【エリザベス女王杯2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、エリザベス女王杯に出走を予定しているウインマイティー、ウインマリリン、センテリュオ、ノームコア、ソフトフルート、ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー、リアアメリアの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着
グローリーヴェイズ 3人気1着
サリオス 1人気1着
デアリングタクト 1人気1着
ヴァンドギャルド 5人気1着
コントレイル 1人気1着
サウンドキアラ 1人気10着
フィエールマン 5人気2着
ヨカヨカ 2人気5着
クリンチャー 1人気1着

先週の追い切り注目馬はクリンチャーが無難に1着。馬券も無難にここから入りましたが、残念ながら買い方などが噛み合わずに外れてしまいました。今週末はG1を含めて大量に重賞がありますが、時間の関係もあって更新するレースは絞る事になるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大注目レースエリザベス女王杯!

有力馬も穴馬も本当に買わなければいけない5頭を教えます!

【エリザベス女王杯注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【エリザベス女王杯注目穴馬】

エリザベス女王杯最終追い切り

※時間の関係で画像は一部を除いてイメージです。

ウインマイティー

ふっくらした馬体とフォームの安定感は素晴らしいが、胸が狭く脚が上がらない点はマイナス。頭も高く、頸を出すリズムも良いとは言えないので、前走からの大きな変わり身に関しては期待薄か。ただ、良くも悪くも前走を使っての変化という点は感じられないので、少なくとも出来落ちという事はないのでは。

ウインマリリン

頸を出すリズムと脚捌きの軽さが目に付いているが、その脚捌きが悪い意味で軽すぎる感じもしなくはない。ただ、ほぼ馬なりでも加速出来ている点や馬体の張りや毛艶が良好な点など、前走を使ったダメージに関しては皆無と思ってよさそう。好調時の動きには程遠いが、まずまず走れる態勢は整えてきたか。

センテリュオ

少し癖のある走りで、脚を出すリズムと重心のブレ、更にフォームの乱れと色々と気になる点が多い追い切りとなった。それでも何故かスピードには乗れており、脚が流れる割には力強さも感じられる動きとなっているので、この馬の追い切りとしてみれば決して悪い印象は受けない。

馬体はギリギリのような気もするが、ここを目標にしっかりと馬をつくってきたと考えればまずまず仕上がったという評価になるか。

ソフトフルート

頭の位置が安定せず、全体的に力強さに欠けるような動きとなっている。スピードには乗れているが地面を蹴る力も弱く、脚の回転の割には前に進まない印象を受けた。多少ではあるが馬体の緩さも目に付いているので、ピークは前走という評価が正しいのでは。

ノームコア

色々と気になるポイントが見られた先週の追い切りとは違い、今週はビシッと追って負荷をかけてきた。頸や脚もとの硬さも改善されており、身体を大きく使って力強く伸びた点からするとここを目標にしっかりと馬をつくってきた感は強いだろう。

ただ、思った程可動域が広いと感じない点や弾けそうで弾けなかった点からすると満点の出来とまではいかないというのが現状ではある。

ラヴズオンリーユー

先週重く感じた馬体は絞れており、今週はトモや肩もパンパンに張っている。走りに力強さこそ感じられないものの、素軽さとスピード感はなかなかのもので、身体を大きく使ってグイグイと伸びる姿からすると出来はまず前走以上なのは間違いないだろう。

最近は動きや馬体に大きな変化こそ感じられないが、内面を含めて状態は高いレベルで安定している。

ラッキーライラック

今週も派手で力強さのある牡馬のような動きで、馬体全体に柔らかさが出た点には好感が持てた。先週の追い切りでは多少リズムが崩れて見えたが、今週はエンジンがかかってからの動きは非常に安定しており、頸と脚を出すリズムは勿論、フォームや重心のブレも一切見られなかった。

良い頃はもう少し威圧感のある動きではあったが、一週でこれだけ動きが変わるという事は馬もレースが近いという事を分かっているのだろう。よって今回はきっちりと内面にスイッチが入った事を評価しておきたい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第45回 エリザベス女王杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝GI8勝の新記録を達成したアーモンドアイ、宝塚記念で圧勝したクロノジェネシス、無敗の3冠牝馬デアリングタクトが不在で、今年も牝馬No.1決定戦とは言えぬ立ち位置ではあるが、大半の古馬牝馬にとっては秋の大目標となるのがエリザベス女王杯。

今年は大阪杯を制したラッキーライラック、札幌記念を制したノームコア、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーといったGI馬に、前哨戦を制したサラキア、センテリュオなども勢いのある馬たちも参戦。

なかなか層の厚い古馬に対し、ウインマリリン、リアアメリアらと言った3歳勢がどう太刀打ちしていくかが注目となるだろう。

GIを語る上で欠かせぬ存在であるノーザンF、特別登録に10頭エントリーさせているのはさすがだが、例年と違う傾向がハッキリと出ている。リアアメリア以外は他は全て古馬なのだ。

つまり、今年は

ノーザンFの古馬VS非ノーザンFの3歳馬

の構図ができあがっているわけだ。

この極端な偏りにどんな意味があるのか、どのような思惑が存在するのか?

馬券を考える上でも重要なポイントとなる。

牝馬No.1決定戦ではなくとも、“GI勝利”という箔は繁殖入り後の価値に重要な意味を持つことは確か。

その箔を求めて騎手、厩舎、馬主、牧場など、あらゆる関係者の思惑が張り巡らされることになる。

エリザベス女王杯が一般的に難関なレースであることは、過去10年で1番人気の勝利はわずかに1勝しかしていないことが物語っている。

しかも、今年は阪神開催、リピーターが活躍しやすいレースだった傾向が一変する可能性は高い。過去のデータのみを頼りにすることもできない。

こういった状況では、大物競馬関係者が多数情報ルートとして在籍し、あらゆる関係者から確かな情報を入手することができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。

今週はエリザベス女王杯の関係者情報を無料公開する。加えて、好評を得ている馬券候補となる情報馬5選もあわせて特別無料公開。この機会にぜひ、シンクタンクの情報力を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第45回 エリザベス女王杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク