【フジノウェーブ記念2020予想】本命キャンドルグラス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は26日の大井メイン、フジノウェーブ記念の予想を。クルセイズスピリッツ、トロヴァオ、リコーワルサー、キャンドルグラス、ヒガシウィルウィン、サブノジュニアなどが出走するダート1400mのS3レース。なかなかのメンバーが揃いました。

先週行われたユングフラウ賞は穴馬を拾えていたので無難にレイチェルウーズを本命にしていれば…と思ったのも束の間。ちょっと拾うのが難しい馬も馬券に絡んでいたので、あの組み合わせを的中させるのは…という感じでした。

とはいっても報知グランプリカップのド本線馬券の貯金はまだまだたっぷりありますので、今週もしっかりと狙っていこうと思います。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

3点勝負買い目を無料公開

フジノウェーブ記念

本命はキャンドルグラス

距離は延びて良い印象は受けないが、去年のフジノウェーブ記念では正攻法の競馬でキャプテンキングの2着と最低限の結果を残しているので、その去年よりも更に力を付けて臨む今年は素直に主役扱いでいいだろう。

トップハンデを背負っていた前走の船橋記念では短距離路線でトップクラスの能力を持つノブワイルドを直線で楽々差し切って勝利しており、展開や馬場を問わず最後は確実に脚を使える安定感抜群のタイプなので、相手が揃った今回もまず勝ち負け争いに加わってくる存在と言える。

対抗は穴ドリームドルチェ

前走は大敗しているが、馬場や条件が合わず参考外と言えるレースで、その前走から一気に条件が好転する今回は大幅な変わり身がありそう。

本質はスプリンターかもしれないが、この舞台であれば本来のこの馬の持ち味であるスピードを活かす事が出来ると思うので、明らかに展開面が味方するであろうここなら距離は誤魔化しが利くのでは。

トロヴァオ

なかなか勝ちきる事が出来ないが、近走はそれなりのレベルの馬を相手に善戦しているので、今回の相手でも力を出し切れば馬券圏内は十分狙えるだろう。

ヒガシウィルウィン

以前のような勢いはなくなったものの、これまでの実績を考えれば明らかに能力は抜けている馬なので、今回の距離短縮がいい刺激になればそろそろ復活がみられても。

◎キャンドルグラス
〇穴ドリームドルチェ
▲トロヴァオ
☆ヒガシウィルウィン
△サブノジュニア
△リコーワルサー
△ロイヤルサーティン
△エポック

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第94回 中山記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドバイに香港、オーストラリアと、春から海外遠征が盛んになってきた近年は、この中山記念が前哨戦のひとつして選択されることが多くなった。国内専念組にとっても、大阪杯の前哨戦となり、GI級の豪華メンバーが顔を揃う注目のレースとなっている。

今年も昨年の覇者ウインブライト、マイル王インディチャンプ、ラッキーライラックにペルシアンナイトといったGI馬に、無冠ながらも現4歳世代トップクラスのダノンキングリーらが参戦を予定。今後を占う上で重賞な1戦となるだろう。

しかし、必ず頭に入れておかねばならぬのは、有力各馬にとっては、ココが前哨戦に過ぎないことだ。過去10年で1番人気の勝利はわずかに2勝、現在3連敗中かつ馬券圏外に終わってしまっている。前哨戦は「あくまで叩き台。結果には拘らない」という陣営も少なからず存在する。そこに中山という紛れの生じやすいコースが、レースをより難しくするわけだ。

馬券的中に近づくためには、各陣営の確かな思惑、直前まで可能な情報収集態勢、多角的なデータ分析などなど、一介の新聞記者、一般ファンレベルでは不可能なレベルの情報力が要求されることになる。

そんな要求に応えることができるのが、名馬サクラスターオーを手掛けた平井雄二元調教師率いるシンクタンクの重賞メイン特捜部だ。競馬界の大物関係者達が名を連ね、馬主、騎手、厩舎、牧場、外厩、エージェントなどなど、あらゆるところから情報を聞き出し、データを扱うプロが膨大なデータを分析と、日々的中に近づくための研鑽を続けている。

その情報力の一端を、少しでも多くの競馬ファンに知っていただくために、弊社シンクタンクでは情報の特別無料公開を行っている。今週は中山記念の関係者情報+馬券候補5頭を公開するので、競馬をより深く知りたい方、もっと楽しみたい方、馬券で勝ちたい方などなど、とにかく一見して欲しい。体感すれば、あなたの競馬力もアップすること間違いなし。

※同日の阪急杯も無料でお伝えします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第94回 中山記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク