【CBC賞2018予想オッズ】穴馬・コウエイタケル馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日の帝王賞△ゴールドドリーム◎ケイティブレイブ〇サウンドトゥルーで決着。ド本線とはなりませんでしたが何とか結果を出せて良かったです。ただ、◎ケイティブレイブの取りこぼし馬券を狙っていたので、ヒルノデイバロー、ワーザーに続いて昨日も〇サウンドトゥルーの頭が欲しかったです…。さすがに△ゴールドドリームにこれ以上厚い印を打つことは出来ず、この馬券を本線で取るのは宝塚記念を当てるよりも難しかった気がします。

では本日は日曜の中京メイン、CBC賞に出走を予定している穴馬、コウエイタケルの馬体診断の記事を。

先日の宝塚記念を人気薄で激走したノーブルマーズもそうですが、個人的にサクラアンプルール、ナックビーナス、クインズサターンに匹敵する程お気に入りの馬。

とにかくお金になる馬は買い続けて損はないですし、買い続けるにはそれなりにしっかりとした訳があるので、それを考えるとおそらく今回のレースでもそこそこの印をつける事になると思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

CBC賞馬体診断

コウエイタケル

信越ステークスのパドック

馬体重494キロ、前走からマイナス4キロ。良い意味でも悪い意味でも落ちつきがあるタイプで、短距離馬の割には前向きさに欠けている。胴も短距離馬としてはやや長めで詰まりがあるタイプでもなく、馬体にしなやかさすら感じられるステイゴールド産駒とは思えない馬。

線が細い割には馬体上部がガッチリとしており、貧弱なタイプに見えないのは背中の丈夫さが大きく影響している為だと思われる。ただ、物見をするところや頸がしっかりしている点はこの父らしいので、少し特殊なタイプではあるがどちらかと言えば父似に出ているか。

気配だけみるとかなり緩く感じるが、胸に厚みがある割には胸骨の動きがスムーズなタイプなので、この日のように前脚がよく出ている時は調子が良いサインでもある。

米子ステークスのパドック

馬体重496キロ、前走から増減なし。少し発汗が目立つが、ここ2走と比べると随分馬が出来てきた。程よく気合も乗っており、可動域の広さも十分。物見もほぼ目につく事もなく、この馬なりに集中して周回は出来ていた。

トモや肩の筋肉の張りからすると馬体をつくるのに想像以上に時間がかかっている印象を受けるが、何より使っても減らない、そして使われつつ内面が活性化しているので、これで馬体がしっかりとつくられればまず走ってくるのでは。

前脚も使われた事でよく出るようになっているので、叩き4走目の今回は更なる上積みに期待が持てる。

予想オッズ

ダイメイフジ 3倍
アサクサゲンキ 4.8倍
ワンスインナムーン 6倍
セカンドテーブル 7.2倍
ペイシャフェリシタ 8.9倍

1人気は前走でモズアスコットを破ったダイメイフジ。続いて軽量馬アサクサゲンキ、前走で人気を裏切ってしまうも着順ほど負けていないワンスインナムーン辺りが上位人気に支持されるか。

最後にCBC賞の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→  人気ブログランキングへ

枠順や馬場の恩恵は必要となってくるが、今回のメンバーなら足りてもいい。

なお、この後最終追い切りの記事を追加で更新する予定です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントSで、当社は5万馬券的中の昨年に引き続き、今年も万馬券的中をお届け。サマースプリントシリーズは、シリーズ全体で高配当決着が恒例となっているが、特にハンデ戦であるCBC賞は、去年が40万馬券、一昨年も10万馬券決着と大波乱が続いており、一般的には難解と言えるレースと言えよう。

サマーシリーズにおける馬券攻略の大きなポイントとなるのは、やはり“陣営の思惑”だ。ボーナスを狙ってシリーズチャンピオンを狙う陣営もいれば、秋のスプリンターズSを見据えた試走と位置づける陣営も。一方で「秋のために何とか賞金加算したい」と、必死の思いでレースに臨む馬もおり、とにかく思惑は様々。北海道シリーズが開幕して、人手不足にあえぐ記者連中や、一般ファンが思惑を網羅することなど不可能なのだ。

このような「情報力がモノを言うレース」こそ、我々シンクタンクにとっては絶好の狙いドコロ。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し“本物の関係者情報”を入手することができる我々は、どの馬を狙うべきかシッカリとジャッジできる。事実、昨年は13番人気セカンドテーブルの勝負情報をしっかりと入手し、昨年も◎-穴決着で【馬連1万8380円的中】をお伝えしている。

今年も虎視眈々と一発を狙う【激走穴馬情報】を既にマーク済み。この激走穴馬が馬券に絡めば、昨年に続いて「大波乱決着もあり得る」との話だ。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、CBC賞の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。是非ともシンクタンクがお届けする情報を馬券検討にお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク