【府中牝馬ステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は月曜の東京メイン、府中牝馬ステークスに出走を予定しているオールフォーラヴ、カンタービレ、クロコスミア、プリモシーンの最終追い切りに関する記事を。

今週は変則開催で水曜追いが少なかった事もあり、数はいつもよりも少なめとなっております。

予想オッズ

1 プリモシーン 2.7
2 ラッキーライラック 3.2
3 クロコスミア 4.9
4 オールフォーラヴ 11.5
5 スカーレットカラー 12.3

先週は凱旋門賞を含めて重賞は全て狙いにいきましたが、今週も出走馬やオッズを見るとある程度狙っていく方が面白いと思うので、玉砕覚悟で攻めていく週にします。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着

府中牝馬ステークス最終追い切り

オールフォーラヴ

脚が大きく外へ流れるがフォームや重心の乱れはない。胸前の広さが影響して脚は上がらないが、一応地面を蹴る力はそれなりに強く感じるので、この馬なりには動けている部類に入るのだろう。相手がこちらの出方を見る形になったが、馬なりで調教パートナーを交わして抜け出してから一気に加速。着差などは鵜呑みにしない方がいいが、ラスト1ハロンの動きだけはなかなか見所があった。

カンタービレ

頸と脚を出すリズムは全く合わないが、重心のブレやフォームは最低限保つ事が出来ている。追われた時の反応はイマイチのように見えるが、スピードに乗ってからの伸びや脚捌きは悪いものではなかったので、前哨戦とはいえ、ある程度馬はつくられたと思っていいのではないだろうか。可動域の広さと後脚の非力さだけは休み明けといった感じも、次走に上積みを残してのこの出来なら…といった感じ。

クロコスミア

前半から頭の位置が安定せず、外へ刺さりながら走っている。追われると大きくフラついて内に入ってくるが、荒いなららも脚色を維持したまま最後まで走り切れた点だけは評価しておきたい。トモの張りや毛艶もなかなか見栄えしているので、前走からの上積みはそれなりにあると思っていいのではないだろうか。評価は高いレベルでの平凡としておきたい。

プリモシーン

脚が少しバラバラに出る点や頭の位置が安定しない点など気になるポイントもある事はあるが、この馬の内面を考えるとまぁこんなものだろう。それ以上に脚の回転の速さや四肢の可動域の広さ、地面を蹴る時の力強さなど、どこを取っても悪い点が見当たらない動きで、馬格がある割には素軽さを感じられる点には好感が持てた。逆に言えば少しこじんまりとした動きとも取れるが、これだけしっかりとスピードに乗れていればマイナスになる事はない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第24回 秋華賞(G1)>

桜花賞馬・オークス馬不在で
浮上する穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[4.1.2.3]、2人気[2.2.1.5]、3人気[4.1.1.4]と上位人気馬が10勝2着5回。平均配当では、馬連1640円、3連複1万0880円、3連単4万8130円となっており、伏兵馬(2桁人気)も馬券圏の好走は1頭のみと直近10年の大波乱ははい。

ステップレース別の成績ではローズS組[5.7.6.61]、紫苑S組[3.1.0.41]、クイーンS組[1.0.1.6]、オークス組[1.0.0.7]。1000万下組[0.2.0.17]。近年では紫苑S組から17年16年14年に優勝馬が3頭出ている。主力は5勝2着7回のローズS組。優勝馬は出ていないが1000万条件組から2頭が連対しているように夏の上がり馬も相手候補として注意したい。

過去10年、オークスから秋華賞へ直行した馬の成績は[1.0.0.9]と馬券圏へ好走したのは昨年の3冠馬アーモンドアイ1頭のみ。他の着順は[9][16][14][13][15][17][7][10][18]と掲示板にも載らず凡走のみ。いかにオークスからの直行が厳しい条件かが分かる。昨年の3冠馬のような実力馬以外での直行馬は疑問視!?

桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在。トライアルのローズS組からダノンファンタジー、ビーチサンバ、シゲルピンクダイヤ、紫苑S組からパッシングスルー、フェアリーポルカ、カレンブーケドールなどの上位馬やオークスからの直行組クロノジェネシス、コントラチャック、シェーングランツなどがスタンバイ。競馬セブンではローズS・馬連1600円・3連複2250円・3連単1万0700円パーゲクト的中、紫苑Sも馬連3040円・3連複2400円・3連単1万8020円パーフェクト的中と東西の秋華賞トライアルも完全的中!本番も激走根拠明確な穴馬情報の大駆け情報を極秘入手済!週末の情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『秋華賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク