【日経新春杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、日経新春杯に出走を予定しているアフリカンゴールド、ウインテンダネス、グローリーヴェイズ、シュペルミエール、ムイトオブリガード、ルックトゥワイスの最終追い切りに関する記事を。

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

先週の追い切り注目馬はパクスアメリカーナが1人気で1着。中山金杯は注目馬なしとなりましたが、今週は3重賞全て出していきたいと思います。

【日経新春杯2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

日経新春杯最終追い切り

アフリカンゴールド

一週前追い切り時に感じられた頭の高さや硬さはある程度解消されているが、相変わらず頸の可動域が狭く、フォームは全く沈まない。脚と頸のリズムも良いとはいえず、時折フォームが乱れる場面もみられる。何より負荷をかけられている割には直線で全く伸びない点が気になるポイントで、追っても追っても調教パートナーには全くついていくことが出来なかった。一週前追い切りの記事でも書いたように調教映えするタイプではなく、菊花賞時の追い切りでも動きはぱっとしなかった馬なので、これはこれとして考えるのもありではあるが、少なくとも動きが目立った馬ではない事は確かではある。

ウインテンダネス

若干癖がある走りではあるが、身体を大きく使った走りが目に付いた1頭で、前脚、後脚ともによく伸びた。脚の回転は特別速く感じないが、リズム良く軽快に走れており、地味ではあるが特に大きく割り引くようなポイントは見当たらず。頸に硬さがあり、追われた以上のものは感じられなかったが、良い意味で平凡な動きだったと言える。ただ、気持ちひばらのラインが緩い。

グローリーヴェイズ

先週かなり強く追われているので今週はこれで十分。力強さは感じられないが、今週も脚の回転は速く、乗った時のスピード水準以上。可動域に広さも戻っており、先週強く追われた影響がしっかりと今週の動きに出ていた。ラストは弾けきらないが、かなり走りに素軽さが戻っており、ある程度スイッチも入った事は評価出来るポイントか。ただ、気になるのは前脚で、地面を蹴る力と上がり方をみるともう一段階上の出来がありそう。個人的に軽い脚の出し方をする馬は好みではない。

シュペルミエール

ラチを頼らず真っ直ぐ綺麗に走れており、肩の筋肉量が豊富で脚もよく上がっている。頸を出すリズムも良く、地面を捉える脚をみてもスピードが表に逃げるような事もなかった。十分負荷もかかっており、関西での競馬という事を考えると内面が表に出ていない点も評価出来るのでは。シンプルな追い切りではあったが、特に割り引くポイントは見当たらず、全てにおいて平均点以上をつける事の出来る動きだった。

ムイトオブリガード

やや頭が高く感じるが、ここは頸差しの影響なので全く気にする必要はない。脚の回転が鈍く感じるが、胸、トモの筋肉がパンパンに張っており、パワー寄りに出た馬体が脚捌きに影響している為なので決して悪い印象は受けない。内面が少し表に出すぎているが、追われると素直に反応して調教パートナーの出方を見て追いだせる余裕すらあった。最後は加速すると一気に相手を突き放し、その後は流すようにフィニッシュ。久々でも馬はしっかりとつくられた。

ルックトゥワイス

雪の影響もあって動きを細かく確認出来ないのが残念ではあるが、おそらくこれはかなり動いている。身体もしっかりと使えており、フォームも全く乱れがない。脚も馬場が重い割にはよく上がっており、雪でも非常に豪快な動きが目に付いた。ラストは弾けるような事はなかったが、長く追われている事を考えると全く気にする必要はない。この馬に関してはしっかりと動き、馬体を確認出来ないのが唯一の減点ポイント。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

A評価をつけれそうな馬が数頭いるが、その中でもこれはかなり動いた。出来に関しては不安らしい不安はないので、極端な枠や馬場にならない限りは勝ち負けになるとみる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場のハンデ重賞ということで一線級の参戦は稀だが、17年1着ミッキーロケット、16年2着シュヴァルグランらが後にGI馬となり、好走馬の中から活躍馬を多数輩出。いまや出世レースの1つとなりつつある。

ハンデ重賞ゆえに各馬の斤量がポイントとなるが、それに伴う陣営の思惑が馬券的中のカギを握ることも忘れてはいけない。賞金の高いG2ということもあり「今のままではGIを使うには賞金が心もとない。だから早い内に稼いでおきたい」と勝負懸かりの陣営もいれば「この距離だとあまり適鞍がないし、軽い斤量で出られるから」と力試しで臨む陣営「今年はこの馬に期待しているんだ」と、未来のGI馬候補となる逸材を送り出す陣営など、レースを巡る思惑は様々。無論、こうした陣営の本音が公になることはホボ無いと言っていい。

ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、今でも史上最強馬との呼び声が根強いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師ら、競馬界の大物OBが在籍するシンクタンクの情報ルートたちは、騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェントなど、あらゆる競馬関係者にパイプを持ち、親密な信頼関係を構築している。こうした大物たちが関係者から入手する”陣営の本音”が、馬券攻略において大きな武器になることは言うまでもないだろう。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師率いる重賞特捜部がお届けする【日経新春杯・お年玉馬券】を特別無料公開。その他にも、馬券に役立つ情報を数多く無料でお届けさせて頂く。”本物の情報”を知らずに馬券を買っているのであれば、是非ともこの機会をキッカケにしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク