【ダービー卿チャレンジトロフィー2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ダービー卿チャレンジトロフィーに出走を予定しているキャプテンペリー、ギベオン、ダイアトニック、ドーヴァー、フィアーノロマーノの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズを。

予想オッズ

1 ギベオン 3.2
2 プリモシーン 5.3
3 カツジ 6.7
4 ダイワキャグニー 6.9
5 ロードクエスト 7.9

1人気は中日新聞杯の勝ち馬ギベオン。距離短縮も歓迎で、持ち場での競馬となる今回はまず上位人気に支持される事になるだろう。ただ、その他はプリモシーン、カツジなどある程度票を集めそうな馬はわかるが、枠などで人気がコロッと変わりそうなレベルのレース。ここは大混戦になるとみる。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

その他の追い切りに関する記事はこちら。

大阪杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

ダービー卿CT最終追い切り

キャプテンペリー

脚捌きが鈍く、前脚が全く前へ出ない。とにかく硬さが目立っており、身体も全くといっていいほど使えていない。力強さも感じる事が出来ず、最後までスピードにも乗る事が出来なかった。馬体の張りは上々ではあるが、これだけ鈍さがある馬を褒める訳にはいかず、案外ダートの方が向くのではないかと思う程だった。

ギベオン

頭の位置がブレており、重心も安定しない。脚を出すリズムが悪く、かなり違和感を感じてしまう走り。素軽さもなく、地面を蹴る力も相当弱く感じるので、出来というよりも脚もとの心配をした方がよさそうではあるが…。全体的に線も細く、肩やトモの張りも物足りなさを感じてしまった。発汗も目立っている。

ダイアトニック

前半は大きく馬体がヨレてしまうが、重心に大きなブレはない。頭の位置も安定しており、脚の出し方やリズムにも違和感は感じられない。追われるとしっかりと反応も出来ており、長く脚を使いながらも最後はしっかりと加速も出来ていた。馬体は多少緩さがあるも、これだけ動けていれば大きく割り引く必要はないだろう。

ドーヴァー

頭が高く頸の可動域が狭いが、フォームに乱れは感じられない。脚の回転、出し方が非常に独特ではあるが、外へ流れている訳ではないので、これはこの馬の癖として捉えておきたい。これだけ走りに癖があってもヨレる事なく真っ直ぐ走れており、加速するまでに多少時間はかかってしまったが、エンジンがかかってからの伸びはなかなか見どころがあった。肩やトモの張りも素晴らしい。

フィアーノロマーノ

頭が高くフォームが沈まない。多少ブレもみられるが、重心から大きくブレている訳ではないので、ここは多少の割り引きとしておく。それ以上に脚が大きく外へ流れており、ここの影響もあって地面を蹴る力が弱く感じる。ただ、何故かスピードにはしっかりと乗れており、ラストは加速して脚も使い切れていた。少し評価が難しい馬ではあるが、もともと癖が強いタイプなだけに、この馬としては動けている部類に入るのかもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想とドバイターフのフル予想、ワールドカップ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーンの予想はnoteで公開しています。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は同週にドバイミーティングが行われ、4月末には天皇賞(春)、5月には香港のクイーンエリザベス2世Cと、春の古馬王道路線には国内外で選択肢が多岐に渡り、トップホースが一堂に会するとまでは行かないものの、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース、ダービー馬・ワグネリアン、皐月賞馬・エポカドーロ、マイルCSを制したステルヴィオなど、いわゆる“強い4歳世代”の牡馬たちが揃って参戦。また、アルアイン、キセキ、ペルシアンナイトといった5歳勢も健在で、GI馬9頭が出走予定と、今年も頂上決戦にふさわしいメンバーが揃うことになった。

豪華メンバーが揃う1戦とあれば、当然、競馬新聞やスポーツ紙を始めとしたマスコミの取材も加熱していく。ただ、ある事情によって、GI競走では陣営が一般マスコミに提供するコメントは“建前”ばかりになり“本音”の部分はまず聞けない。

なぜ、陣営が“建前”ばかりのコメントを出すかと言えば、大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで何のメリットも無いから。強気のコメントを出してわざわざ他からのマークをキツくする必要も無ければ「全然仕上がってない」なんて実情を正直に話して、新聞を通じてオーナーサイドに見られたら「アイツは無能だ」とのレッテルを貼られかねない。マスコミに本音を語ったところで、陣営にとっては1円の得にもならないわけだ。

また、近年はノーザンファーム天栄やしがらきなど、社台グループを中心に『外厩仕上げ』が主流となってきている。帰厩して日が浅い馬の本当の状態や勝負度合いを把握しているのは、厩舎ではなく、外厩先ということも少なくない。しかし、一般マスコミの情報源はトレセン内のみ。これでは確かな情報を手にすることはできない。

だが、弊社シンクタンクはそうした時流の変化を敏感に察知し、外厩先や馬主関係者といった情報源にも太いパイプを有している。名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、エージェント、馬主、生産者、外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来るのだ。

今週の大阪杯についても、全国各地の情報ルートから様々な情報が入ってきており「◎○スバリ1点目で2万5340円的中の有馬記念と同等、それ以上かも」との声も。そこで、今週は大阪杯の【激走穴馬情報】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開することが決定。この【激走穴馬情報】は、高確率で馬券になるだけではなく「馬券になれば好配当間違いなし」と現役関係者もお墨付き。大阪杯の馬券を購入する方は、絶対に見逃さないようにご注目頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク