【チャンピオンズカップ2019予想】本命チュウワウィザード

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、チャンピオンズカップの予想を。クリソベリル、ゴールドドリーム、オメガパフューム、チュウワウィザード、ヴェンジェンスなどが出走するダート1800mのG1レース。

阪神で行われていたジャパンカップダート時代は非常に相性の良いレースだったので中京のチャンピオンズカップになってしまったことは残念でしかなかったですが、去年はやっと〇ルヴァンスレーヴ ◎ウェスタールンドサンライズソアのど本線で三連単が刺さったレース。

今年は色々と複雑な気持ちで当日を迎える訳ですが、心の中の本命は当然クリソベリルという事になります。

本来であれば無理をしてでも現地観戦する事が正解なのかもしれませんが、まさかの大阪マラソン当選という事にもあり、その夢はすぐに砕かれました。

どちらにしても口取りが当たる事はまずなかったと思いますので、レース後に携帯でレースを確認したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第20回 チャンピオンズC(G1)>

大混戦模様のダート王決定戦だが、実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!「過去最高の仕上げ」で送り出される人気薄激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

チャンピオンズカップ

本命はチュウワウィザード

今年は去年のウェスタールンドのように穴で厚い印を打ちたくなるような馬が存在しないので、普通に印を打ちたい馬の中から人気と能力のバランスを考えてこちらの馬を本命に。

前走のJBCクラシックはハナ差での勝利ではあったが、相手に並ばれても最後まで渋とく粘った内容には見どころがあり、そのハナ差で下した相手がオメガパフュームという事を考えると相当価値の高い勝利と言える。

2走前の帝王賞でも直線で早めに後続馬が差を詰めてくる先行馬には厳しい展開になりながらも、最後はノンコノユメの追撃を凌いでしっかりと2着を確保しており、近走の充実度やレース内容からすると既に能力は中央のG1でも勝ち負け出来るレベルに達しているだろう。

今回は若く勢いのある馬や、経験豊富な古馬が相手と楽な戦いにはならないと思うが、ライバル馬にはそれぞれ隙がある事も事実なので、大きなタイトルを手に入れるとしたらこのタイミングとみて本馬を最上位に取った。

対抗はクリソベリル

降着でもまぐれでも何でもいいから勝ってもらいたいが、冷静に考えると案外危険な人気馬なのかもしれない。

まず散々言い続けているようにこれまでの競馬が楽すぎる点は非常に気になるポイントで、内で揉まれたりガッツリと砂を被った時にどうかという不安はある事はある。

更にこれまで相手にしてきた馬のレベルと今回相手にする馬のレベルを比較すると、今回は比べ物にならないぐらい相手が強くなるので、ゴールドドリーム、オメガパフュームといった経験値が非常に高い古馬を相手にどこまでやれるか。

普通に私情を挟まなければに回すぐらいの馬なので、あくまでも今回の印は希望を込みでの対抗となる。

ゴールドドリーム

前走はまさかの結果だったが、直線の長いコースでの競馬となる今回はさすがにそれなりの着順は拾ってくるだろう。追い切りの動きを見ても極端な衰えは感じられないので、力を出し切ればあっさりまであっても。

オメガパフューム

前走のJBCクラシックは案外相手が渋とくハナ差に泣いたが、苦手な左回りで結果を出せた事はかなりの収穫と言える。去年のチャンピオンズカップと今年のフェブラリーステークスの内容が案外だったのでここはあまり強気な印は打てなかったが、今の勢いを考えると普通に突破してくる可能性はそれなりに高そう。

穴に人気ブログランキングへ

この人気で買えるなら最後に穴として印を回しておきたい。上位人気馬と比較すると能力はかなり劣っているのは間違いないが、前走の内容がそれなりに優秀だったので、今回も自分の形でレース運びが出来れば馬券圏内も夢ではないだろう。

急遽ではありますが想像以上に人気がないこちらを上に取ります。今回は条件が揃っている割には人気が地味すぎるので、上手く馬群を捌く事が出来れば怖さがある一頭といえる。ここは印を絞っているので馬券はここからも買っておきたい。

◎チュウワウィザード
〇クリソベリル
▲ゴールドドリーム
☆オメガパフューム
△穴人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年、3歳馬ルヴァンスレーヴが勝利したことで、完全に世代交代が行われ、今後は同馬を中心にダート界は巡っていくかに思われた。しかし、脚元の不安で結局は1年丸々と棒に振ることになったことで、その様相は一変した。

その後、フェブラリーSを新星インティが制したものの、その後は未勝利でみやこSは15着と惨敗。一昨年の覇者ゴールドドリームは安定した成績を残しているものの、今年の勝利はかしわ記念のみと一時期ほどの勢いは見られない。そこにオメガパフューム、チュウワウィザードなどの4歳勢の台頭、5戦5勝の3歳馬クリソリベルが出現。まさにダート界は戦国時代、『チャンピオンズカップ』はその名にふさわしい雌雄を決する場となった。

しかし、実力通り、実績通りに決まらないのがこのレース。中京のダート1800mは基本的に逃げ、先行馬有利なコースではあるが、それを意識してか前掛かりのレースになることが多く、終い勝負に賭ける伏兵の一発もしばしば起こっている。事実、1番人気は現在7連敗中であり、的中をお伝えしている昨年も最高に上手く立ち回った8番人気ウェスタールンドが2着に食い込み波乱決着にひと役買った。今年のメンバーを見ても一筋縄では行かず、穴気配を十分に感じている。

もちろん、穴気配を感じているのには確かな根拠を持ってこそ。既に情報ルートから、波乱を呼ぶカギとなる『ダークホースの存在』の報告を受けている。この情報は、まず表に出てくることはないだろう。

馬券で勝つために必要なのは確かな情報、しかも、多くの人が知らない情報にこそ価値がある。競馬界の大物OBや現役関係者が在籍し、騎手、厩舎、馬主、外厩、牧場など、あらゆるところに情報の網を張っているシンクタンクが入手する情報は、まさにそういった情報だ。今回は特別にチャンピオンズカップの【馬券候補5頭】を情報と合わせて無料公開する。もし、馬券を買うつもりであるならば、見逃す手はないだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク