【函館スプリントステークス2020予想】本命メイショウショウブ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の函館メイン、函館スプリントステークスの予想を。エイティーンガール、ダイアトニック、フィアーノロマーノ、ライトオンキューなどが出走する芝1200mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週は来週のG1以上に買いたいレースがありましたが、残念ながら出走馬が流れてしまったという事で一気にトーンダウン。週初めからのこのレースの事しか頭になかったので、既に大負けしたぐらいのダメージを受けています。

とりあえず今週行われる重賞は函館スプリントステークス、ユニコーンステークス共にそこそこ相性が良く、一昨年の函館スプリントステークスでは◎ナックビーナスヒルノデイバローで大爆発していますので、買いたい土曜の東京芝1400mやその他のレースはほぼ捨てて日曜に全てを賭けたいと思います。

とはいえ、土曜に何も買わないというのはちょっと寂しい気もするので(病気)、新馬やメインレースの単勝、馬連などを軽く購入して少しでも資金を増します。

STV杯

人気ブログランキングへ
〇プレトリア

土曜で一番色があって爆発を狙えそうなのはやはり北海道。単勝、馬連、馬単、ワイドと全取り出来ればもう今週は勝ち逃げしてもいいのでは。

三宮ステークス

ヴェンジェンス

夏至ステークス

バンブトンハート

ユニコーンSの穴馬3頭

ユニコーンS(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ユニコーンSの予想を無料で見る

函館スプリントステークス

本命はメイショウショウブ

前走のポラリスステークスは大敗しているが、実績に乏しいダート戦という事もあって参考外と言えるレース(それでもダート適性が低い馬ではないと思うので、またどこかのタイミングで使う事があれば必ず印は打ちます)。

2,3走前は芝の重賞でも大敗しているが、展開やこの馬には合わない消極的な競馬など敗因ははっきりとしているので、初の1200m戦が良い刺激になればそろそろ出番がありそうな気もするが。

去年の阪神カップでは先行馬が崩れる展開を2番手から抜け出し、グランアレグリアを相手にしながら3着に入線するなど、正攻法の競馬であれだけのパフォーマンスを発揮出来るのであればまず馬は枯れていないと思うので、ここも展開ひとつで上位に食い込めるだけの力はあるだろう。

函館も初となるが、直線で見せ場たっぷりの競馬をした去年のクイーンカップのレース内容を見る限りだと洋芝への適性はそれなりに高い馬だと思うので、外枠は痛くとも後はゲートを決めて自分の形に持ち込んでしまえば残り目があっても驚けない。

対抗は人気ブログランキングへ

大きく振り回すようなレースではないかもしれないが、上位人気馬がハンデ、距離、休み明けなど少なからず不安を抱えての出走となるレースなので、それなら大外れ覚悟で穴を狙うのが面白そう。

まだ重賞では足りない気もするのでどこまで評価するか迷いはしたものの、気性面から本質は短い距離が持ち場の馬だと思うので、本命馬同様にこの距離がプラスに転べばいきなりから大駆けがあってもいいだろう。

ある程度の位置を取りながらも最後はしっかりと脚を使ってくるタイプなので、トリッキーなコースも向くとみた。

▲にジョーマンデリン

前走で完璧に乗ってきた鞍上が乗れないのは痛いが、これまでの成績が示すように洋芝はツボの馬だと思うので、一気の相手強化でも立ち回りの上手さとコース適性の差で上位に食い込めるとみた。仮にここでダメでも続けて北海道競馬を使うなら追いかけて損はない一頭と言える。

☆穴にティーハーフ

長期休み明け以降はいいところなしの競馬が続いていたので年齢を考えるとさすがに終わったと思ったが、前走の高松宮記念がそれなりに見どころのある競馬だったので、得意の洋芝なら大きな一撃が出ても良さそう。個人的に淀短距離ステークス、シルクロードステークスと2度人気薄でお世話になっている馬でもあるので、この馬が走るタイミングは絶対に逃す訳にはいかない。

◎メイショウショウブ
人気ブログランキングへ
▲ジョーマンデリン
☆穴ティーハーフ
△エイティーンガール
△ライトオンキュー
△ダイアトニック
△グランドボヌール
△シヴァージ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第27回 函館スプリントS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1番人気が過去10年でわずかに1勝、現在8連敗中、連絡みすら2012年に遡らねばならない。最後に連対したのがロードカナロア、勝利したのは前年のカレンチャンと、このレベルのGI馬でなければ好走できていない、1番人気にとって鬼門のレースだ。

特大万馬券決着もしばしば、荒れるのが恒例となっているのは、何も偶然ではない。洋芝の小回りコース、別定戦かつ3歳馬の参戦で、上から下の斤量差が大きくなり、純粋な能力だけで図れない条件が揃いも揃っている。

そこに、サマースプリントシリーズの第1戦、スプリンターズSの前哨戦してココを使う馬も出走することもあり、陣営の思惑は多岐にわたる。

人員不足の一般マスコミや、一般ファンが入手できるレベルの情報では馬券攻略は極めて困難、頭を悩ましていることは、過去の配当がハッキリと示している。

こんな難解なレースでも、本物の関係者情報を入手することができる弊社シンクタンクは、2017年には5万5520円的中、2018年にも1万1690円的中など万馬券的中を仕留めている。世間が“難解”とジャッジするレースほど、我々にとっては高配当を狙い撃つ絶好の機会となるのだ。

今週は特別に函館スプリントSで、弊社が入手している関係者情報、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。馬券を買う予定がある方は、ぜひとも新聞やSNS、ネット上で入手できる情報のみに頼らず、この情報を見ることを強くオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第27回 函館スプリントS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク