【朝日杯フューチュリティステークス2022予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているグラニット、オールパルフェ、ドルチェモア、オオバンブルマイ、レイベリングの最終追い切りに関する記事を。

2022年12月18日(日曜) 6回阪神6日
第74回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
2歳オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢
コース:1,600メートル(芝・右 外)

こちらの朝日杯フューチュリティステークスの買い目、勝負度付きフル予想を含めた今週の勝負レースはnoteで公開しています。

【朝日杯フューチュリティステークス2022予想他】12月18日勝負レース

昨日行われた全日本2歳優駿は勝島王冠のリベンジを狙うも組み合わせ抜け。

全日本2歳優駿予想結果

1着△デルマソトガケ
2着▲オマツリオトコ
3着◎ペリエール

軸は相当時間をかけてセレクトしただけにここは当てたかったですが、先日の勝島王冠の◎リンゾウチャネル同様に軸は来ても相手かまずなら意味はない。

対抗馬のヒーローコールも4着まで来ていたので決して的外れな予想ではなかったものの、このレースに関しては完全に勝ち馬の評価を誤ってしまいました。

ただ、今の冴えている思考、流れをを止めないよう、今日も少しですが地方競馬に手を出します。

【麻生オープン2022予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

波乱度MAXのターコイズS、朝日杯FSを無料公開!

勝負度の高い穴馬は勿論
買える、買えない馬を特別公開します!

【特別情報注目穴馬5選】

秋競馬も初日から注目馬が好走!
波乱決着となった重賞も情報馬が上位を独占!

ファンタジーS情報注目馬5選

⑤ブトンドール(2人気)→2着
⑥レッドヒルシューズ(5人気)→3着
⑧リバーラ(10人気)→1着
⑩バレリーナ
⑪アロマデローサ

馬連 1万1350円
3連複 3万7070円
3連単 46万7700円

【特別情報注目穴馬5選】

朝日杯フューチュリティステークス最終追い切り

グラニット

頸はしっかりと使えているが、まだまだ身体を使えていない事もあって全体的な動きは小さく感じてしまう。

ただ、前向きさの影響もあり、グイグイと前に出ようとする姿勢を感じられる点はプラス材料と言えるので、完成度に関してはそれなりに高い部類に入るのでは。

内面と馬体が比例していないというのが現状も、それでもこれだけ動けるという事は能力の高さもそれなりと言えるので、人気を考えると面白さがある一頭と言えるか。

レイベリング

狭い可動域と胸前の硬さが影響して身体の使い方がぎこちなく見えるが、キビキビとした活気のある動きが目に付く一頭。

重心のブレが一切感じられない点や内面に完全にスイッチが入っている点など、その他にも評価出来るポイントもあるにはあるので、一応ここを目標に馬をつくってきたという感じはする。

ただ、トモの張りやひばらのラインの緩さを見るともう一段階上の仕上がりがありそうな気もするので、この動き、馬体であってもまだまだお釣りを残しつつの仕上げになる(おそらく輸送を考慮しての仕上げ)。

オールパルフェ

可動域が狭い事もあって全体的にこじんまりとした動きに見えるが、活気があって脚捌きも非常に軽く見えるので、この身体の使い方は馬の特徴のひとつかもしれない。

ただ、スピードタイプという事もあって力強さには大きく欠けるような走りとなっているので、スタミナを求められるような展開、馬場になってしまうと少々分が悪いような気も。

更に前走を使って更に、というタイプではないので、良くも悪くも出来は変わらずといった感じになるか。

ドルチェモア

先週の段階である程度仕上がっていたが、今週もしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切りを消化。

先週同様に身体を大きく使ったダイナミックな走りと広い可動域が目に付いており、肩やトモの張りをみると前走を使って更に状態が上向いているのは間違いなさそうなので、この出来であれば今回は不安よりも期待が先行する形になるだろう。

2歳馬の割には頸や身体の使い方も非常に上手く、現時点での完成度の高さで言えばメンバートップクラスの馬と言えるので、ここはこの完成度の高さで他馬を圧倒してくるシーンが見られても驚けない。

オオバンブルマイ

動きは硬いが一応身体は使えた走りとなっているので、その動きに関しては大きな問題はないと思うが、頸差しのラインの硬さ、フォームを見ると距離は短ければ短い程、という印象を受けてしまうので、今回は出来以上にマイルという距離への対応が大きなカギを握る事になりそう。

手応えを十分に残したまま走り切るなど、ここに来て出来はかなり上向いているが、脚捌きの軽さ、回転の速さからしてもやはりゴリゴリのスピードタイプと言えるので、どちらかと言えばここで派手に負けて距離を短縮したタイミングで厚い印を打ちたくもなるが…。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

動き通りであればこの馬の楽勝まであってもよさそう。

こちらの朝日杯フューチュリティステークスの買い目、勝負度付きフル予想を含めた今週の勝負レースはnoteで公開しています。

【朝日杯フューチュリティステークス2022予想他】12月18日勝負レース

合わせて読みたい今週の記事

【コールドムーンステークス2022予想】

【朝日杯FS2022展望】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第74回 朝日杯FS (G1)>

2戦無敗ドルチェモアを脅かす
人気薄穴馬が大激走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドルチェモアは無敗でG1制覇なるか!?

2歳マイル王を決める一戦。中山競馬場で行われていた朝日杯FSだが、2014年から施行場を阪神競馬場に変更。

過去の勝ち馬にはアグネスフウジン、ミホノブルボン、ナリタブライアン、フジキセキ、バブルガムフェロー、グラスワンダー、エイシンプレストン、アドマイヤドン、ドリ-ムジャーニー、ローズキングダム、ロゴタイプ、など、ダービー馬や海外GⅠを制した馬など古馬でも活躍した名馬が名を連ねる。昨年の勝ち馬ドウドゥースはダービー馬に。

過去10年の上位人気馬の成績では1人気【3.3.2.2】、2人気【2.2.1.5】、3人気【1.1.2.6】と上位人気馬で6勝。上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは2度。

二桁人気の伏兵馬では19年14人気グランレイ(3着)、16年12人気ボンセルヴィーソ(3着)、15年11人気シャドウアプローチ(3着)、14年14人気アルマワイオリ(2着)などが馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

平均配当では、馬連4680円、3連複1万5210円、3連単8万1540円。馬連3桁配当は3度、馬連万馬券は1度。3連単10万馬券以上は3度、3連単最高配当は22万1200円の特大馬券が出ている。

阪神開催に移行してからの14年以降、枠順別の成績(3着以内)では内枠(1~3)4勝(2着3回)、中枠(4~6)2勝(2着5回)、外枠(7.8)2勝。8枠が2勝しているが1~4枠が5勝しているように内有利な傾向。

また、過去10年、無敗で2歳王者になったのはドウドゥース(21年)、サリオス(19年)、アドマイヤマーズ(18年)、ダノンプレミアム(17年)、リオンディーズ(15年)、アジアエクスプレス(13年)の6頭。

今年はサウジアラビアRC優勝馬で2戦無敗のドルチェモア、京王杯2歳S優勝馬で2戦無敗のオオバンブルマイ、2連勝中無敗馬コーパスクリスティ、デイリー杯2歳S優勝馬オールパルフェ、デイリー杯2歳S②着馬ダノンタッチダウンなどがスタンバイ!競馬セブンでは有力馬の不安情報や配当を引き上げる人気薄隠れ穴馬の激走情報を極秘入手済!大波乱の立役者となる隠れ穴馬の正体を馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『朝日杯FS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク