯で稼ぎたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 朝日杯FS(G1)>

無敗馬レッドベルジュール
サリオスを脅かす穴馬は!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

朝日杯FS一週前追い切り

サリオス

最内から馬場のド真ん中を通って勢いよく直線に入るが、折り合い面を意識しすぎてかその後の伸びや動きは至って平凡。頸の可動域も狭く、フォームが沈まない点もマイナスで、馬体の柔軟性に欠けている点もちょっと気になってしまった。

一応程々に時計は出せているも、動きにインパクトはなく、調教パートナーを突き放せなかった事が今回の追い切りの全てと言えるのでは。今週負荷をかけられてどこまで変われるか。

予想オッズ

1 サリオス 1.8
2 レッドベルジュール 4.0
3 タイセイビジョン 4.3
4 ラウダシオン 9.8
5 ペールエール 20.3

最後に朝日杯FSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは枠順次第ではそれなりに勝負したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第71回 朝日杯FS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前から、マイルということもあり、来年のクラシックを意識する陣営の参戦は少なかった。しかも、ホープフルSがGIに昇格したことによって、よりマイル志向の馬が集中するようになっている。

しかし、メンバーレベルが下がったかと言えば、決してそうではない。去年の勝ち馬アドマイヤマーズ、一昨年の勝ち馬ダノンプレミアムはその後も活躍しており、今年も大物がこのレースで誕生する可能性は十分に秘めている。

特に、近年はノーザンファームなど大手牧場による使い分けが当たり前であり、去年、牝馬のグランアレグリアが参戦したのは記憶に新しい。この短期間で2歳のGIが3つもあるのだから、有力馬を集中させる必要はなく、勝ち負けになる馬を分散させるのは至極当たり前と言えよう。

こうした馬主や牧場、外厩といった情報はトレセン外、一般マスコミの取材対象外の部分であり、すなわちほぼ表に出ることがない。まして、キャリアが浅くデータが少ない2歳戦は、一般ファンにとって参考にできる材料が少なく、どうしても新聞社などが取材する情報に頼って馬券を買うしかない。だから、一般ファンにとって、2歳戦は難解なレースの1つと言えよう。

一方、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートとして名を連ね、早くから馬主や外厩の存在にも着目し、どこからでも情報を入手できる態勢を整えてきた弊社シンクタンクにとっては、関係者の間で『情報が命』と言われる2歳戦は大の得意とするところ。今年も2歳戦で数々の的中をお伝えしているが、本物の関係者情報さえあれば、的中させるのは決して難しくはない。

そのことを一人でも多くの競馬ファンに知っていただくべく、今週は特別に朝日杯FSの【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。弊社が誇る本物の関係者情報を知るチャンス、ぜひともお見逃し無く!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第71回 朝日杯FS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク