【フェアリーステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、フェアリーステークスに出走を予定している、グレイスアン、タニノミッション、コントラチェック、レーヴドカナロア、ルガールカルム、ホウオウカトリーヌ、アマーティの最終追い切りに関する記事を。

その他週末の重賞の最終追い切りはこちら。

【日経新春杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

フェアリーステークス最終追い切り

グレイスアン

気持ち胸が広くスピードが表に逃げるような場面もみられるが、脚捌きはスムーズで力強い。頸の可動域は広くないが、リズムは安定しているので大きくは割り引かない。

前半から強く追われる調教パートナーに対してこちらは終始馬なりではあったが、軽く追われるだけですぐに相手に並びかけ、ラストはしっかりと先着。負荷こそ大きくかけられていないものの、それなりに内容のある追い切りだったと言える。馬体に硬さはあるが、トモの張りは上々。

タニノミッション

前走の阪神ジュベナイルフィリーズの時の最終追い切りが非常に良くみえた馬。今回は前半は全く馬が内面をコントロール出来ておらず、豪快にかかりながら走っており、前走時とは全く気配が違ってみえる。これがプラスと出るのかマイナスと出るのかはわからないが、少なくとも大きな爆弾を抱えている人気馬という事は確かではある(逆に爆発力も相当とも取れるが)

それでも後半は前半の大きな癖が嘘のように落ち着いて走れており、身体の使い方、脚捌き、そしてリズムと全てが素晴らしい抜群の動きを披露した。ラストの伸びも上々といえ、手応え以上に力強く、豪快、軽快な動きが目立っていた。ちょっと評価が難しいが、内面以外は完璧な1頭と言える。

※白梅賞に出走

コントラチェック

この厩舎らしい追い切りで、ほぼ負荷はかかっていない。それでも身体を大きく使ってリズムよく駆けており、脚の回転の速さをみてもまず悪い動きではない。調教パートナー2頭には遅れは取ったが、中の馬はそれなりに強く追っている事に対してこちらは馬なり。それでもある程度食らいついて欲しかったというのが本音ではあるが、最後まで突き放される事なく自分のリズムを守りながら走り切った点は評価出来るポイントだろう。良い意味で身体もふっくらとしている。

レーヴドカナロア

雪で前半はほぼ何も確認出来ず。確認出来るのは後半の手応えやリズムのみではあるが、終始馬なりで楽に駆けている。頭が少し高い感じもするが、血統を考えるとそれも仕方なしか。気持ち身体が硬い感じもするが、おそらく可動域が狭い訳ではない。

ルガールカルム

こちらも頭がやや高いが、この血統なので仕方なし。頸の可動域も狭くは感じないので、これはこれでありだろう。馬場の真ん中を豪快に力強く走れており、スピードは勿論ではあるが、力強さも感じられる動き。最後まで楽な手応えではあったが、徐々にエンジンがかかり、スピードが乗ったところでフィニッシュ。広いコースの方が合うかもしれないが、特に大きく割り引くポイントは見当たらなかった。まず好調。

ホウオウカトリーヌ

まずマツリダゴッホ産駒にしては骨格がしっかりとしており、線の細さを感じない馬体が目立つ。脚の回転は鈍く、全体的な動きとしても平凡ではあるが、身体の使い方は上手く飛節も良く伸びている。最後は調教パートナーが手綱を緩めたとはいえ、しっかりと相手に食らいついて馬体を併せにいけた点は素直に評価出来るのでは。完成度も高いので案外怖い存在かもしれない。

アマーティ

線が細く馬体重以上に馬が小さくみえるが、まだまだ身体が完成していない牝馬という事を考えると現時点でこれ以上を求めるのは酷か。ただ、可動域も狭く、脚捌きをみても悪い意味で軽さが目立っている動き。その割には脚の回転も速いとはいえず、ただただ小さい馬が走っているだけという感じ(実際には小さい訳ではないが)。今回の動きから特別評価出来るポイントは見当たらなかった。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この後京成杯の最終追い切りの記事を追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場のハンデ重賞ということで一線級の参戦は稀だが、17年1着ミッキーロケット、16年2着シュヴァルグランらが後にGI馬となり、好走馬の中から活躍馬を多数輩出。いまや出世レースの1つとなりつつある。

ハンデ重賞ゆえに各馬の斤量がポイントとなるが、それに伴う陣営の思惑が馬券的中のカギを握ることも忘れてはいけない。賞金の高いG2ということもあり「今のままではGIを使うには賞金が心もとない。だから早い内に稼いでおきたい」と勝負懸かりの陣営もいれば「この距離だとあまり適鞍がないし、軽い斤量で出られるから」と力試しで臨む陣営「今年はこの馬に期待しているんだ」と、未来のGI馬候補となる逸材を送り出す陣営など、レースを巡る思惑は様々。無論、こうした陣営の本音が公になることはホボ無いと言っていい。

ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、今でも史上最強馬との呼び声が根強いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師ら、競馬界の大物OBが在籍するシンクタンクの情報ルートたちは、騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェントなど、あらゆる競馬関係者にパイプを持ち、親密な信頼関係を構築している。こうした大物たちが関係者から入手する”陣営の本音”が、馬券攻略において大きな武器になることは言うまでもないだろう。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師率いる重賞特捜部がお届けする【日経新春杯・お年玉馬券】を特別無料公開。その他にも、馬券に役立つ情報を数多く無料でお届けさせて頂く。”本物の情報”を知らずに馬券を買っているのであれば、是非ともこの機会をキッカケにしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク