【エルムステークス2019予想】本命リーゼントロック

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、エルムステークスの予想を。グリム、タイムフライヤー、テーオーエナジー、ドリームキラリ、マルターズアポジー、モズアトラクションなどが出走するダート1700mのG3レース。

ディープインパクトに続いてキングカメハメハが死亡したとの事。

ディープインパクトに関してはずっとそろそろヤバいという話を聞いていた事もあってそこまで驚きはなかったですが、キングカメハメハの死亡に関しては割と驚きました。

この馬の思い出を語ればきりがないどころか現地で観たのは新馬戦しか記憶がないので一瞬で終わってしまいますが、ダービーでハイアーゲームとの馬連1点に当時の自分には大金すぎた10万円を入れた事は今でも鮮明に覚えています(ハイアーゲームはあのキンカメのロンスパに真っ向勝負を挑んだ事で最後は脚がなくなってしまい、結果後ろで脚を溜めていたハーツクライに差されてしまい無念の3着)。

色々と続く時は続くものですが、この手の話はあまり続いて欲しくないので、どうがダイワメジャーさんにはまだまだ現役バリバリで頑張って欲しいものです。

週末の重賞に関する記事はこちら。

【エルムステークス】最終追い切り・調教評価

【関屋記念】最終追い切り・調教評価

エルムステークス

本命はリーゼントロック

前走のマリーンステークスは休み明けが響いてしまい見せ場なく大敗。中間の追い切りの動きが良かったのでもう少し走れると思ったが、やはり硬さが出てしまって本来の力を発揮する事が出来ず。よって前走を一度使われた上積みに期待が持てる今回こそはエンジン全開だろう。

2走前のアンタレスステークスでも11着と大敗しているが、差し馬が台頭する展開の中を先行しての結果なのでこちらも見直し可能な敗戦といえ、マーチステークスや佐賀記念のように自分のリズムでレース運びが出来れば一発があっても驚けないタイミングでは。

引き続き手の合う鞍上が乗れるのもプラス材料で、ドリームキラリ、マルターズアポジー、リアンヴェリテとハナを切りたい馬が揃ったここは、そこそこの位置で競馬が出来る本馬に展開面も味方する可能性が高いだろう。

これまで札幌のダートで馬券に絡んだ事はないが、函館ダート1700mで(2.0.2.4)という成績を残しているので、まず合わないという事は考えられず、前走の結果と相手が揃った事で一気に人気を落としそうな今回こそが絶好の狙い目ではないだろうか。

対抗はグリム

小回りコース、距離、展開とどこを取っても隙らしい隙が見当たらない本馬がまず無難に走ってくるか。前走も相手に恵まれたとはいえ、余裕の手応えで突き抜けた内容は圧巻で、2走前のアンタレスステークスでも厳しい展開の中で勝ち馬から0.1秒差の競馬なら負けて強しと言えるのでは。今回は普通に走ればまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

▲に人気ブログランキングへ

札幌コースは初となるが、これまでの競馬を見る限りだと今回の舞台はベストに近く、枠順もかなり理想的なところを引けたので、大きな変わり身、前進があるとすればここになるのでは。案外人気も地味なのでこの馬を本命にしてもよかったが、本命馬の人気が人気なので当たった時のリターンを考えてあちらを上に取った。

☆にドリームキラリ

レース間隔が空いてしまった事と同型の存在は気になるが、59キロを背負っていた前走の欅ステークスの内容が非常に優秀な点と人気になっていない点を考慮して評価を上げる。リアンヴェリテ(マルターズアポジー)が控えるかどうかが一番のカギとなりそうだが、行き切ってしまえばある程度飛ばしてもバタッと止まる事はないと思うので、ここは行き切れるに賭けての4番手としておく。

タイムフライヤー

もう少し人気が落ち着けば評価を上げてもよかったが、さすがにこの人気だと評価を下げざるを得ない。ただ、中間の動き通りであれば今回の相手であっても圧勝があってよさそうな感じで、前走や2走前のレース内容を見ても馬が終わった様子は全く感じられないだけに、初ダートがハマれば久々の好走に期待が持てるのでは。

モズアトラクション

脚質的にアテに出来ない面はあるが、前がガンガンやり合う形になれば今回のコースでもラストは確実に追い込んでくるだろう。前走のマリーンステークスもほぼ勝ちに等しい内容で、2走前の大沼ステークスも展開や位置取りを考えると非常に強い競馬をしていただけに、近走の勢いは本物と思ってよさそう。

本来は▲ぐらいの評価をつける予定ではあったが、こちらも想像以上に売れているので、この人気であれば届かないパターンを想定して評価を落としたい。

◎リーゼントロック
〇グリム
人気ブログランキングへ
☆ドリームキラリ
△モズアトラクション
△サトノティターン
△タイムフライヤー
△メイショウスミトモ
△リアンヴェリテ
△サングラス
△レッドアトゥ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

▲もあまり人気がないので▲~〇☆~の馬券は絶対に買っておきたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 関屋記念(G3)
第24回 エルムS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーマイルシリーズの第2戦となる関屋記念は、第1戦と同じく左回りのマイル戦で行われる。しかし、過去10年で中京記念で馬券になった馬の好走は、2017年2着馬ウインガニオン(中京記念1着)しかおらず、ほとんど直結していない。これにはいくつか理由がある。

まず、中京記念はハンデ戦であり、関屋記念は別定戦との違いがある。中京記念で賞金加算してココに出走した場合、前走より重い斤量を背負う可能性は高くなる。また、直線に坂があり、時計の掛かりやすい最終週で行われる中京記念に対して、直線平坦で高速決着が多い上に、開幕して3週目で馬場のいい関屋記念では条件が大きく異なり、求められる適性も違ってくる。更には連戦する場合は中2週と、夏場だけに楽なレース間隔ではない。連続好走には高いハードルが存在するのだ。

その上、サマーマイルシリーズのチャンピオン狙う馬や、秋のGIを見据えた馬の参戦などが重なり、各陣営の思惑が色々と巡るのだから、ひと筋縄でいかないのは当然だ。

そして、今年の中京記念は3歳馬のワン・ツー決着と、これまでとは違った傾向も出ている。去年の関屋記念を制したのは3歳馬だったプリモシーンだったが、今年もNHKマイルC2着で新潟2歳Sを制しているケイデンスコールが参戦予定しており、注目を集めることになるだろう。

こうした状況の中、人員不足でコメントや調教時計は各社使い回しが当たり前、印は枠順確定前に打つ新聞社の情報をアテにしていては、的中を馬券に近づくことなど困難であるのは当然。だからこそ、業界最高峰の情報網を持ち、確かな関係者情報を入手することができるシンクタンクの情報力に注目してもらいたい。

競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、全国各地に情報ルートがいるから、新聞社があえぐ“取材不足”とは無縁であり、どんな場面でも関係者達から本音を聞き出している。そのことを知っていただくため、今週は【関屋記念・エルムSの情報馬5選】を特別無料公開する。ぜひお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 関屋記念(G3)
第24回 エルムS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク