【桜花賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定しているクロノジェネシス、グランアレグリア、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジー、ノーワン、プールヴィルの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

今年に入って約3ヵ月毎週好走馬を出していた追い切り注目馬がここに来てまさかの2週連続好走なし。今週はどのレースも良さそうな馬がいますので、3戦3勝で一気に捲りたいと思います。

その他週末の重賞の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【桜花賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

【桜花賞2019予想オッズ】穴馬 一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

桜花賞最終追い切り

クロノジェネシス

頭が高く、道中は内面をセーブ出来ない場面が見られたが、致命的という程の動きではない。ただ、頸の可動域が狭く、胸も多少広く感じてしまう走りだった事は割り引いて考えたい。それでも抜群の手応えで調教パートナーを抜き去り、最後まで減速する事なく走り切れた点は評価しなければならないか。先週よりは身体を大きく使えている点にも好感が持て、スイッチが入り切った事でエンジンのかかりも早くなった事もプラスとなる。過去の動き、馬体の比較では大きく変化した様子は感じられないが、一応走れる態勢は整ったと思っていいだろう。

グランアレグリア

先週調教パートナーと馬体を併せて負荷をかけていたので、今週は先行する形で最後だけ軽く流すような追い切り。フォームは安定しており、相変わらず身体の使い方も上手い。馬体の張りも先週同様に抜群で、トモの付け根からしっかりと脚を出して地面を蹴れている点は高く評価しなければならない。飛節も良く伸びており、本当に牡馬のような走りではあるが、その分牝馬らしい素軽さには大きく欠けるような走りと言えるだけに、ここがレースにどこまで影響するか。

シェーングランツ

頭が高くやや外に刺さりながら走っている。リズムが悪いと言うよりも乗り役と呼吸が合っておらず、途中頭を上げてしまう場面もみられた。調教パートナーに馬体を併せて負荷をかけたかったのかもしれないが、内面を上手くコントロール出来ていない点は割り引いて考える必要があるだろう。ラストの反応は先週よりも良くなったが、相変わらず馬体に硬さは残っているので、今回の動きからは高い評価を与える事は出来ない。

シゲルピンクダイヤ

今週も癖が強めの走りだったが、先週よりもリズムなどは安定しており、脚を出すタイミングも安定していた。もう少し負荷をかけて欲しかったというのが本音ではあるが、それでもしっかりとスピードに乗るとそのまま最後まで脚色を保ちながら走り切った点は評価出来るポイントか。案外エンジンがかかるまでの時間も早く、長くスピードを持続させる事が出来るダイワメジャー産駒らしいタイプなだけに、持ち味をフルに活かす競馬が出来ればそれなりにやれる馬かもしれない。ただ、馬体には全く余裕が感じられない。

ダノンファンタジー

芝で追われているので評価が非常に難しい1頭ではあるが、全体的な動きに関しては特に問題はない。ただ、脚もとがどうもすっきりしない点、脚捌きが鈍い点は少し引っかかってしまうポイントで、馬場が重かった事を考えてもちょっと違和感を感じてしまった。地面を蹴る力、身体の使い方は全く問題ないが、素軽さを感じられないのが悪い方に転ばなければいいのだが…。故障しない事を祈る。

ノーワン

フォームは非常に美しく、脚を出すタイミングも抜群。いくらか可動域が狭く感じるも、身体に硬さはなく、しっかりと馬体全体を使って走れているので、これは馬の特徴として捉えておきたい。脚もしっかりと上げて走れており、最後まで負荷をかけられた事も評価出来るポイントと言えるだろう。調教パートナーをあっさりと交わすような追い切りではなかったが、案外相手もしぶとかったので、着差に関してはあまり気にする必要はないのでは。完成はまだ先になると思うが、現時点でやれるだけの事はやったという動き。

プールヴィル

これは一週前の動きと比較すると随分良くなった。多少頭は高いが、頸の可動域は狭く感じない。脚も流れておらず、前脚も良く前へ出せている。スピードに乗るとそのまま最後まで止まらず、真っ直ぐ力強く駆け抜けた辺りが今の状態面を物語っているだろう。ただ、動きが少しこじんまりとしている点だけは割り引いておく。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ピンパーかもしれないが、この動きであれば大駆けがあっても驚けない。

ドンカスターマイル、ニュージーランドトロフィーの予想はnoteで公開しています(まずはニュージーランドトロフィーの予想から公開しています。ドンカスターマイルの予想は土曜の午前中には追記出来るかと思います)

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

万馬券的中をお伝えしたチューリップ賞では、2歳女王ダノンファンタジーがしっかりと4連勝を飾り、桜花賞の主役候補として堂々と参戦。馬の勢いも然ることながら、鞍上の川田将雅騎手は3月24日の開催終了時点で全国リーディング首位を快走中。管理する中内田充正厩舎も今年の連対率は40%を超えているが、実は川田騎手と中内田調教師は幼馴染の間柄であり、まさに”飛ぶ鳥を落とす勢い”の名コンビである点も注目と言える。

しかし、チューリップ賞はあくまで前哨戦に過ぎず、現時点でダノンファンタジー“1強”と断定するのは早計だ。実際に、去年のラッキーライラック、一昨年のソウルスターリングと、2年続けてチューリップ賞を制した2歳女王が敗れている事実もある。去年はシンザン記念から直行で臨み勝利したアーモンドアイから情報通りに的中をお伝えしているが、陣営から「“1強”ってウチのことですよね」との話を聞いていた通り、破格のパフォーマンスを見せ、その後の活躍はご存知の通り。『外厩制度』の充実により、過去の常識やデータを覆すローテーションで結果を出す馬が増えており、それらを的確にジャッジをするための”情報力”は、ますます重要になっていく。

今年も、デビュー戦でダノンファンタジーに土をつけたグランアレグリアが朝日杯FSから直行。その他にも、フィリアプーラがフェアリーSから、クロノジェネシスとビーチサンバがクイーンCからと、有力馬が3月に行われた主要トライアル以外から参戦してくる。つまり、ここまで未対戦である馬が増え、以前よりも正確な力関係の把握が難しくなっているのだ。

そんな桜花賞を攻略するには、確かな情報力と分析力が必要となるのは言うまでもない。当社シンクタンクは、桜花賞で近10年中8勝という圧倒的な実績を誇り、今年もチューリップ賞、アネモネS、クイーンC、フラワーCなどの前哨戦で3連単までキッチリ的中をお届けしている。当然、本番の桜花賞でも結果を出すための態勢は整っている。

GIともなれば、新聞やネットなど、あらゆる媒体から情報は流れてくることになるが、それらをすべて鵜呑みにしていては、最終的な結論が出ないだけではなく、どんどん的中から遠ざかっていくことになる。当社シンクタンクは、一人でも多くの競馬ファンの方々に「本物の情報を知ってもらいたい」との思いから、抜群の実績を誇る今週の桜花賞で、万馬券を狙い撃つための【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開することを決定した。このチャンスを是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク