【函館記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の函館メイン、函館記念に出走を予定しているトーラスジェミニ、ナイトオブナイツ、ニシノデイジー、ベストアプローチ、マイネルファンロンの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着

先週の追い切り注目馬はどちらもダメ。馬券もイマイチの週だったので、怒涛の連勝を重ねた去年のようにここから一気に捲っていきたいと思いますが、イレ込んでも仕方がありませんので、いつものようのマイペースで淡々と攻めます。

中京記念の穴馬3頭

中京記念(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

中京記念の予想を無料で見る

函館記念最終追い切り

トーラスジェミニ

前半からスピードに乗って力強く走れており、直線に入ってもその勢いは衰える事なく勢いそのままに走り抜けた。馬体も全く枯れていない点からすると前走を使ったダメージは皆無と思ってよさそうで、安定したフォームと脚の回転の速さを考えても出来は更に上向いている印象すら受ける。

ナイトオブナイツ

無駄のない走りと安定したフォームが目に付くが、前半から飛ばした事もあって最後は若干脚があがってしまった。それでも走りが乱れる事もなくスイスイ駆け抜けていった点からすると前走を使われた上積みには相当期待が持てると思うので、このまま萎んでしまうような馬ではないのでは。少なくとも出来は去年以上とみるが…。

ニシノデイジー

走りに力強さは感じられるが、脚や馬体に硬さが残っており、その影響もあってフォームも最後まで沈んでこない。当然脚捌きも鈍く、最後までスピードを感じられなかった点はマイナスになると思うが、今回の舞台設定を考えると案外力強さだけで何とかなりそうな気もするので、走れる態勢が整っている事を評価すべきなのかもしれない。

ただ、絶好調時の動きと比較するとまだまだ足りないというのが現状なので、ここ一本に絞ってきたという追い切りではないだろう。

ベストアプローチ

久々の競馬となった前走を一度使われた事でかなり馬体がすっきりとしており、内面の活性具合などを考えるとまるで別馬のよう。それだけ使われた上積みには期待が持てるか。全体的に力強くパワフルな動きとなっているが、乗った時のスピードもそれなりのもので、手応えを十分に残したまましっかりと最後まで走り切った点は高く評価出来るのでは。

マイネルファンロン

少し癖の強い走り、フォームではあるが、線が細く感じる割には脚捌きに力強さがあり、パンパンに張ったトモや馬体からするとここを目標に仕上げてきた感はそれなりに強い。脚の回転も速く、しっかりと付け根から脚を出して走れている点にも好感が持てるので、この出来であれば案外今年もそれなりにやれるのではないだろうか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この出来なら狙ってこそでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

小回りで枠や脚質の有利不利が出やすいローカル競馬場でハンデ戦と、紛れが生じやすい条件が揃っているように、函館記念も過去10年全て万馬券決着、その内7回が10万馬券以上と、ハッキリと“波乱”の傾向が出ている。

先の条件の他にも、函館記念はいくつか押さえておかねばポイントがある。

まず、北海道シリーズは“滞在競馬”であることだ。美浦や栗東で仕上げ、直入で出走する馬も少なくはないが、レース直前に輸送がないことは、多くの競走馬にとってメリットとなる。

輸送で体がガレてしまう、テンションが上ってしまう馬が、滞在競馬では「まるで別馬」となり、本来の能力をフルに発揮すこともしばしば。事情を知らない一般ファンからしてみれば“激走”に見えるだろうが、実は必然の好走というワケだ。

また、“洋芝”で行われことも見逃してはならない。今年の函館は開幕直後、高速決着となっていたが、洋芝と野芝が別物であることには変わりない。前走野芝で凡走していた馬が、得意の洋芝でガラリ変身することもある。

何より重要なのが、夏競馬期間は取材する記者が不足しており、特に北海道の場合、コメントや調教時計を全ての新聞社で使い回すのが当たり前。現地の関係者曰く「あんなのアテにしたらアカンで」という新聞のコメント欄や、一般に出回るマスコミの情報を鵜呑みしていては、獲れる馬券も獲れなくなる。

一方、弊社シンクタンクは、各関係者に電話、メール、LINEなど個別に連絡とって話を聞くことができる情報ルートがしっかりと存在する。

一般マスコミの取材が疎かになる夏競馬期間中は、まさに絶好の儲けドコロで、波乱となった先日のラジオNIKKEI賞では、馬連1万1240円、3連複2万2480的中をしっかりと手にしているのだ。

本物の関係者情報を入手することが困難な多くの競馬ファンのために、今週は函館記念で弊社が掴んでいる情報を特別無料公開。「馬券候補が絞れる!」と大好評の【情報注目馬5選】もあわせて公開するので、馬券を買うつもりであるならば、ぜひともチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク