【阪神牝馬ステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて土曜の阪神メイン、阪神牝馬ステークスに出走を予定しているカンタービレ、クロコスミア、サトノワルキューレ、サラキア、ラッキーライラック、レッドオルガの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

その他週末の重賞の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【桜花賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

阪神牝馬ステークス最終追い切り

カンタービレ

身体の線の細さが目に付くが、フォームは美しく安定している。直線に入ると同時に調教パートナーをあっという間に置き去りにして後は突き放す一方。馬体をほぼ併せていないだけに負荷のかかり方が甘いも、びっしり追われているだけにここに関してはあまり心配する必要はなさそう。ただ、馬体の張りがイマイチで、全体的に緩さがみられるだけに、ここがいかにも久々という感じ。

クロコスミア

頭の高さと外へ刺さりながら走っている点が気になるも、追われるとフォームは安定した。ステッキを抜かれるとすぐに反応し、しっかりと加速して脚を使い切る。脚の回転の速さも上々で、身体もしっかりと使えた良い動きだったと言える。地面を蹴る力も強く、久々に力を出せる状態での出走となりそう。

サトノワルキューレ

3頭併せの内という事でほぼ直線での動きが確認出来ないが、脚の回転は速く、随分と素軽さも戻ってきた印象を受ける。直線で相手を突き放す事は出来なかったが、馬体をしっかりと併せて負荷をかけられた事、最後まで相手に食らいつけた事は評価しておきたい。ただ、良い頃の動きと比較すると、ラストの反応は多少鈍く感じてしまう。

サラキア

頭の高さや重心のブレこそみられないが、左右にヨレながら走っている点は割り引きが必要。前脚もあまり上がっておらず、頸を出す時のリズムも多少悪く感じる。肩やトモの張りもイマイチで、いつも以上に線が細く感じる点がつくりの甘さを感じてしまう。ラストはしっかりと脚を使ってはいるが、勝負所でモタついた辺りが久々の影響か。

ラッキーライラック

動きが大きく、豪快で力強い走り。先週の追い切りでほぼ馬は出来ていたが、今週もしっかりと負荷をかけられており、何より驚いたのは大きく先行する馬を最後しっかりと捉えて交わし切った点。これだけの動きをみせられるともう何も言う事はないだろう。シンプルに良い追い切りだった。

レッドオルガ

頭が高く非力さが目立つ動き。馬体全体に硬さが残っており、脚も全く上がらない。当然のように可動域も狭く、馬に全く活気が感じられない点も大きく割り引く必要があるだろう。一応最後は脚は使えているが、お世辞にも加速したとは言えず、好調時の動きと比較するとかなり物足りなさが残る追い切りとなった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ドンカスターマイル、ニュージーランドトロフィーの予想はnoteで公開しています(まずはニュージーランドトロフィーの予想から公開しています。ドンカスターマイルの予想は土曜の午前中には追記出来るかと思います)

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

万馬券的中をお伝えしたチューリップ賞では、2歳女王ダノンファンタジーがしっかりと4連勝を飾り、桜花賞の主役候補として堂々と参戦。馬の勢いも然ることながら、鞍上の川田将雅騎手は3月24日の開催終了時点で全国リーディング首位を快走中。管理する中内田充正厩舎も今年の連対率は40%を超えているが、実は川田騎手と中内田調教師は幼馴染の間柄であり、まさに”飛ぶ鳥を落とす勢い”の名コンビである点も注目と言える。

しかし、チューリップ賞はあくまで前哨戦に過ぎず、現時点でダノンファンタジー“1強”と断定するのは早計だ。実際に、去年のラッキーライラック、一昨年のソウルスターリングと、2年続けてチューリップ賞を制した2歳女王が敗れている事実もある。去年はシンザン記念から直行で臨み勝利したアーモンドアイから情報通りに的中をお伝えしているが、陣営から「“1強”ってウチのことですよね」との話を聞いていた通り、破格のパフォーマンスを見せ、その後の活躍はご存知の通り。『外厩制度』の充実により、過去の常識やデータを覆すローテーションで結果を出す馬が増えており、それらを的確にジャッジをするための”情報力”は、ますます重要になっていく。

今年も、デビュー戦でダノンファンタジーに土をつけたグランアレグリアが朝日杯FSから直行。その他にも、フィリアプーラがフェアリーSから、クロノジェネシスとビーチサンバがクイーンCからと、有力馬が3月に行われた主要トライアル以外から参戦してくる。つまり、ここまで未対戦である馬が増え、以前よりも正確な力関係の把握が難しくなっているのだ。

そんな桜花賞を攻略するには、確かな情報力と分析力が必要となるのは言うまでもない。当社シンクタンクは、桜花賞で近10年中8勝という圧倒的な実績を誇り、今年もチューリップ賞、アネモネS、クイーンC、フラワーCなどの前哨戦で3連単までキッチリ的中をお届けしている。当然、本番の桜花賞でも結果を出すための態勢は整っている。

GIともなれば、新聞やネットなど、あらゆる媒体から情報は流れてくることになるが、それらをすべて鵜呑みにしていては、最終的な結論が出ないだけではなく、どんどん的中から遠ざかっていくことになる。当社シンクタンクは、一人でも多くの競馬ファンの方々に「本物の情報を知ってもらいたい」との思いから、抜群の実績を誇る今週の桜花賞で、万馬券を狙い撃つための【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開することを決定した。このチャンスを是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク