【CBC賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、CBC賞に出走を予定しているクリノガウディー、アウィルアウェイ、タイセイアベニール、レッドアンシェルの最終追い切りに関する記事を。

週末の予想に時間がかかりそうなので、こちらの追い切りは軽くの更新になります。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

昨日の記事でも書きましたが、今週から後半戦突入という事で追い切り注目馬も一度リセットします。

2020年追い切り注目馬後半

※※※※

CBC賞の穴馬3頭

CBC賞(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

CBC賞の予想を無料で見る

CBC賞最終追い切り

クリノガウディー

多少下を気にしているような走りではあるが、軽快な脚捌きで気分良く走れている。少しエンジンがかかるのは遅い気もするが、乗ってからのスピードはなかなか見どころがあり、グイっと頸を前に出して豪快に駆け抜けた辺りからすると久々でも調子は良さそうな印象を受けた。

さすがにG1の前走との動きと比較すると出来はワンランクダウンといった感じも、G3ならこれぐらいの出来で十分ではないだろうか。馬体も無駄は感じられないので、仕上がりは良好とみる。

アウィルアウェイ

先週の動きはかなり物足りなさが残っていたが、今週はガラッと動きが一変。頭は相変わらず高く脚も大きく流れているが、パワフルで力強い動きはなかなか素晴らしく、今週は重心のブレも全く見られなかった。長く追われた割にはしっかりと最後まで脚も使い切れていたので、一応走れる態勢は整えてきたと思っていいか。

タイセイアベニール

しまい重点での追い切りとなったので入りは軽く流す程度。追われた反応は良かったが、それ以上に脚の回転の速さと乗った時のスピード感が素晴らしく感じた。以前は脚もとに硬さがあって動きもぎこちなさが残っていたが、柔らかみのある馬体と素軽い脚捌きからすると馬が完全に本格化していると思っていいだろう。

今回の動きからすると前走を使ったダメージも全く感じられないので、勢いそのままにここも突破というパターンも十分あり得るのでは。まず好調とみる。

レッドアンシェル

いつも追い切りではそれなりに動く馬ではあるが、今回も坂路で軽快な動きを披露した。併せた相手が動かなかった事もあるが、楽な手応えで相手を突き放した点は見た目通り評価出来る。

まだ完全に馬が戻っていない事もあってか力強さには欠ける動きだったものの、乗った時のスピードは良い頃の動きと比較しても遜色ないものだったので、暑い時期になって調子を上げてきた印象を受ける。

全体的な動きに関しては決して悪いものではなかったので、そろそろ巻き返しがありそうな気もするが。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りが良く見えた馬ばかり書いた事もありますが、ここはなかなか見栄えする馬が揃ったレース。その中でもこの馬の出来が頭ひとつリードしている印象を受ける。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年で10万馬券以上の決着が5回、3連複でも万馬券6回と波乱含みのレース。ハンデ戦という条件に加え、サマーシリーズの第2戦、秋のスプリンターズSを見据えて参戦する陣営など、様々な思惑が絡むことが、レースを難しくしている。

しかも、夏競馬期間中は取材する記者達は分散し、慢性的な人手不足に拍車がかかる状況。今年は取材規制もあるため、大本営発表のコメントの使い回しがますます横行している。そんな情報を提供する一般マスコミを頼りにしていては、的中に近づけるはずなどないだろう。

こうした情報に乏しい世間にとって難解なレースは、弊社シンクタンクが持つ情報力はより大きな武器となる。人手不足とは無縁、しかもトレセン内外の情報まで、大物揃いの情報ルートたちが入手できる確固たる態勢が整っているからだ。

今の時代、CBC賞のみならず、馬券を買うのであれば、本物の関係者情報は必要不可欠。しかし、一般ファンが独自で情報を入手するのは非常に困難、ほぼ不可能と言っていいだろう。

だから、創業25年以上を誇るシンクタンクの情報を活用してもらいたい。今週は特別にCBC賞の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5頭”を無料で公開する。コレを見ておけば、レースの肝がハッキリとわかるはずだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 CBC賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク